つみプラファクトリー

ガンプラを中心に購入、製作した模型の紹介をしています。

スポンサーリンク

RE/100 ハンマ・ハンマ 素組みレビュー

スポンサーリンク

f:id:Capybara-tf:20191226201636j:plain

RE/100 AMX-103ハンマ・ハンマ 4,500円(税別) 2017年7月発売

機動戦士ガンダムZZに登場するMS。ネオジオンが一般量産機にサイコミュシステムを導入するため試作した上級士官用試作MS。操縦系統にサイコミュが援用されており、機動性を向上させるため機体各所に高出力のバーニアを搭載している。有線式サイコミュが搭載されており直径約100m内のオールレンジ攻撃が可能となっている。パイロットはマシュマー・セロ。

 

f:id:Capybara-tf:20191226202901j:plain

f:id:Capybara-tf:20191226202920j:plain

他のMSではあまり見られない独特な形状をしています。自立可能ですが結構ふらふらしており倒れやすいです。転倒防止の為、飾る時はスタンドを使った方が良いかと思います。

正面から一周

f:id:Capybara-tf:20191226204008j:plain

f:id:Capybara-tf:20191226204049j:plain

細かくパーツ分割されており各所の色分が再現されています。色分けは成型色でほぼ再現されており塗装が必要な箇所は特にありません。

付属品

f:id:Capybara-tf:20191226205047j:plain

有線式サイコミュ用スタンドx4、スタンド接続パーツ、ビームサーベルx2、シールド、有線式サイコミュ用パーツx4。

f:id:Capybara-tf:20191226205213j:plain

ホイルシール、マーキングシール各1枚。

可動範囲

f:id:Capybara-tf:20191226205322j:plain

腕は上腕・肘関節で回転し、肘は90度曲ります。横へは水平にまで上がり、肩アーマーは上側に可動します。

f:id:Capybara-tf:20191226205659j:plain

肩関節は前方に引き出すことが出来ます。

f:id:Capybara-tf:20191226205727j:plain

手首のクローは開閉します。

f:id:Capybara-tf:20191227000643j:plain

ビームサーベルは赤丸の箇所で固定する形で持たせることが出来ます。

f:id:Capybara-tf:20191226205808j:plain

頭部は上左右に向ける事が出来ます。モノアイは左右に可動します。

f:id:Capybara-tf:20191226205859j:plain

腰は360度回転します。左右には少しだけ動きますが、前後には動きません。

f:id:Capybara-tf:20191226210033j:plain

フロント・サイド・リアアーマーはそれぞれ上下に動きます。

f:id:Capybara-tf:20191226210157j:plain

太ももは90度上がり、膝は90度曲ります。

f:id:Capybara-tf:20191227000054j:plain

膝裏の装甲は内側に膝アーマーは上下に動きます。

f:id:Capybara-tf:20191227000003j:plain

脚は太ももの上部で内外側に向ける事が出来ます。横へは余り広がりません。

f:id:Capybara-tf:20191227000205j:plain

足首は上下に可動。

f:id:Capybara-tf:20191227000228j:plain

足首は内側には動きますが外側には殆ど動きません。

f:id:Capybara-tf:20191227000316j:plain

つま先は開き上下に可動します。

f:id:Capybara-tf:20191227000342j:plain

かかと部分は横に広がります。

f:id:Capybara-tf:20191227000423j:plain

肘関節を取り外し直接つなげる事が出来ます。設定画に近い形になりますが肘の可動はなくなります。

f:id:Capybara-tf:20191227000541j:plain

左腕が肘関節無し、右腕が肘関節ありになります。

f:id:Capybara-tf:20191227000805j:plain

f:id:Capybara-tf:20191227000820j:plain

肘、クローの間に専用パーツと取り付ける事で有線式サイコミュシステムを再現できます。

合わせ目箇所

f:id:Capybara-tf:20191227174959j:plain

腰のケーブル上のパーツに合わせ目があります。

大きさ比較

f:id:Capybara-tf:20191227000930j:plain

ハンマハンマの設定全高は24m。MGシャア専用ザクⅡVer.2.0.と比べると倍の大きさがあります。1/100スケールのキットの中でもかなり大きい部類になります。

ポージング

f:id:Capybara-tf:20191227001220j:plain

f:id:Capybara-tf:20191227001235j:plain

f:id:Capybara-tf:20191227001247j:plain

f:id:Capybara-tf:20191227001300j:plain

f:id:Capybara-tf:20191227001312j:plain

まとめ

パーツ分けが工夫されていて合わせ目が殆どなく色分も良く再現されています 。アレンジされていますがプロポーションも良くカッコイイハンマハンマに仕上がっています。

気になった点は各関節の弱さになります。1/100キットの中でもかなりの大型にキットなります。大きさだけならMGサザビークラスの大きさです。RE/100シリーズなのでMGと違い関節は簡単な造りの物になっています。その為、各パーツの重さに負けてしまうのか結構ふにゃふにゃしています。特に股関節とシールドを持たせた時の腕が弱い気がします。関節の弱さ、外れやすさは写真を撮る際結構ストレスを感じました。パーツ分けプロポーションは良いだけにこの点は残念です。次回以降のシリーズでの改善に期待したいです。

最後までご覧頂きありがとうございました。

以上RE/100ハンマ・ハンマ素組みレビューでした。

スポンサーリンク