つみプラファクトリー

ガンプラを中心に購入、製作した模型とフィギュアの紹介をしています。

スポンサーリンク

HGIBO 辟邪 素組みレビュー

スポンサーリンク

f:id:Capybara-tf:20190828204855j:plain

HGIBO-030 辟邪 1,000円(税別) 2017年1月発売

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズに登場するMS。百里、百錬の開発データを生かし、テイワズが後継機として開発している機体。量産体制が整っている獅電とは違い高性能新型量産機に位置付けられています。主なパイロットはラフタ・フランクランド、アジー・グルミン、ハッシュ・ミディ。

 

f:id:Capybara-tf:20190828205529j:plain

イエロー、グリーン、ホワイトの独特のカラーリングが特徴的です。テイワズ・フレーム機という事もあり所々に百里、百錬の面影が見えます。

正面から一周

f:id:Capybara-tf:20190828205743j:plain

f:id:Capybara-tf:20190828205754j:plain頭部センサー、肩関節・手首周り背部のイエロー、サイドアーマー・肘・のホワイト、胴体・すねのグリーンは付属シールでの塗り分けになります。

付属品

f:id:Capybara-tf:20190828210122j:plainバヨネットライフル、トビグチブレード。

f:id:Capybara-tf:20190828210206j:plainホイルシール1枚。

可動範囲

f:id:Capybara-tf:20190828210520j:plain肘は90度以上曲がり、横へは水平にまで上がります。また肩関節は前方に引き出すことが出来ます。

f:id:Capybara-tf:20190828210625j:plain首は上下には殆ど動きません。左右には写真位にまで動きます。

f:id:Capybara-tf:20190828210720j:plain腰は約45度回転します。

f:id:Capybara-tf:20190828210753j:plain膝は90度以上曲がり、横へは写真位まで開きます。

f:id:Capybara-tf:20190828210838j:plain

f:id:Capybara-tf:20190828210852j:plain

f:id:Capybara-tf:20190828210903j:plain突撃形態にするためかかと、肩のスラスタ―が上下に可動。腰のスラスターカバーは差し替えで開閉できます。

f:id:Capybara-tf:20190828211029j:plain両腕部回転ブレードは展開可能です。

f:id:Capybara-tf:20190828223151j:plainリアアーマーにはライフル、ブレードを取り付ける事が出来ます。

合わせ目箇所

f:id:Capybara-tf:20190828211147j:plain前腕の前後に合わせ目があります。

f:id:Capybara-tf:20190828222839j:plainすねの前後縦に合わせ目が出ます。

f:id:Capybara-tf:20190828222911j:plainふとももの側面、頭部中央に合わせ目があります。

f:id:Capybara-tf:20190828223007j:plain肩アーマーの中央に合わせ目が出ます。

大きさ比較

f:id:Capybara-tf:20190828223113j:plain辟邪の設定全高は18.3m。RGガンダムとほぼ同じ大きさです。

ポージング

f:id:Capybara-tf:20190828223341j:plain

f:id:Capybara-tf:20190828223404j:plain

f:id:Capybara-tf:20190828223414j:plain

f:id:Capybara-tf:20190828223437j:plain最後は突撃形態。

まとめ

合わせ目箇所が結構多い点と塗装が必要な箇所が多い点は気になりました。ですが、プロポーションや可動範囲は良好です。価格も安く悪くないキットだと思います。独特のカラーリングは好き嫌い分かれそうですが、実際に作ってみるとこのカラーも悪くないと思いました。安いですし好きな方は買って損は無いと思います。

最後までご覧頂きありがとうございました。

以上HGIBO辟邪素組みレビューでした。

スポンサーリンク