つみプラファクトリー

ガンプラを中心に購入、製作した模型とフィギュアの紹介をしています。

スポンサーリンク

HGBF R・ギャギャ 素組みレビュー

スポンサーリンク

f:id:Capybara-tf:20190713175550j:plain

HGBF-024 R・ギャギャ 1,800円(税別) 2014年12月発売

ガンダムビルドファイターズトライに登場するガンプラ。R・ジャジャをベースにギャンの意匠を取り入れ製作された機体。使用者は聖オデッサ学園「北宋の壺」リーダー、サザキ・カオルコ。

 

f:id:Capybara-tf:20190713192016j:plain

ギャンの系列であるR・ジャジャにギャン型のシールドを装備したスタイルが特徴的です。成型色はグレー2色とゴールドで構成されています。

正面から一周

f:id:Capybara-tf:20190713192330j:plain

f:id:Capybara-tf:20190713192349j:plain

 モノアイやその周りの黒は付属のシールを貼っています。胸、股間部、両膝、頭部トサカ部分の黒は付属シールでの塗り分けになります。バーニアやスラスター内、シールド裏は塗装が必要になります。

付属品

f:id:Capybara-tf:20190713192902j:plain

付属シール。モノアイ部分のみ使用しています。

f:id:Capybara-tf:20190713192934j:plain

サーベルの刃x3、シールドのビームエフェクトx8、ツインビームソード、シールド持ち手x2。

f:id:Capybara-tf:20190713193322j:plain

上記3つのパーツが余剰パーツとして出ます。

合わせ目箇所

f:id:Capybara-tf:20190816232529j:plain肩アーマーに合わせ目が出ます。それ以外箇所は段落ちモールド処理等されており合わせ目が目立たない様に工夫されています。

可動範囲

f:id:Capybara-tf:20190713193525j:plain

 腕は水平にまで上がり、肘は90度以上曲がります。

f:id:Capybara-tf:20190713200120j:plain

両肩のシールドはアームでフレキシブルに稼働します。また、肩関節は前方に引き出し可能です。

f:id:Capybara-tf:20190713200228j:plain

バインダーは上下に可動します。

f:id:Capybara-tf:20190713200306j:plain

f:id:Capybara-tf:20190713200321j:plain

首は上記写真の様に上下左右に稼働します。頭部は個体差があるかもしれませんが若干外れやすい気がしました。

f:id:Capybara-tf:20190713200529j:plain

フロントアーマーは上下に可動し、膝は90度曲ります。太腿に回転軸あるので回転させ外側に向ける事も可能です。

f:id:Capybara-tf:20190713200652j:plain

腰は関節が2ヶ所あり前後に曲がります。横への可動は写真の通りです。

大きさ比較

f:id:Capybara-tf:20190713200846j:plain

RGガンダムと比べると2回り程大きいです。R・ギャギャは設定では全高22mとなっています。

ポージング

f:id:Capybara-tf:20190713201053j:plain

f:id:Capybara-tf:20190713201318j:plain

ツインビームソードは取り外しビームソードにすることが出来ます(左)。

腰のビームサーベルは取り外し持たせることが可能です(右)。

f:id:Capybara-tf:20190713201607j:plain

f:id:Capybara-tf:20190713201631j:plain

両肩のシールドは取り外し両手に持たせることが出来ます。

まとめ 

可動範囲も大きく、パーツ分けも工夫されており良く出来ています。R・ジャジャといえばオレンジ色のイメージですが、手に取ってみるとこのカラーリングも似合っておりカッコイイです。クリアーパーツも沢山付いてきてボリュームもありお勧めのキットです。

最後までご覧頂きありがとうございました。

以上HGBF R・ギャギャ素組みレビューでした。

スポンサーリンク