つみプラファクトリー

ガンプラを中心に購入、製作した模型とフィギュアの紹介をしています。

スポンサーリンク

MG グフ 素組みレビュー

スポンサーリンク

f:id:Capybara-tf:20200110182554j:plain

MG MS-07Bグフ 2,800円(税別) 2000年10月発売

機動戦士ガンダムに登場するMS。06Jタイプに次ぐ陸戦用MSとして開発された。重力下での機動性、対MS戦に備える格闘性能の向上を目的に、装甲の強化、冷却システムの大容量化、補助推進システムの搭載が行われている。主なパイロットはランバ・ラル。

 

f:id:Capybara-tf:20200110182659j:plain

f:id:Capybara-tf:20200110182719j:plain

劇中よりも細身でカッコイイスタイルでデザインされています。グフカスタムの発売が前提にあったのだと思いますが、ランバ・ラルのグフよりグフカスタムのスタイルに近いです。

正面から一周

f:id:Capybara-tf:20200110183722j:plain

f:id:Capybara-tf:20200110183737j:plain

モノアイは付属シールでの塗り分け。それ以外の箇所は成型色で再現されており、塗装が必要な箇所はありません。

付属品

f:id:Capybara-tf:20200110183953j:plain

1/20クラウレ・ハモンフィギュア、ヒートロッド、ヒートサーベル、1/100ランバ・ラルフィギュア、手首パーツ、シールド。

ヒートロッドはプラパイプ、メッシュパイプ、リード線で構成されており自在に動かすことが出来ます。

f:id:Capybara-tf:20200110184446j:plain

未開封で見難いですがマーキングシール、ドライデカール各1枚。

可動範囲

f:id:Capybara-tf:20200110184558j:plain

腕は上腕のロール軸で回転し、肘は90度曲ります。横へは水平にまで上がります。

f:id:Capybara-tf:20200110184639j:plain

頭部は上下には少し動く程度で殆ど動きません。横へは真横にまで向ける事が出来ます。

f:id:Capybara-tf:20200110184729j:plain

腰は少し回転する程度です。左右へは動きません。

f:id:Capybara-tf:20200110184804j:plain

腰は少しだけですが前後にも動きます。

f:id:Capybara-tf:20200110184848j:plain

フロントアーマーが可動しない為太ももは殆ど上がりません。膝は90度曲ります。

f:id:Capybara-tf:20200110184959j:plain

股関節はボールジョイント接続。内外側へは左写真位にまで動きます。横へは右写真位にまで広がります。

f:id:Capybara-tf:20200110185047j:plain

足首は上下に可動します。

f:id:Capybara-tf:20200110185118j:plain

大きくは動きませんが足首は左右にも可動します。

f:id:Capybara-tf:20200110185206j:plain

コクピットハッチは開閉可能です。

f:id:Capybara-tf:20200110185232j:plain

手首は指を取り替える事で握り手や平手にすることが出来ます。

f:id:Capybara-tf:20200110185353j:plain

5連装75mm機関砲は付け根部分で可動します。

f:id:Capybara-tf:20200110185536j:plain

ヒートサーベルの刃の部分は取り外し可能です。

f:id:Capybara-tf:20200110185608j:plain

ヒートサーベルの柄はシールド裏に収納できます。

合わせ目箇所

f:id:Capybara-tf:20200110185655j:plain

スパイクアーマーと頭部の一部の合わせ目があります。

大きさ比較

f:id:Capybara-tf:20200110185737j:plain

グフの設定全高は18.2m。MGシャア専用ザクⅡVer2.0.より少しだけ大きいです。

ポージング

f:id:Capybara-tf:20200110185928j:plain

f:id:Capybara-tf:20200110185947j:plain

f:id:Capybara-tf:20200110190004j:plain

f:id:Capybara-tf:20200110190031j:plain

f:id:Capybara-tf:20200110190054j:plain

まとめ

プロポーションはMG用にスリムな感じにリファインされていますが、カッコ良く仕上がっています。個人的にはかなり好きな形です。合わせ目箇所も殆どなく、色分けも成型色で再現されており素組みでも十分な出来になっています。ヒートロッドも作るのに手間が掛かりますが、自在に動き良く出来ています。

マイナス点は可動範囲の狭さになります。MGですが余り動かない箇所が多いです。シールドの取り付け部はフラフラしますし、特に股関節周りは殆ど動かず、関節の緩さも気になりました。素立ちで飾って置く分には十分カッコイイので、可動範囲を気にせず、このプロポーションが好みの方にはお勧めです。

最後までご覧頂きありがとうございました。

以上MGグフ素組みレビューでした。

スポンサーリンク