つみプラファクトリー

ガンプラを中心に購入、製作した模型とフィギュアの紹介をしています。

スポンサーリンク

RE/100 ガンイージ 素組みレビュー

スポンサーリンク

f:id:Capybara-tf:20190817051615j:plain

RE/100 LM111E02ガンイージ 3,500円(税別) 2018年12月発売

機動戦士Vガンダムに登場するMS。リガ・ミリティアの主力MS。Vガンダムを開発する為のテスト機をベースに開発された機体。主なパイロットはジュンコ・ジェンコ以下シュラク隊。

 

f:id:Capybara-tf:20190817163907j:plainグリーンとブルーのみで構成されたシンプルなカラーリング。

正面から一周

f:id:Capybara-tf:20190817164134j:plain

f:id:Capybara-tf:20190817164152j:plainツインアイのみ付属シール貼っています。成型色による塗り分けはほぼ完璧で頭部バルカン砲のみ塗装が必要です。

付属品

f:id:Capybara-tf:20190817164402j:plainホイルシール、マーキングシール。

f:id:Capybara-tf:20190817164455j:plainビームライフル、ビームバズーカ、ビームシールド、ビームサーベル刃通常x2・扇形x1、武器取り付けパーツx3。

可動範囲

f:id:Capybara-tf:20190817164718j:plain肘は90度以上曲がり、横へは水平にまで上がります。

f:id:Capybara-tf:20190817164815j:plain首は上下左右共に良く稼働します。

f:id:Capybara-tf:20190817164850j:plain腰は約45度回転します。前後にも若干ですが可動します。

f:id:Capybara-tf:20190817164935j:plain膝は約180度曲り、横へは水平にまで上がります。

f:id:Capybara-tf:20190817165045j:plain頭部横のウェポン・ボックスには右側にはビームサーベル、左側には2連マルチ・ランチャーが収納されています。

f:id:Capybara-tf:20190817165255j:plain差し替えでウェポン・ボックスなしの状態にも出来ます。

f:id:Capybara-tf:20190817165425j:plainビームライフルは左右のすね側面に取り付ける事が出来ます。

f:id:Capybara-tf:20190817165515j:plainビームバズーカは腰に取り付け可能です。

合わせ目箇所

f:id:Capybara-tf:20190817165600j:plainふくらはぎと頭部側面に合わせ間が出ます。

大きさ比較

f:id:Capybara-tf:20190817165650j:plainガンイージの設定全高は14.9m。同スケールのMGシャア専用ザクVer.2と比べると小型なのが分かります。

f:id:Capybara-tf:20190817165824j:plainRGガンダムと比べると、ガンイージは1/100スケールですが大型のHGUCと同じ位の大きさなのが分かります。

ポージング

f:id:Capybara-tf:20190817165955j:plain

f:id:Capybara-tf:20190817170008j:plain

f:id:Capybara-tf:20190817170020j:plain

f:id:Capybara-tf:20190817170033j:plain

まとめ

RE/100シリーズという事もあり組み立てやすくサクサク作ることが出来ます。可動範囲は広く、殆ど合わせ間が出ないパーツ構成と非常に良い出来のキットです。欠点はやはり値段の高さでしょうか。マイナー機にスポットを当てたRE/100シリーズなので仕方が無いのかも知れませんが、同シリーズで同価格帯のバウやイフリート改と比べると割高感を感じます。もう少し安くても良かったのではと思います。ですが、値段の問題以外は特に問題点の無い良い出来のキットである事には変わりませんのでお勧めです。

最後までご覧頂きありがとうございました。

以上RE/100ガンイージ素組みレビューでした。

スポンサーリンク