つみプラファクトリー

ガンプラを中心に購入、製作した模型とフィギュアの紹介をしています。

スポンサーリンク

HGIBO グレイズ 製作編その1

スポンサーリンク

前回のR・ギャギャの製作から間が空いてしまいました。ツールクリーナーを切らしてしまいサフ吹き、塗装できなかったのでその間積みプラの解消作業をしていました。次に製作するのはこちらです。

f:id:Capybara-tf:20190822183756j:plain一部パーツ取り外していますが流星号、グレイズリッター同時に製作していきます。後、写真には写ってませんが追加で2体のグレイズも同時に製作する予定です。

 

まずは合わせ目消しをしていきます。グレイズは合わせ目箇所殆どありませんが数か所ですので処理していきます。

f:id:Capybara-tf:20190822184619j:plain流星号は肩アーマーに合わせ目出るので接着後にグレーのパーツ取り付け出来るように後ハメ加工をしていきます。少しの加工で簡単に後ハメすることが可能です。上記写真は加工前のパーツになります。

f:id:Capybara-tf:20190822184902j:plainグレーのパーツのピン部分を切り落とします(左加工後、右加工前)。

f:id:Capybara-tf:20190822185054j:plain肩アーマーはスライドして後に取り付けが出来るように胴体側下部の出っ張り部分を切り落とします(左加工前、右加工後)。

f:id:Capybara-tf:20190822185301j:plain横から見た画像です。切れ込みをいれて差し込めるようにしています。接着する前に取り付け出来るか確認し問題なければ接着していきます。

f:id:Capybara-tf:20190822185518j:plainタミヤセメントで接着。

f:id:Capybara-tf:20190822185613j:plainすねのパーツも接着。乾燥後にふくらはぎ部分のパーツを切り離します。

f:id:Capybara-tf:20190822185718j:plainリッターのパーツと各武器も接着しておきます。

中途半端ですが今日の作業はここまでです。次は乾燥後に各パーツのヤスリ掛けをしていきます。

最後までご覧頂きありがとうございました。

以上HGIBOグレイズ製作編その1でした。

スポンサーリンク