つみプラファクトリー

ガンプラを中心に購入、製作した模型とフィギュアの紹介をしています。

スポンサーリンク

HGIBO グレイズ 製作編その2

スポンサーリンク

前回から間が空きましたが、HGIBOグレイズを製作していきます。

各フレームの塗装位は終わらせたかったのですが、この一週間雨模様の天気が続き塗装が全く出来ませんでした。

f:id:Capybara-tf:20190831184356j:plain4体分の外装外し塗装できる準備は出来てるのですがお預けになっています。天気が良くなったら順次塗装していきたいと思います。

 

塗装できないのでそれ以外の作業を進めておきます。

前回合わせ目消しの為接着した脚のすね・ふくらはぎパーツの後ハメ加工。 HGグレイズでは簡単に出来る定番の工作になっています。

f:id:Capybara-tf:20190831170900j:plain接着箇所が完全に固まった後ふくらはぎ部分のパーツを写真の様に切り離します。

f:id:Capybara-tf:20190831185134j:plainこれで合わせ目消しの為に接着した後も写真の様にフレームに取り付ける事が出来るようになります。初めからこういうパーツ構成なら楽なのにと思ったり思わなかったり。

f:id:Capybara-tf:20190831185527j:plain残りのリッター、シルト、アリアンロッド機のパーツも切り離しておきます。

f:id:Capybara-tf:20190831185648j:plain切り離しにはタミヤカッターのこを使っています。

f:id:Capybara-tf:20190831185837j:plain切り離した脚パーツと流星号の肩アーマーのヤスリ掛けしました。合わせ目消し終了です。後はちゃんと消えているかどうかサフ吹いて確認します。

f:id:Capybara-tf:20190831190150j:plain後、前腕の手首周りのパーツは外れやすいので接着しておきます。このパーツはシルトやアリアンロッド機ではシールドの保持を兼ねています。接着しておいた方がぽろぽろ外れるストレスから軽減されるかと思います。

 

余り進んでいませんが、今回の作業はここまでです。

来週は天気少しは良くなりそうなので、順次塗装ができれば良いなと思います。 

www.tsumipla-factory.com

最後までご覧頂きありがとうございました。

以上HGIBOグレイズ製作編その2でした。

 

スポンサーリンク