つみプラファクトリー

ガンプラを中心に購入、製作した模型とフィギュアの紹介をしています。

スポンサーリンク

HGIBO 獅電改(流星号) 素組みレビュー

スポンサーリンク

f:id:Capybara-tf:20191113182411j:plain

プレミアムバンダイ限定 HGIBOイオフレーム獅電改(流星号) 1,200円(税別) 2016年12月発売

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズに登場するMS。獅電をシノ専用機として改修した機体。両肩に増設されたスラスタ―以外に旧流星号からコクピットシート等を移設し阿頼耶識システムが使用できるようになっています。パイロットはノルバ・シノ。

 

f:id:Capybara-tf:20191113183439j:plain

一般販売されているHGIBO獅電のバリエーションキットになります。成型色はシノ専用カラーのピンクになっています。

正面から一周

f:id:Capybara-tf:20191113183638j:plain

f:id:Capybara-tf:20191113183651j:plain

頭部センサー、頭部のマーキングは付属シールでの塗り分けになります。それ以外の箇所は成型色で再現されています。塗装必要な箇所はモールドのスミ入れ位になります。

付属品

f:id:Capybara-tf:20191113184005j:plain

ライフル、パルチザン。獅電に付属したライオットシールドは付属しません。

f:id:Capybara-tf:20191113184125j:plain

ホイルシール1枚。

f:id:Capybara-tf:20191113184150j:plain

HGIBO紫電の取扱説明書と獅電改用の追加の取扱説明書。

可動範囲

f:id:Capybara-tf:20191113184311j:plain

肘は90度以上曲がり、横へは水平にまで上がります。

f:id:Capybara-tf:20191113184358j:plain

f:id:Capybara-tf:20191113184412j:plain

頭部は上下左右に動きます。

それ以外の箇所はHGIBO獅電と変わりないので詳しくはこちらをご覧ください。
www.tsumipla-factory.com

 

合わせ目箇所

f:id:Capybara-tf:20191113184614j:plain

すね、ふくらはぎに合わせ目があります。

f:id:Capybara-tf:20191113184643j:plain

前腕の裏側、頭部の上面から側面に合わせ目が出ます。

f:id:Capybara-tf:20191113184720j:plain

胴体の上面から側面に合わせ目があります。

f:id:Capybara-tf:20191113184746j:plain

バックパックに合わせ目がありますが、モールドとして処理しても良いかと思います。

HGIBO獅電との比較

f:id:Capybara-tf:20191113184908j:plain

f:id:Capybara-tf:20191113184917j:plain

f:id:Capybara-tf:20191113184935j:plain

両肩にスラスターが追加されています。

f:id:Capybara-tf:20191113185002j:plain

後頭部にアンテナが追加されています。

大きさ比較

f:id:Capybara-tf:20191113185038j:plain

獅電改(流星号)の設定全高は19.7m。RGガンダムのほぼ同じ大きさです。

ポージング

f:id:Capybara-tf:20191113185611j:plain

f:id:Capybara-tf:20191113185623j:plain

f:id:Capybara-tf:20191113185634j:plain

f:id:Capybara-tf:20191113185647j:plain

f:id:Capybara-tf:20191113185659j:plain

まとめ

HGIBO獅電と同様に可動範囲、色分け共に良く良く出来ています。合わせ目の出る箇所多々ありますが余り目立たないので素組みでも十分な出来になっています(ガンダムマーカー等でスミ入れするだけで更に良くなると思います)。ライオットシールドが付いてこない点は残念ですが、特に欠点の無い良いキットになっています。

プレミアム バンダイ

最後までご覧頂きありがとうございました。

以上HGIBO獅電改(流星号)素組みレビューでした。

スポンサーリンク