つみプラファクトリー

ガンプラを中心に購入、製作した模型とフィギュアの紹介をしています。

スポンサーリンク

HGUC ガザC 素組みレビュー

スポンサーリンク

f:id:Capybara-tf:20190704230901j:plain

HGUC-063 AMX-003ガザC 1,500円(税別) 2006年4月発売

機動戦士Zガンダムに登場するアクシズの量産型MS。作業用MSが元となっている為機体性能自体は低く、遠距離での集団戦での運用がメインとなっています。劇中では突然現れ一斉射撃で雨の様なビームが降り注いだシーンが印象に残ってます。

 

f:id:Capybara-tf:20190704235853j:plain

ピンクと紫のカラーリングに独特なフォルムが特徴的です。

脚部や腰回りの各ケーブルは軟質素材が使用されており可動時に干渉しないようになってます。

正面から一周

f:id:Capybara-tf:20190705000028j:plain

f:id:Capybara-tf:20190705000040j:plain

手首周りとリアアーマーの紫、ナックルバスターのイエロー部分は付属シールで塗り分けです。胸のグリーンのセンサーはクリアーパーツで内側にシルバーの付属シール貼り付けます。それ以外の箇所は成型色で塗り分けされています。頭部カメラにはLED組み込むスペースが用意されています。

付属品

f:id:Capybara-tf:20190705031422j:plain

付属品はスタンド、ビームサーベル、MA形態時の手首カバー。

合わせ目箇所

f:id:Capybara-tf:20190816231406j:plain脚は太腿からすねに掛けて前後縦に、前腕の前後縦に合わせ目が出ます。

f:id:Capybara-tf:20190816231427j:plainバックパックとナックルバスターにも縦に合わせ目が出ます。

可動範囲

f:id:Capybara-tf:20190705031634j:plain

可変MSという事もあり足は前後に良く動きます。太腿の付け根には回転軸があり回転します。横への可動は腕は水平にまで上がりますが、脚はあまり上がりません。

f:id:Capybara-tf:20190705032233j:plain

足の各クロ―はつま先付け根とも稼働します。肘は90度に曲ります。

f:id:Capybara-tf:20190705032417j:plain

ナックルバスターは接続部で上下左右に稼働。バインダー裏にはビームサーベルが収納されてます。

f:id:Capybara-tf:20190705032557j:plain

スラスターは写真の様に上下に稼働します。

f:id:Capybara-tf:20190705032949j:plain

腰は前後には稼働しますが横への回転は出来ません。

MA形態

f:id:Capybara-tf:20190705033406j:plain

 足が前方にまわりクローに。MS形態と同様に独特にプロポーションです。

MA形態各方面から

f:id:Capybara-tf:20190706201605j:plain

f:id:Capybara-tf:20190706201623j:plain

f:id:Capybara-tf:20190706201642j:plain

各部ぐらつく事もなくシッカリとMA体型をキープできます。

大きさ比較

f:id:Capybara-tf:20190706202041j:plain

頭部までならRGガンダムとほぼ同じ大きさです。

ポージング

f:id:Capybara-tf:20190706202257j:plain

まとめ

可動範囲もそれほど悪くなく、プロポーションもガザCの特徴を良く捉えていますし、各部色分けも成型色で良く再現されております。

気になった点は、合わせ目箇所が多い点とナックルバスターに繋がる軟質素材ケーブルが少し外れやすい所くらいです。

ガザCが好きな方は買って損はないかと思います。

最後までご覧頂きありがとうございました。

以上HGUCガザC素組みレビューでした。

スポンサーリンク