つみプラファクトリー

ガンプラを中心に購入、製作した模型の紹介をしています。

スポンサーリンク

FULL MECHANICS フリーダムガンダム Ver.GCP 素組みレビュー

スポンサーリンク

f:id:Capybara-tf:20211029193001j:plain

ガンダムベース限定 FULL MECHANICS ZGMF-X10Aフリーダムガンダム Ver.GCP 4,400円(税込) 2021年8月発売

 

f:id:Capybara-tf:20211029193506j:plain

f:id:Capybara-tf:20211029193521j:plain

中国・上海で展示されている実物大フリーダムガンダムを1/100スケールでキット化。

FULL MECHANICSシリーズということで、RE/100シリーズと同様にフレームレスでHGシリーズと似た構造のキットとなっています。

支え無しでも自立可能ですが、羽根が重たいため不安定です。飾る時は、支えがあった方が良いかと思います。

正面から一周

f:id:Capybara-tf:20211029193830j:plain

f:id:Capybara-tf:20211029193844j:plain

ツインアイ、頭部センサー、腕・脚・リアアーマーのゴールド、脚ダクト内・ウイング各部のダークグレーは付属シールでの塗分けになります。

両肩側面ダクト内・足の甲のグレー、ビーム砲先端・ウイング側面のライトグレーは塗装が必要です。

付属品

f:id:Capybara-tf:20211029194129j:plain

ビームライフル、シールド、平手x2、スタンド用パーツ、、ランディングギアx2、ビームサーベル刃x2、台座。

f:id:Capybara-tf:20211029194310j:plain

ホイルシール、マーキングシール各1枚。

可動範囲

f:id:Capybara-tf:20211029194343j:plain

腕は上腕のロール軸で回転し、肘は180度曲がります。横へは水平にまで上がります。また、肩関節は前方に引き出すことができます。

f:id:Capybara-tf:20211029210146j:plain

頭部は上下に動きます。

f:id:Capybara-tf:20211029210207j:plain

左右へは真横近くにまで向けることができます。

f:id:Capybara-tf:20211029210233j:plain

腰は約45度左右に回転します。

f:id:Capybara-tf:20211029210303j:plain

前後にも動きますが、左右に傾けることはできません。

f:id:Capybara-tf:20211029210335j:plain

太ももは90度上がり、膝は180度曲がります。

f:id:Capybara-tf:20211029210359j:plain

足首は少しですが上下に動きます。

f:id:Capybara-tf:20211029210432j:plain

少しですが左右にも動きます。

f:id:Capybara-tf:20211029210500j:plain

脚は太もも上部で内外側に向けることができます。

横へは右写真位にまで広がります。両サイドのレール砲に干渉し余り動きません。

f:id:Capybara-tf:20211029210622j:plain

股関節の接続軸は前後にスライドします。

f:id:Capybara-tf:20211029210815j:plain

ふくらはぎのスラスターカバーは上下に動きます。

f:id:Capybara-tf:20211029210649j:plain

両サイドのレール砲は展開し、グリップ部も展開します。

f:id:Capybara-tf:20211029210745j:plain

上部のビームサーベルは取り外し可能です。

f:id:Capybara-tf:20211029210848j:plain

バックパックのウイングは赤丸箇所で回転し、赤四角箇所で前後に動きます。

f:id:Capybara-tf:20211029210940j:plain

f:id:Capybara-tf:20211029210956j:plain

ウイングは1枚ごとに可動します。

f:id:Capybara-tf:20211029211053j:plain

ビーム砲は赤丸箇所で左右に動きます。

合わせ目箇所

f:id:Capybara-tf:20211029211128j:plain

前腕と頭部の一部に合わせ目があります。

合わせ目の出る箇所が多い印象だったのですが、よく見ると凹モールド処理されている箇所が多く殆ど合わせ目が出ないようになっています。

大きさ比較

f:id:Capybara-tf:20211029211258j:plain

フリーダムガンダムの設定頭高は18m。MGシャア専用ザクⅡVer2.0より少し大きいです。

ポージング

f:id:Capybara-tf:20211029211451j:plain

f:id:Capybara-tf:20211029211503j:plain

f:id:Capybara-tf:20211029211514j:plain

f:id:Capybara-tf:20211029211525j:plain

f:id:Capybara-tf:20211029211537j:plain

まとめ

RE/100シリーズの様にフレームレスの構造でサクサク組み立てることができます。

シールによる塗分け箇所が多いですが、目立つ合わせ目箇所も少なく素組みでも十分な出来となっています(全身に細かくディティールが施されいるので、スミ入れを行えばさらに良くなると思います)。

可動範囲は必要最低限な感じとなっており、関節の緩さが気になる箇所もありますが、プロポーションは良いと思います。1/100スケールのフリーダムはこれ以外に旧キットの1/100、MG、MGVer.2.0の計4種発売されていますが、個人的にはこのFULL MECHANICSのプロポーションが一番好きです。

難点はガンダムベース限定で購入しずらい点と値段でしょうか。MGVer.2.0と500円しか違わないため割高感があります。固定もできないただの円形の台座を付属するなら、その分価格を下げてほしかったです。

難点もありますが、FULL MECHANICSシリーズという点を考えれば悪くないと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

以上FULL MECHANICSフリーダムガンダムVer.GCP素組みレビューでした。

スポンサーリンク