つみプラファクトリー

ガンプラを中心に購入、製作した模型とフィギュアの紹介をしています。

スポンサーリンク

HGUC ジム改 素組みレビュー

スポンサーリンク

f:id:Capybara-tf:20190928180412j:plainHGUC-113 RGM-79Cジム改 1,200円(税別) 2010年8月発売

機動戦士ガンダム0083スターダストメモリーに登場するMS。ジム系の規格や設計が乱立していたことから開発された機体。後期生産型ジムに各出力系の向上などを基本に若干の改修を施し、新技術を盛り込みつつ暫定的なリファレンスとしたもの。

 

f:id:Capybara-tf:20190928181911j:plain成形色はダークブルーとホワイトの地上用カラーで構成されています。

正面から一周

f:id:Capybara-tf:20190928182204j:plain

f:id:Capybara-tf:20190928182215j:plainカメラアイはクリアパーツが使用されており、股間部のV字は付属シールでの塗り分けになります。頬のダクト、両肩のスラスタ―、バーニア、一部手首の甲パーツは塗装が必要です。

付属品

f:id:Capybara-tf:20190928194720j:plainハイパーバズーカ、マシンガン、交換用手首x5、シールド。ビームサーベルは付属しません。

f:id:Capybara-tf:20190928194831j:plainマーキングシール1枚。

可動範囲

f:id:Capybara-tf:20190928195254j:plain肘は180度近くにまで曲がり、横へは水平にまで上がります。

f:id:Capybara-tf:20190928195342j:plain腰は360度回転可能です。

f:id:Capybara-tf:20190928195404j:plain首は下には余り曲がりません(左写真)。上、横へは中央・右写真位にまで動きます。

f:id:Capybara-tf:20190928195628j:plain膝は90度曲り、横へは写真位まで開きます。

合わせ目箇所

f:id:Capybara-tf:20190928195729j:plain前腕の前後縦に合わせ目が出ます。

f:id:Capybara-tf:20190928195759j:plain脚はふくらはぎ下部に縦に合わせ目が出ます。

f:id:Capybara-tf:20190928195832j:plain頭部、肩アーマー側面、胴体上面から側面に合わせ目があります。

大きさ比較

f:id:Capybara-tf:20190928195936j:plainジム改の設定全高は18m。RGガンダムと比べると少し小さいです。

ポージング

f:id:Capybara-tf:20190928200202j:plain

f:id:Capybara-tf:20190928200212j:plain

f:id:Capybara-tf:20190928200224j:plain

f:id:Capybara-tf:20190928200236j:plain

f:id:Capybara-tf:20190928200248j:plain

まとめ

安価でありながら、合わせ目が殆ど出ず塗装も殆ど必要のないパーツ構成で可動範囲も広く完成度の高いキットになっています。プロポーションも良くてカッコ良く素組派の方にもうれしい出来です。ジム好きな方は買っても損は無い出来だと思います。お勧めのキットの一つになります。

最後までご覧頂きありがとうございました。

以上HGUCジム改素組みレビューでした。

スポンサーリンク