つみプラファクトリー

ガンプラを中心に購入、製作した模型とフィギュアの紹介をしています。

スポンサーリンク

HG ダハック 製作編その1

スポンサーリンク

HGRGダハックを作って行きたいと思います。

肩周りが殆ど動かないので可動域拡大も考えたのですが、関節の作り直し等でかなり時間が掛かりそうです。その為、今回は可動域拡大はせずに合わせ目消しを行い塗装していきたいと思います。プロポーションも個人的にはそのままでもカッコイイと思うのでそのままで行きます。

f:id:Capybara-tf:20191214184911j:plain

ダハックには赤丸の箇所に合わせ目があります。全ての箇所で合わせ目消すにはあ加工をしていく必要があります。今回は合わせ目消しの為の後ハメ加工をしていきます。背面のビーム砲の合わせ目は後ハメ加工が難しいのでそのままにすることにします。

詳しい合わせ目箇所は素組みレビューを見て頂ければと思います。 

www.tsumipla-factory.com

f:id:Capybara-tf:20191214185530j:plain

まずは脚後ろ側にあるフィン状のスラスタ―(灰色のパーツになります)

f:id:Capybara-tf:20191214185742j:plain

下側にある接続ピン(赤丸部分)を約半分カットします。この部分はこれだけでOKです。

f:id:Capybara-tf:20191214185917j:plain

続いて足側面の黄色い丸状のパーツ。

f:id:Capybara-tf:20191214190019j:plain
赤線の部分でカットします。これで脚パーツの加工は終了です。

f:id:Capybara-tf:20191214190154j:plain

足首の関節パーツも後ハメ加工するか考えたのですが、この部分は加工せずそのままにして最後にエナメル塗料で塗装する事にします。

f:id:Capybara-tf:20191214190343j:plain

次は肩アーマー。

f:id:Capybara-tf:20191214190431j:plain

赤丸の部分の接続ピンをカットします。

f:id:Capybara-tf:20191214190508j:plain

肩アーマー全面に出る部分は後から差し込めるように根元からカットしておきます。

f:id:Capybara-tf:20191214190741j:plain

切り取り終了。この後、切断面はデザインナイフやヤスリで整えておきます。

f:id:Capybara-tf:20191214190921j:plain

これで肩アーマー全面パーツも後から取り付ける事が出来るようになりました。

f:id:Capybara-tf:20191214191123j:plain

最後は太ももパーツ。赤丸の接続ピンをカットし太ももパーツを被せられるようにします。

f:id:Capybara-tf:20191214191214j:plain

切り取り終了しました。接続ピンを切り取っただけでは所々引っかかって上手くハマりません。その為、少しずつデザインナイフやヤスリで削りながら上手くハマるまで調節していきます。

短いですが今回の作業はここまでです。

次回は各パーツの接着、表面処理を行っていきたいと思います。

最後までご覧頂きありがとうございました。

以上HGRGダハック製作編その1でした。

スポンサーリンク