つみプラファクトリー

ガンプラを中心に購入、製作した模型とフィギュアの紹介をしています。

スポンサーリンク

WANDER ARTS ゼニス 都市迷彩ver レビュー

スポンサーリンク

SQUARE ENIX WANDER ARTS01 ゼニス 都市迷彩ver 8,800円(税別) 2018年11月発売

f:id:Capybara-tf:20190621175245j:plain

f:id:Capybara-tf:20190621175313j:plain

 パッケージは表側がイラスト、裏側がウインドになっており中が確認できるようになっています。

 

f:id:Capybara-tf:20190621175749j:plain

中は本体、各付属武器、交換用手首がブリスターで納められております。 

正面から一周

f:id:Capybara-tf:20190621180025j:plain

f:id:Capybara-tf:20190621180103j:plain

フロントミッション4thにてエルザが搭乗していた都市迷彩カラーが再現されています。 

大きさ比較

f:id:Capybara-tf:20190621201639j:plain

サイズは1/144スケールのガンプラと同じくらいの大きさです。

各細部写真 

f:id:Capybara-tf:20190621201832j:plain

頭部センサーはメタリックレッド塗装されています。

f:id:Capybara-tf:20190621201943j:plain

素材がPVC製という事もあり発売前はディティール等不安がありましたが、細かい所まで作り込まれています。塗装も大きくはみ出たりしてる所もなく良好です。

 

f:id:Capybara-tf:20190621202536j:plain

ハードポイントは前腕に1ヶ所、肩の上部・側部に1ヶ所で左右併せて6ヶ所あります。

付属品 

f:id:Capybara-tf:20190621202758j:plain

付属品はバックパック、バズーカ、マシンガンx2、シールドx2、交換用手首x4。 

可動範囲

f:id:Capybara-tf:20190621203042j:plain

赤丸を施した所に関節が埋め込まれております。可動箇所が多く見た目に反してよく動きます。

f:id:Capybara-tf:20190621203410j:plain

肘は90度以上曲がります。腰は360度回転可能です。腕は真横にはあまり上がりません。

f:id:Capybara-tf:20190621203557j:plain

肩関節は前方に引き出すことが出来ます。

f:id:Capybara-tf:20190621203651j:plain

膝は90度以上曲がり、立膝ポーズも簡単に取らせることが出来ます。

足首はボールジョイント接続で前後左右に動きますが、つま先やかかとは稼働しません。

ポージング  

f:id:Capybara-tf:20190621203751j:plain

f:id:Capybara-tf:20190621203816j:plain

f:id:Capybara-tf:20190621203936j:plain

 

正直、発売前はクオリティは大丈夫か不安がありました。商品が届きいざ触ってみると造形、塗装共に良好で、可動範囲も大きく良く動き満足のいく出来でした。

マイナスポイントは価格が高い点でしょうか。消費税含めると1万円近くになるため、割高感があります。もう少し手に取りやすい価格にしてもらいたかったです。

価格の影響なのか人気の問題なのか分かりませんが、売り上げ悪かったのか第二弾として予約を受け付けていたフロストは販売中止となってしまいました。ゼニスの出来が悪くなかっただけに残念で仕方ありません。

フロスト含め試作が発表されていた強盾、グリレゼクス、ガストだけでも販売してもらいたかったです。

可能性は低いですがいつか発売される機会が来ることを願っています。

最後までご覧頂きありがとうございました。

以上ゼニス都市迷彩verレビューでした。

スポンサーリンク