つみプラファクトリー

ガンプラを中心に購入、製作した模型とフィギュアの紹介をしています。

スポンサーリンク

HG ジム・インターセプトカスタム 素組みレビュー

スポンサーリンク

f:id:Capybara-tf:20190705202413j:plain

HG GUNDAM THE ORIGIN-023 RGM-79KCジム・インターセプトカスタム 1,800円(税別) 2018年11月発売

機動戦士ガンダムTHR ORIGIN MDSのMS。RGM-79SCジム・スナイパーカスタムをベースに中間迎撃、艦隊護衛用に開発された機体。フェロウ・ブースターを装着するために頭部、バックパック、脚部等の改良が施されています。

 

f:id:Capybara-tf:20190705203409j:plain

機体カラーは紫と白。独特な機体カラーと頭部バイザーが特徴的です。腰にビームサーベルラックがあります。

正面から一周

f:id:Capybara-tf:20190705203554j:plain

f:id:Capybara-tf:20190705203613j:plain

カメラアイはクリアーパーツを仕様。頭部センサー、股間部のV字は付属シールでの塗り分けです。頭部側面に合わせ目があります。

付属品

f:id:Capybara-tf:20190705203831j:plain

ビームスプレーガン、サーベルの刃x2。

f:id:Capybara-tf:20190705203932j:plain

ホイルシールだけでなく、マーキングシールも付属します。

可動範囲

f:id:Capybara-tf:20190705204032j:plain

肘は180度曲り、上腕に回転軸があり回転します。横には水平にまで上がります。

f:id:Capybara-tf:20190705204200j:plain

肩関節は前方に引き出し可能。脚はサイドアーマーが干渉しますが水平近くにまで上がります。

f:id:Capybara-tf:20190705204339j:plain

膝は180度まがり、太ももは90度上がります。リアアーマーが稼働しない為後ろへはこれ以上曲がりません。

f:id:Capybara-tf:20190705204624j:plain

腰は引き出す形になっており前方には90度近く曲がります。横へはビームサーベルに干渉するため真横までが限界ですがビームサーベル外すと360度回転可能です。

f:id:Capybara-tf:20190705204924j:plain

f:id:Capybara-tf:20190705205137j:plain

首は上下左右稼働します。特に上には首関節引き出すことにより上記の写真位まで上げることが出来ます。また、頭部バイザーは上下に稼働します。

大きさ比較

f:id:Capybara-tf:20190705205418j:plain

1年戦争時のMSという事もありRGガンダムとほぼ同じ大きさです。

ポージング

f:id:Capybara-tf:20190705205345j:plain

f:id:Capybara-tf:20190705205507j:plain

f:id:Capybara-tf:20190705205529j:plain

まとめ 

合わせ目が出る所は頭部側面と、ビームスプレーガンのみとなっていて、パーツの合わせ目の殆どが段落ちモールドとして処理されております。色分けもほぼ完璧で、パーツ構成も良く(バリ―ション展開が前提の設計の為かもしれませんが)サクサク組み立てることが出来ます。組み立てるだけなら3~40分で完成します。HGシリーズですが各ディティール、パーツ分け、可動範囲等凄く良く出来ています。

マイナス点は値段が同じガードカスタムに比べ付属品が殆どない点でしょうか。平手くらいは付けてほしかったです。

注意点として、関節かなりキッチリとハマります。ですので、組み立て後に分解する時は破損に注意です(自分は足首取り外す時に足の甲パーツを割ってしまいました)。

 コストパフォーマンスが良いとは言えませんが、キット自体の完成度は高いです。

最後までご覧頂きありがとうございました。

以上HGジム・インターセプトカスタム素組みレビューでした。

スポンサーリンク