つみプラファクトリー

ガンプラを中心に購入、製作した模型とフィギュアの紹介をしています。

スポンサーリンク

HGUC ガンダムTR-1[ハイゼンスレイ] 素組みレビュー

スポンサーリンク

f:id:Capybara-tf:20200619132009j:plain

プレムアムバンダイ限定 HGUC RX-121-3CガンダムTR-1[ハイゼンスレイ] 3,500円(税別) 2020年6月発売

ADVANCE OF Z ティターンズの旗のもとに に登場するMS。TR-6で得られたノウハウを元に強化されたTR-1の最終形態。TR-6の中核ユニットして開発された機体であるが、TR-6が破壊されたこともあり、実際に生産、運用されることはなかった。

 

f:id:Capybara-tf:20200619132324j:plain

f:id:Capybara-tf:20200619132340j:plain

キットは、HGUCヘイズル改とHGUCプリムローズの一部ランナー、新規造形パーツで構成されています。

正面から一周

f:id:Capybara-tf:20200619132719j:plain

f:id:Capybara-tf:20200619132731j:plain

ツインアイ、頭部・すね下部・両肩ビームキャノン・コンポジットシールドブースター・ビームライフル・ブーストポッドセンサー部、コンポジットシールドブースターのブレード部グレーは付属シールでの塗り分けになります。

大まかな色分は再現されていますが、細かい箇所で塗装が必要です。

  • イエロー 両肩・脚側面・バックパック・コンポジットシールドブースターのスラスタ―、バーニア内
  • レッド 両肩・頬・胸丸モールド内、コンポジットシールドブースター上部
  • グレー 胸丸モールド、リアアーマースラスター、ブーストポッド、脚部各モールド
  • ブラック 各部スラスター内、各部四角モールド内

付属品

f:id:Capybara-tf:20200619132810j:plain

コンポジットシールドブースター、ビームライフル、ライフル持ち手、コンポジットシールドブースター収納状態用パーツ、ビームサーベル刃、交換用手首x2。

f:id:Capybara-tf:20200619133228j:plain

マーキングシール、ホイルシール各1枚。

f:id:Capybara-tf:20200619133302j:plain

モノクロの取扱説明書。

f:id:Capybara-tf:20200619133328j:plain

HGUCヘイズル改用の一部パーツが余ります。

f:id:Capybara-tf:20200619133411j:plain

HGUCプリムローズ用の一部パーツが余ります。

可動範囲

f:id:Capybara-tf:20200619133458j:plain

腕は上腕のロール軸で回転し、肘は90度以上曲がります。横へは水平にまで上がります。

f:id:Capybara-tf:20200619133737j:plain

f:id:Capybara-tf:20200619133815j:plain

肩関節は前後上下に動きます。

f:id:Capybara-tf:20200619133850j:plain

腕は肘だけでなく、上腕の赤丸箇所でも曲げる事が出来ます。

f:id:Capybara-tf:20200619161603j:plain

両肩のビームキャノンは赤丸の箇所で回転します。

f:id:Capybara-tf:20200619133946j:plain

頭部は上下に動きます。

f:id:Capybara-tf:20200619134349j:plain

左右へは真横にまで向ける事が出来ます。

f:id:Capybara-tf:20200619134437j:plain

腰は約90度回転します。脇下から出ている小型のウイングが干渉する為、これ以上は動きません。

f:id:Capybara-tf:20200619134559j:plain

前後へは、ほんの僅かですが動きます。左右へ傾ける事は出来ません。

f:id:Capybara-tf:20200619134700j:plain

フロントアーマーのサブアームは上下に動きます。サブアームのフレームは固定式の為展開する事は出来ません。

f:id:Capybara-tf:20200619134829j:plain

太ももは約45度上がり、膝は90度曲ります。

f:id:Capybara-tf:20200619134947j:plain

足首は上下に動きます。かかとが外れるため上側には大きく動かすことが出来ます。

f:id:Capybara-tf:20200619135049j:plain

足首は左右にも動きます。

f:id:Capybara-tf:20200619135148j:plain

脚は太もも上部で外側に向ける出来ます。横へは水平にまで上がります。

f:id:Capybara-tf:20200619135256j:plain

 HGUCヘイズル改の股関節はボールジョイント接続でしたが、今回新たにロール軸のあるタイプの股関節に変更されており、接続軸は前後に動きます。

f:id:Capybara-tf:20200619160930j:plain

ブーストポッドは上下に動き、接続アームは伸縮します。

f:id:Capybara-tf:20200619161517j:plain

バックパックのビームサーベルは取り外し可能です。

f:id:Capybara-tf:20200619161734j:plain

コンポジットシールドブースター上部のパーツは差し替えで向きを変える事が出来ます。

f:id:Capybara-tf:20200619161818j:plain

f:id:Capybara-tf:20200619161832j:plain

コンポジットシールドブースターはブレード部分を差し替える事で展開状態、収納状態を再現できます。

合わせ目箇所

f:id:Capybara-tf:20200619161949j:plain

前腕の前後縦に合わせ目が出ます。

f:id:Capybara-tf:20200619162205j:plain

つま先、かかとに合わせ目があります。

f:id:Capybara-tf:20200619162243j:plain

両肩上面、ブーストポッド側面に合わせ目があります。

f:id:Capybara-tf:20200619162321j:plain

コンポジットシールドブースター後部、ビームライフルに合わせ目が出ます。

大きさ比較

f:id:Capybara-tf:20200619162412j:plain

ハイヒール化と両肩のビームキャノンもあり、RGガンダムと比べると一回り大きくなっています。

ポージング

f:id:Capybara-tf:20200619163052j:plain

f:id:Capybara-tf:20200619163103j:plain

f:id:Capybara-tf:20200619163115j:plain

f:id:Capybara-tf:20200619163128j:plain

f:id:Capybara-tf:20200619163141j:plain

まとめ

HGUCヘイズル改と比べると、全身にパーツが追加されボリューム満点のキットになっています。ごてごてとした印象で動かしずらそうですが、可動範囲が広く良く動きます。流用パーツも多々ありますが、股関節だけでなくハイヒールのパーツもかかと部分が色分されるなどUPグレードされている箇所もあります。

完成度の高いキットですが、難点は細かい箇所の塗装が必要な点と腰関節になります。色分けはHGUCと言う点を考えれが仕方がないかと思います。腰関節はHGUCヘイズル改と同じ造りなのですが、バックパックの重さで自然に後ろに仰け反ってしまいます。できれば、この箇所の改良もあればとも思いました。

トータルで見ると良く出来ているのでA.O.Z好きな方にはお勧めです。

icon icon

最後までご覧頂きありがとうございました。

以上HGUCガンダムTR-1[ハイゼンスレイ]素組みレビューでした。

スポンサーリンク