つみプラファクトリー

ガンプラを中心に購入、製作した模型とフィギュアの紹介をしています。

スポンサーリンク

HGUC ナラティブガンダムC装備 素組みレビュー

スポンサーリンク

f:id:Capybara-tf:20190620163657j:plain


 HGUC-222 RX-9/C ナラティブガンダムC装備 2,300円(税別)2019年3月発売

機動戦士ガンダムNTに登場するMSで、元はサイコフレームの試験機。

パイロットはヨナ・バシュタ。

物語終盤のセカンドネオジオング戦で使用されたサイコフレーム装着状態が再現されています。

 

f:id:Capybara-tf:20190620163714j:plain

全身のサイコフレームはクリアーパーツで再現されています。

頭部、ビームライフルのセンサー、ツインアイは付属シールで再現。

ツインアイは緑と赤が付属し選択して貼ることが出来ます。

シールド裏、フロント・リア・ショルダーアーマーのモールドは塗装の必要があります。

合わせ目はビームライフルのセンサー部にあるだけで、本体には合わせ目が出ないパーツ構成になっています。 

正面から一周

f:id:Capybara-tf:20190620164934j:plain

f:id:Capybara-tf:20190620164947j:plain

所々にニューガンダムやユニコーンガンダムを思わせるデザインが見て取れます。

付属品 

f:id:Capybara-tf:20190620165349j:plain

付属品はビームライフル、シールド、ビームサーベルx2とシンプルな構成。

ビームサーベルは他のキットの様な軟質樹脂ではなく、サイコフレームと同じプラ製となっています。 

可動範囲

f:id:Capybara-tf:20190620165506j:plain

脚部は膝は90度以上曲がり、横にはほぼ水平まで上がります。 

フロントアーマーは真ん中で切り離せば左右独立して稼働させることが可能です。

f:id:Capybara-tf:20190620165807j:plain

胴体にはスライド機構か備わっています。肘は90度曲り、横には水平以上に上がります。腰は約90度ひねることが可能です。

f:id:Capybara-tf:20190620202544j:plain

 胴体には2ヶ所接続部があり画像の様に前後に稼働します。

 

f:id:Capybara-tf:20190620202733j:plain

シールドは前腕に接続用パーツを取り付けて接続。しっかりと保持でき動かした時のぐらつきや外れたりすることはないです。

また、シールドはバックパックに取り付ける事も可能です。

f:id:Capybara-tf:20190620203420j:plain

 ビームライフルは接続パーツを使う事でリアアーマーに取り付ける事が出来ます。

余剰パーツ 

f:id:Capybara-tf:20190620203649j:plain

HGUCナラディブガンダムA装備と一部ランナーが共通の為余剰パーツがでますが、ノーマル状態のナラティブガンダムに組むことは出来ません。 

大きさ比較

f:id:Capybara-tf:20190620203955j:plain

 ナラティブガンダムは設定頭高21mという事もあり頭一つ大きいです。

ポージング 

f:id:Capybara-tf:20190620205415j:plain

f:id:Capybara-tf:20190620205443j:plain

まとめ

新しいキットという事もありますがパーツ構成も良く作りやすいです。全身のサイコフレームがクリアーパーツで再現されているのもポイント高いです。

特に欠点と言えるところがなく完成度は高いです。

ナラティブガンダムが好きな方にはお勧めです。 

最後までご覧頂きありがとうございました。

以上HGUCナラティブガンダムC装備素組みレビューでした。 

塗装済み完成品はこちらをご覧ください。

www.tsumipla-factory.com

スポンサーリンク