つみプラファクトリー

ガンプラを中心に購入、製作した模型とフィギュアの紹介をしています。

スポンサーリンク

1/100 アカツキガンダム(オオワシパック/シラヌイパック フルセット) レビュー

スポンサーリンク

f:id:Capybara-tf:20191109115224j:plain

1/100 SEED DESTINY-015 ORB-01アカツキガンダム(オオワシパック/シラヌイパック フルセット) 6,500円(税別) 2007年3月発売

機動戦士ガンダムSEED DESTINYに登場するMS。オーブのモルゲンレーテ社が総力を挙げて開発したMS。全身の金色の装甲はビーム反射装甲ヤタノカガミ。撃ち込まれたビームから機体を守るだけでなく、本体のセンサーが追尾した機体に向け自動的にビームを送り返す攻防一体のシステム。パイロットはカガリ・ユラ・アスハ、ネオ・ロアノーク。

オオワシアカツキガンダム

f:id:Capybara-tf:20191109120121j:plain

f:id:Capybara-tf:20191109120210j:plain

f:id:Capybara-tf:20191109120227j:plain

f:id:Capybara-tf:20191109120247j:plain

シラヌイアカツキガンダム

f:id:Capybara-tf:20191109120318j:plain

f:id:Capybara-tf:20191109120334j:plain

f:id:Capybara-tf:20191109120347j:plain

f:id:Capybara-tf:20191109120400j:plain

オオワシ・シラヌイ共に一部スミイレとデカールの貼り付け、メッキパーツ以外のパーツへのつや消しクリーアー吹き付けを行っています。外装の金色パーツは全てメッキ処理されておりキラキラして眩しいくらいです。

付属品

f:id:Capybara-tf:20191109120814j:plain

未組立ですがスタンド、72D5式ビームライフルヒャクライ、73J2式試製双刀型ビームサーベルx2、試製71式防盾。

f:id:Capybara-tf:20191109121126j:plain

大気圏内航空戦闘装備オオワシ、宇宙戦闘装備シラヌイ。

可動範囲

f:id:Capybara-tf:20191109121223j:plain

肘は180度近く曲がり、肩はほぼ真上にまで上がります。

f:id:Capybara-tf:20191109121309j:plain

f:id:Capybara-tf:20191109121319j:plain

頭部は上下に可動。左右へは襟部分に干渉する為大きくは動きません。

f:id:Capybara-tf:20191109121415j:plain

腰は約45度回転しますが、前後には動きません。

f:id:Capybara-tf:20191109121519j:plain

膝は90度曲り、横へは右写真位にまで広がります。

f:id:Capybara-tf:20191109122102j:plain

ビームライフルはサイドアーマーに取り付け可能です。

f:id:Capybara-tf:20191109121704j:plain

オオワシのウイングは上下に可動します。

f:id:Capybara-tf:20191109121732j:plain

73F式改高エネルギービーム砲は赤丸2ヶ所で接続されており前後左右に可動します。

f:id:Capybara-tf:20191109121859j:plain

f:id:Capybara-tf:20191109122042j:plain

高エネルギービーム砲は伸縮し、グリップを引き出すことで手に持たせることが出来ます。

f:id:Capybara-tf:20191109122150j:plain

シラヌイの誘導機動ビーム砲塔システムは写真の様に可動します。また、7基あるビーム砲塔は取り外すことが出来ます。

f:id:Capybara-tf:20191109122312j:plain

本体を前方に向ける事が出来ます。

合わせ目箇所

f:id:Capybara-tf:20191109122702j:plain

肩アーマーの一部、頭部、胴体上面の一部に合わせ目があります。頭部、胴体の合わせ目はよく見ないと分からない程なので殆ど気になりません。

f:id:Capybara-tf:20191109122856j:plain

オオワシの高エネルギービーム砲の一部に合わせ目があります。

f:id:Capybara-tf:20191109122949j:plain

シラヌイの接続部に合わせ目が出ます。

大きさ比較

f:id:Capybara-tf:20191109123050j:plain

アカツキガンダムの設定全高は18.4m。MGシャア専用ザクVer.2.0とほぼ同じ大きさです。

ポージング

f:id:Capybara-tf:20191109123158j:plain

f:id:Capybara-tf:20191109123213j:plain

f:id:Capybara-tf:20191109123227j:plain

f:id:Capybara-tf:20191109123242j:plain

f:id:Capybara-tf:20191109123259j:plain

f:id:Capybara-tf:20191109123314j:plain

f:id:Capybara-tf:20191109123335j:plain

まとめ

全身メッキ処理されていることもありなるべく合わせ目の出ない造りになっており、色分けも塗装の必要のない構成になっています(合わせ目の出る所も余り目立ちません)。MGのストライクやフリーダムと比べるとどうしても見劣りしてしまいますが通常の1/100シリーズと比べるとプロポーションも良くカッコ良いいです。素組みでも十分な出来になっています。

難点は価格の高さと足回りの可動範囲の狭さでしょうか。全身フルメッキでオオワシ、シラヌイ両方付属する為に6,500円(税別)と高価格になっています。足回りは、股関節がボールジョイント接続の為余り広がらずポーズ付けずらかったです。この点は残念でした。

1/100アカツキの出来は悪くはないですが、個人的にはMGシリーズでの発売を期待したいところです。

最後までご覧頂きありがとうございました。

以上1/100アカツキガンダムレビューでした。

スポンサーリンク