つみプラファクトリー

ガンプラを中心に購入、製作した模型とフィギュアの紹介をしています。

スポンサーリンク

HGAC マグアナック(アブドゥル機) 素組みレビュー

スポンサーリンク

f:id:Capybara-tf:20190907183722j:plain

プレミアムバンダイ限定HGAC WMS-03マグアナック(ラシード機/アブドゥル機) 1,600円 2019年7月発売

新機動戦記ガンダムWに登場するMS。ラシード機とアブドゥル機の選択式キットになります。一般販売されていつ通常版のマグアナックを購入する事により両機製作する事が出来ます。ラシード機に引き続きアブドゥル機の紹介になります。

www.tsumipla-factory.com

 

f:id:Capybara-tf:20190908210624j:plainアブドゥル機は両肩に装備された大型アーマーが特徴的です。シールドは肩アーマーに干渉する為持たせづらいです。

正面から一周

f:id:Capybara-tf:20190908210657j:plain

f:id:Capybara-tf:20190908210713j:plain頭部センサー、両肩アーマーのイエローは付属シールで塗り分けになります。

付属品

f:id:Capybara-tf:20190907185046j:plainラシード機と共通で水転写式ナンバーデカール、ホイルシール。

f:id:Capybara-tf:20190908190615j:plainビームライフル、ヒートホーク、シールド、接続用パーツ。ラシード機と共通です。

f:id:Capybara-tf:20190908210744j:plainアブドゥル機と製作するとラシード機のパーツが余りますが、一般販売のマグアナック購入すればラシード機も製作出来ます。

可動範囲

f:id:Capybara-tf:20190908210810j:plain肘は90度以上曲り、横へは水平にまで上がります。ヒートホークは腰に取り付け可能ですが肩アーマーに若干干渉します。シールドをバックパックに取り付ける事は出来ません。
それ以外の可動範囲は通常版マグアナックと変わりないので詳しくはこちらをご覧ください。 

www.tsumipla-factory.com

合わせ目箇所

f:id:Capybara-tf:20190908222017j:plain胴体の上面から側面、アンクルアーマー、ふくらはぎ側面に合わせ目がでます。
f:id:Capybara-tf:20190908202531j:plain肩アーマーの上部と側面に合わせ目が出ます。

アブドゥル機と通常版との違い

以下、左側写真がアブドゥル機、右側写真が通常版となります。

f:id:Capybara-tf:20190908202836j:plain頭部

f:id:Capybara-tf:20190908202854j:plain胸部

f:id:Capybara-tf:20190908202919j:plain肩アーマー

f:id:Capybara-tf:20190908210848j:plainふくらはぎ

f:id:Capybara-tf:20190908203001j:plainバックパック

大きさ比較

f:id:Capybara-tf:20190908210911j:plainマグアナックの設定全高は16.4m。RGガンダムより頭一つ小さいです。

f:id:Capybara-tf:20190908210929j:plain大型の肩アーマーを装備している為、通常版と比べ上半身のボリュームが増して大きく見えます。

ポージング

f:id:Capybara-tf:20190908210954j:plain

f:id:Capybara-tf:20190908211010j:plain

f:id:Capybara-tf:20190908211024j:plain

f:id:Capybara-tf:20190908211033j:plain

まとめ

大型の肩アーマーを装備していますが可動を大きく妨げる事はなく通常版同様に稼働範囲は広いです。ラシード機同様に元のキットの出来の良さもあってアブドゥル機の出来もいいです。この出来の良さでマイナーな機体が手に入るのはうれしいですね。

icon icon

最後までご覧頂きありがとうございました。

以上HGACマグアナック(アブドゥル機)素組みレビューでした。

スポンサーリンク