つみプラファクトリー

ガンプラを中心に購入、製作した模型とフィギュアの紹介をしています。

スポンサーリンク

HGIBO グレイズ 製作編その5

スポンサーリンク

今回は後回しになっていた各武装を製作していきます。

ライフルは塗装途中の写真撮り忘れていたのでいきなり塗装終了後の物になります。

f:id:Capybara-tf:20190917183026j:plain本体はガイアカラーメカサフスーパーへヴィー、両サイドのグリップガードはガイアカラーメカサフライトで塗装しました。乾燥後にタミヤカラースミ入れ塗料ブラウンでスミ入れをしています。

f:id:Capybara-tf:20190917182815j:plainショートライフルの銃口はふさがっているのでピンバイスを使って開口。

f:id:Capybara-tf:20190917183443j:plainライフルの先端には使用済みホイルシールの余白を切り出して貼り付けてます。

f:id:Capybara-tf:20190917183610j:plainバトルアックスは全体をガイアカラーメカサフスーパーへヴィで塗装。その後、マスキングして刃先をGSIクレオスシルバーで塗装しています。

f:id:Capybara-tf:20190917183851j:plain全パーツの製作完了。これで流星号(グレイズ改弐)は完成です。

 

引き続き残り3体のグレイズの製作。

まずはアリアンロッド機・シルトの外装パーツの塗装をしていきます。

f:id:Capybara-tf:20190917184200j:plainダークグレーのパーツの塗装。ガイアカラーサーフェイサーエヴォを吹き付けました。

この後、余っていた缶スプレーGSIクレオスジャーマングレイで塗装をしようと思っていたのですが、足首1個だけ塗った所で無くなってしまいました・・・。

手持ちの塗料では濃いグレーが無く、一旦塗装を落とし塗り直すかどうするか悩んだ結果メカサフスーパーへヴィで塗る事にしました。隠蔽力高く塗装を落とす必要もないですし(塗膜が厚くなってしまいますが)、そのまま塗料としても使えるサフなのでこれを使う事にしました。

f:id:Capybara-tf:20190917185922j:plainメカサフスーパーへヴィーの吹き付け完了。ダークグレーのパーツはこのままでいきます。

今回の作業はここまでになります。

次回はグリーンの外装パーツを塗装していきたいと思います。

www.tsumipla-factory.com

www.tsumipla-factory.com

www.tsumipla-factory.com

www.tsumipla-factory.com

最後までご覧頂きありがとうございました。

以上HGIBOグレイズ製作編その5でした。

スポンサーリンク