つみプラファクトリー

ガンプラを中心に購入、製作した模型とフィギュアの紹介をしています。

スポンサーリンク

HGBF トライバーニングガンダム 素組みレビュー

スポンサーリンク

f:id:Capybara-tf:20191203012123j:plain

HGBF-028 トライバーニングガンダム 1,800円(税別) 2015年2月発売

ガンダムビルドファイターズトライに登場するガンプラ。ビルドバーニングの改修機。装甲、関節の強化を行いバーニングバーストシステムを搭載している。粒子最大放出時には機体各部の装甲がパージされ炎の様な粒子が発生する。使用者はカミキ・セカイ。

 

f:id:Capybara-tf:20191203155808j:plain

f:id:Capybara-tf:20191203131927j:plain

全身の至る所にクリアーパーツが使用されています。格闘機という事もあり手持ちの武器はなくシンプルです。

正面から一周

f:id:Capybara-tf:20191203132317j:plain

f:id:Capybara-tf:20191203132330j:plain

ツインアイ、頭部センサー、足の甲のグレーは付属シールでの塗り分け。塗装が必要な箇所は頬のダクトやフロント・リア・アンクルアーマーの各モールドのグレー位です。色分けは成型色と付属シールでほぼ完璧に再現されています。

付属品

f:id:Capybara-tf:20191203132710j:plain

バーニングバーストシステムエフェクトパーツ、ジョイントパーツ、交換用手首x6。

f:id:Capybara-tf:20191203133122j:plain

ホイルシール1枚。

f:id:Capybara-tf:20191203133143j:plain

上記パーツが余ります。

可動範囲

f:id:Capybara-tf:20191203133231j:plain

肘は180度曲り、横へは水平にまで上がります。

f:id:Capybara-tf:20191203133321j:plain

手首は左右に可動。交換用の平手も同じように可動します。

f:id:Capybara-tf:20191203133440j:plain

f:id:Capybara-tf:20191203133510j:plain

頭部は上下左右に可動します。

f:id:Capybara-tf:20191203133541j:plain

腰は赤丸2ヶ所で接続されており、360度回転可能です。

f:id:Capybara-tf:20191203133633j:plain

また、腰は前後にも可動します。

f:id:Capybara-tf:20191203133732j:plain

膝は90度以上曲がります。

f:id:Capybara-tf:20191203133810j:plain

脚は太ももの上部で外内側に向ける事が出来ます。横へは右写真位で水平にまでは広がりません。

合わせ目箇所

f:id:Capybara-tf:20191203133934j:plain

前腕の前後一部に合わせ目が出ます。

f:id:Capybara-tf:20191203134009j:plain

脚のすね、ふくらはぎの一部に合わせ目があります。

f:id:Capybara-tf:20191203134130j:plain

頭部側面に合わせ目が出ます。

バーニングバーストシステム

f:id:Capybara-tf:20191203134522j:plain

f:id:Capybara-tf:20191203134535j:plain

全身から炎が噴き出たようなスタイルが特徴的です。

f:id:Capybara-tf:20191203155845j:plain

バーニングバーストシステムモードへは各部クリアーブルーのパーツを外しエフェクトパーツを取り付けて行きます。取り外した状態が上記写真になります。

f:id:Capybara-tf:20191203134701j:plain

f:id:Capybara-tf:20191203134715j:plain

各部パーツを付け替えた状態で正面から一周。

f:id:Capybara-tf:20191203134851j:plain

背面のエフェクトパーツは黒丸の箇所で可動します。

大きさ比較

f:id:Capybara-tf:20191203134203j:plain

トライバーニングガンダムの設定全高は17.7m。RGガンダムとほぼ同じ大きさです。

ポージング

f:id:Capybara-tf:20191203134313j:plain

f:id:Capybara-tf:20191203134326j:plain

f:id:Capybara-tf:20191203134342j:plain

f:id:Capybara-tf:20191203134401j:plain

f:id:Capybara-tf:20191203134411j:plain

f:id:Capybara-tf:20191203134424j:plain

まとめ

格闘機という設定という事もあり可動範囲は広いです。クリアーパツが多用されていて、エフェクトパーツも多くお得感があります。合わせ目も少なく、色分けも良好で素組みでも十分な出来に仕上がります。

気になってた点ですが、一部クリアーパーツ・エフェクトパーツが外れやすい点が気になりました(個体差かもしれません)。

それ以外の箇所で不満な点はなく良く出来ていると思います。差し替えはパーツ数が多い点は少し面倒ですが、組み立てやすくお勧めのキットです。

最後までご覧頂きありがとうございました。

以上HGBFトライバーニングガンダム素組みレビューでした。

スポンサーリンク