つみプラファクトリー

ガンプラを中心に購入、製作した模型とフィギュアの紹介をしています。

スポンサーリンク

METAL BUILD ガンダムF91 レビュー

スポンサーリンク

パッケージ

f:id:Capybara-tf:20191110144923j:plain

METAL BUILD ガンダムF91 19,000円(税別) 2017年3月発売

機動戦士ガンダムF91に登場するMS。地球連邦軍のMS小型化要請に伴いサナリィが開発したMS。パイロットはシーブック・アノー。

箱の中には発泡スチロール製の収納箱1つ、ブリスター2つが納まっています。

f:id:Capybara-tf:20191110184503j:plain

発泡スチロール製の箱には本体、ビーム発生器x2、頭部アンテナx2、バックパック、スタンドパーツが収納されています。

f:id:Capybara-tf:20191110184609j:plain

ブリスターは2段重ねで収納されています。

1ビームサーベル刃x2、2ビームランチャー、3ビームライフル、4ヴェスバーx2、5ビームシールド、6交換用手首x8、7非変形頭部、8ビームサーベル柄x2、9スタンド。

f:id:Capybara-tf:20191110184854j:plain

残りは取扱説明書。

全体画像

f:id:Capybara-tf:20191110185126j:plain

f:id:Capybara-tf:20191110185138j:plain

f:id:Capybara-tf:20191110185156j:plain

f:id:Capybara-tf:20191110185209j:plain

胸部ダクトにはエッチングパーツが使用されており、全パーツ光沢仕上げになっています。塗装、マークング共に問題なく綺麗に仕上がっています。

各部UP写真

f:id:Capybara-tf:20191110185450j:plain

f:id:Capybara-tf:20191110185502j:plain

f:id:Capybara-tf:20191110185519j:plain

f:id:Capybara-tf:20191110185536j:plain

f:id:Capybara-tf:20191110185653j:plain

f:id:Capybara-tf:20191110185713j:plain

f:id:Capybara-tf:20191110185726j:plain

f:id:Capybara-tf:20191110185746j:plain

f:id:Capybara-tf:20191110185759j:plain

f:id:Capybara-tf:20191110185815j:plain

f:id:Capybara-tf:20191110185828j:plain

可動範囲

f:id:Capybara-tf:20191110185851j:plain

肘は180度近くにまで曲がり、横へは水平にまで上がります(左写真)。また、肩アーマー全面は前方に可動し、前腕に可動部があり回転します(右写真)。

f:id:Capybara-tf:20191110190017j:plain

頭部は上下に可動。

f:id:Capybara-tf:20191110190042j:plain

左右へは襟部分が干渉しますが写真位にまで回転します。

f:id:Capybara-tf:20191110190208j:plain

頭頂部の赤丸部分がスイッチになっておりフェイスオープン状態にすることが出来ます。

f:id:Capybara-tf:20191110190327j:plain

腰は90度回転します。

f:id:Capybara-tf:20191110190401j:plain

また、腰は前後にも可動します。

f:id:Capybara-tf:20191110190432j:plain

膝は180度曲り、膝の可動と連動して膝アーマー・ふくらはぎのフィンユニットが可動します。フロント・サイドアーマーだけでなくリアアーマーも上下に可動します。

f:id:Capybara-tf:20191110190618j:plain

つま先・足首・アンクルアーマーは上下に可動します。

f:id:Capybara-tf:20191110190653j:plain

脚は太もも上部で外側に向ける事が出来き、横へは水平近くにまで広がります。

f:id:Capybara-tf:20191110190746j:plain

f:id:Capybara-tf:20191110190804j:plain

左サイドアーマーは引き出すことができ回転します。また、ビームサーベルを収納可能です。

f:id:Capybara-tf:20191110190955j:plain

右サイドアーマーにはビーム発生器を収納可能。ふくらはぎのフィンユニットは上下に可動します。

f:id:Capybara-tf:20191110191150j:plain

肩部放熱フィンは肩上部のパーツをスライドさせ、フィンを引き出すことで展開できます。

f:id:Capybara-tf:20191110191327j:plain

リアアーマーのウエポンラックは展開しビームランチャー、ビームライフルを取り付ける事が出来ます。

f:id:Capybara-tf:20191110191448j:plain

ヴェスバーは砲身が伸縮します。

f:id:Capybara-tf:20191110191611j:plain

左腕のビーム発生器は差し替えでビームシールドを取り付ける事が出来ます。

ポージング

f:id:Capybara-tf:20191110200616j:plain

f:id:Capybara-tf:20191110200628j:plain

f:id:Capybara-tf:20191110200642j:plain

f:id:Capybara-tf:20191110200655j:plain

f:id:Capybara-tf:20191110200714j:plain

f:id:Capybara-tf:20191110200737j:plain

f:id:Capybara-tf:20191110200754j:plain

まとめ

METAL BUILD F91は初めて一部外装パーツでポリカーボネートが使用されておりどうなるのか心配だったのですが、全パーツ光沢処理が施され綺麗でいらぬ心配でした。胸部にはエッチングパーツが使用されており精密感が凄く内部が良く再現されています。各関節の保持力も問題なく、可動箇所も多く、各部にギミックが仕込まれており非常に良く出来ています。各部に施されたMETAL BUILD用のアレンジも似合っていてカッコ良いです。METAL BUILDシリーズでは初めての宇宙世紀MSという事もありこれを機に他の宇宙世紀MSの発売にも期待したいです。

最後までご覧頂きありがとうございました。

以上METAL BUILDガンダムF91レビューでした。

スポンサーリンク