つみプラファクトリー

ガンプラを中心に購入、製作した模型とフィギュアの紹介をしています。

スポンサーリンク

BB戦士242 Gガンダム 素組みレビュー

スポンサーリンク

f:id:Capybara-tf:20200206015215j:plain

BB戦士242 Gガンダム 600円(税別) 2002年12月発売

ゴッドガンダムではなくGガンダム表記での発売。GガンダムはBB戦士138として発売されていましたが、GジェネレーションNEOシリーズとして新たに発売されました。旧Gガンダムと比べ頭身が大きくなり、可動箇所も増えています。

 

f:id:Capybara-tf:20200206020003j:plain

f:id:Capybara-tf:20200206020017j:plain

SDキットですがパーツ分けも良く細かく色分けが再現されています。

一部パーツ差し替えでハイパーモードへの変形が可能になっています。

正面から一周

f:id:Capybara-tf:20200206020104j:plain

f:id:Capybara-tf:20200206020127j:plain

ツインアイ、頭部センサー、両肩・アンクルアーマー黒ライン、フロントアーマーは付属シールによる塗り分けです。頭部バルカンの黄、両肩グレー、マシンキャノンの白・黄、リアアーマーの青、コアランダーのバーニアは塗装が必要になります。

付属品

f:id:Capybara-tf:20200206025759j:plain

手首一体型ビームソード、右手首、ハイパーモード用胸パーツ。

ビームソードは塗装が必要です。付属する手首はクリアーパーツ製の物しかなく、グレーの手首にするには塗装するか、MGGガンダムシリーズの手首を流用するかになります。

f:id:Capybara-tf:20200206030048j:plain

使用済みですがホイルシール1枚。

可動範囲

f:id:Capybara-tf:20200206030127j:plain

腕は横へは殆ど上がりません。

f:id:Capybara-tf:20200206030449j:plain

肘は90度曲ります。肘関節にロール軸があり回転させることが出来ます。

f:id:Capybara-tf:20200206030801j:plain

肩関節は前方に大きく引き出すことが出来ます。

f:id:Capybara-tf:20200206030549j:plain

肩アーマーは前後に動きます。

f:id:Capybara-tf:20200206030627j:plain

前腕側面の爪は開閉します。

f:id:Capybara-tf:20200206030706j:plain

頭部は上下には殆ど動きません。横へは約45度回転します。

f:id:Capybara-tf:20200206030849j:plain

腰は少しですが回転します。前後左右への動きはありません。

f:id:Capybara-tf:20200206030941j:plain

脚はサードアーマーに取り付ける形になっています(左写真)。前後へは右写真位にまで動きます。

f:id:Capybara-tf:20200206031052j:plain

内外側へは左写真位にまで向ける事が出来ます。横へは右写真位にまで広がります。

f:id:Capybara-tf:20200206031154j:plain

足首は前後だけでなく左右にも動きます。

f:id:Capybara-tf:20200206031233j:plain

背部のエネルギーフィールド発生装置はそれぞれ上下に動きます。

f:id:Capybara-tf:20200206031355j:plain

コアランダーは取り外し可能です。

合わせ目箇所

f:id:Capybara-tf:20200206031508j:plain

頭部、肩アーマー、コアランダーの一部に合わせ目があります。

f:id:Capybara-tf:20200206031547j:plain

脚と上腕に合わせ目があります。

ハイパーモード

f:id:Capybara-tf:20200206031626j:plain

エネルギーフィールド発生装置と前腕の爪を展開し、胸のマルチプライヤーを交換すればハイパーモードになります。

f:id:Capybara-tf:20200206031926j:plain

f:id:Capybara-tf:20200206031938j:plain

f:id:Capybara-tf:20200206031955j:plain

f:id:Capybara-tf:20200206032011j:plain

シャイニングガンダムと違いノーマルモードとの違いは余りありません。

f:id:Capybara-tf:20200206032209j:plain

ハイパーモード時の胸パーツは顎の部分と干渉してしまいます。その為、正面から横に向ける時は頭部か胸パーツを外さなければなりません。

ポージング

f:id:Capybara-tf:20200206032446j:plain

f:id:Capybara-tf:20200206032501j:plain

f:id:Capybara-tf:20200206032516j:plain

f:id:Capybara-tf:20200206032528j:plain

f:id:Capybara-tf:20200206032543j:plain

まとめ

SDながら色分けは良く付属のシールを使用すれば素組みでも十分なできです。頭身が高くなったことで可動範囲も広くなっており良く動きます。2002年発売の古いキットですが、カッコイイSD体型のGガンダムになっています。

気になったのは、シャイニングガンダムと同様にクリアーパーツ製の手首しか付属しない点でしょうか。MGの物が使用できるとはいえ、グレーの手首も付属して欲しかったです。

最後までご覧頂きありがとうございました。

以上BB戦士242Gガンダム素組みレビューでした。

スポンサーリンク