つみプラファクトリー

ガンプラを中心に購入、製作した模型とフィギュアの紹介をしています。

スポンサーリンク

HGUC パワードジム 素組みレビュー

スポンサーリンク

f:id:Capybara-tf:20190703202717j:plain

HGUC-067 RGM-79パワードジム 1,200円(税別) 2006年8月発売

機動戦士ガンダム0083スターダストメモリーに登場するMS。ジム改を改良した試作型MS。ガンダム開発計画の一環として作られた試作1号機(GP01)の大型バックパック、新型ショック・アブソーバーユニットの評価用に開発された機体です。

主なパイロットはディック・アレン。

 

f:id:Capybara-tf:20190703204029j:plain

パワードジムの特徴であるどっしりとした重厚なスタイルが再現されています。

 

正面から一周

f:id:Capybara-tf:20190703223124j:plain

f:id:Capybara-tf:20190703223139j:plain

頭部カメラはクリアパーツ。アンクルアーマ―後ろ側の黒、頭部センサー後部は付属シールでの塗り分け。バックパック部グレー、バーニア内赤、各モールド等は塗装が必要ですが成型色の段階で殆どの塗り分けは再現されています。

付属品

f:id:Capybara-tf:20190703223714j:plain

付属品は、ビームサーベルx2、マシンガン、ハイパー・バズーカ、シールド。

ビームサーベルは刃は2つありますが柄のパーツは1つしかありません。

 

合わせ目箇所

f:id:Capybara-tf:20190818204525j:plain脚にはアンクルアーマの前後、すねの側面に合わせ目が出ます。

f:id:Capybara-tf:20190818204534j:plain上半身では、前腕の前後、頭部の側面、胴体の上部から側面、バックパックに合わせ目が出ます。 

可動範囲

f:id:Capybara-tf:20190703224254j:plain

二重関節になっており肘は約180度、膝は90度曲がりますが、立膝ポーズをとらせるのは厳しいです。

f:id:Capybara-tf:20190703224436j:plain

腕は水平にまで上がりますが、脚ボールジョイント接続で余り上がりません。

f:id:Capybara-tf:20190703233234j:plain

腰は360度回転可能です。首は襟の部分に干渉しますが真横に向けることが出来ます。

 

大きさ比較

f:id:Capybara-tf:20190704022137j:plain

RGガンダムと比べると頭半分ほどだけ低いです。

ポージング 

f:id:Capybara-tf:20190703233117j:plain

f:id:Capybara-tf:20190703233137j:plain

まとめ 

2006年発売の古いキットですが、可動・色分け共に良く出来ています(合わせ目箇所が少し多い所はマイナスですが)。

各部モールドにガンダムマーカ―等で塗装、スミイレするだけでも見違えるかと思います。部分塗装のみという人にもお勧めです。

何より他のジムとは違った重厚なプロポーションがカッコイイです。

最後までご覧頂きありがとうございました。

以上HGUCパワードジム素組みレビューでした。

スポンサーリンク