つみプラファクトリー

ガンプラを中心に購入、製作した模型の紹介をしています。

スポンサーリンク

HGUC ドーベンウルフ 素組みレビュー

スポンサーリンク

f:id:Capybara-tf:20191215184448j:plain

HGUC-173 AMX-014ドーベンウルフ 2,200円(税別) 2014年2月発売

機動戦士ガンダムZZに登場するMS。ハマーン・カーンに反旗を翻したグレミー・トトが投入した第4世代MS。ガンダムMk-Ⅴを原型にサイコガンダムMk-Ⅱの技術も導入されており、ニュータイプ以外のパイロットでも操縦が可能となっている。戦況からニュータイプ用の機体が求められた事もあり、ザクⅢではなくドーベンウルフが量産されることとなった。主なパイロットはラカン・ダカラン。

 

f:id:Capybara-tf:20191215185708j:plain

f:id:Capybara-tf:20191215185725j:plain

成型色はグリーンとグレーで構成されています。直線を基調にした角ばったデザインが特徴的です。

正面から一周

f:id:Capybara-tf:20191215190055j:plain

f:id:Capybara-tf:20191215190111j:plain

モノアイ、胸・リアアーマーのマーク、両胸・両肩アーマー・股間部・ふくらはぎ・バックパック下部先端・バックパック中央のスラスター、脚側面・アンクルアーマーの赤ラインは付属シールでの塗り分けになります。それ以外の箇所の各バーニア・スラスターや胸部メガ粒子砲は塗装が必要になります。

付属品

f:id:Capybara-tf:20191215191008j:plain

メガランチャー、ビームサーベルx2、平手x2、隠し腕x2、ビームハンド用パーツx4、対艦ミサイルx2、リード線x2、ビームハンド用スタンドx2。

f:id:Capybara-tf:20191215202358j:plain

ホイルシール1枚。

可動範囲

f:id:Capybara-tf:20191215202434j:plain

肘は90度曲り、横へは水平にまで上がります。

f:id:Capybara-tf:20191215202533j:plain

肩アーマーのパーツはそれぞれ可動します。

f:id:Capybara-tf:20191215202605j:plain

頭部は上左右に動きます。頭部アンテナは肩部ビームキャノンやパイロンに干渉するので動かす際には破損に注意です。

f:id:Capybara-tf:20191215202727j:plain

腰は360度回転します。前後左右には動きません。

f:id:Capybara-tf:20191215202755j:plain

膝は90度曲ります。

f:id:Capybara-tf:20191215202919j:plain

太ももの上部で内外側に向ける事が出来ます。横へは右写真位にまで広がります。

f:id:Capybara-tf:20191215202825j:plain

足首、つま先は上下に可動します。

f:id:Capybara-tf:20191215202855j:plain

足首は左右にも動きます。

f:id:Capybara-tf:20191215203012j:plain

ふくらはぎのスラスタ―カバーは上下に動きます。

f:id:Capybara-tf:20191215203049j:plain

バックパックは赤丸の2ヶ所で可動し、前方に向ける事が出来ます。

f:id:Capybara-tf:20191215203151j:plain

バックパックの各箇所はそれぞれ可動します。

f:id:Capybara-tf:20191215203947j:plain

バックパック上部の専用パイロンには対艦ミサイルを取り付ける事が出来ます。

f:id:Capybara-tf:20191215203242j:plain

前腕を取り外し関節パーツを取り外します。

f:id:Capybara-tf:20191215203324j:plain

ビームハンド用のパーツに取り換え。

f:id:Capybara-tf:20191215203423j:plain

リード線を取り付ければ有線式ビームハンドを再現できます。

f:id:Capybara-tf:20191215203533j:plain

隠し腕を取り付ければ無線誘導式の指揮官機を再現できます。隠し腕にはビームサーベルを持たせることも出来ます。

f:id:Capybara-tf:20191215203728j:plain

メガランチャーは伸縮し赤丸の箇所で可動します。

f:id:Capybara-tf:20191215203819j:plain

メガランチャーは胸部メガ粒子砲に取り付ける事が出来ます。

合わせ目箇所

f:id:Capybara-tf:20191215204057j:plain

前腕の前後縦に合わせ目があります。

f:id:Capybara-tf:20191215204130j:plain

太ももの側面、頭部側面の一部に合わせ目があります。

f:id:Capybara-tf:20191215204214j:plain

胴体の上面、肩のスラスタ―に合わせ目があります。

f:id:Capybara-tf:20191215204249j:plain

バックパックの上部や前面に合わせ目が出ます。

f:id:Capybara-tf:20191215205006j:plain

メガランチャーの中央に合わせ目が出ます。

大きさ比較

f:id:Capybara-tf:20191215205422j:plain

ドーベンウルフの設定全高は25.9m。RGガンダムと比べると倍以上の大きさです。

ポージング

f:id:Capybara-tf:20191215205639j:plain

f:id:Capybara-tf:20191215205654j:plain

f:id:Capybara-tf:20191215205708j:plain

f:id:Capybara-tf:20191215205721j:plain

f:id:Capybara-tf:20191215205738j:plain

まとめ

シールでの塗り分けが多いですが、細かい所は補いきれておらず設定どおりの色分けを再現するには塗装が必要です。プロポーションは良いので素組みでも十分カッコイイですが部分塗装してやれば更に良く仕上がると思います。可動範囲も広く細かい箇所の色分けを除けば文句の無い出来になっています。

最後までご覧頂きありがとうございました。

以上HGUCドーベンウルフ素組みレビューでした。

スポンサーリンク