つみプラファクトリー

ガンプラを中心に購入、製作した模型の紹介をしています。

スポンサーリンク

HGUC ジム・クゥエル レビュー

スポンサーリンク

f:id:Capybara-tf:20191218165421j:plain

HGUC-074 RGM-79Qジム・クゥエル 1,200円(税別) 2007年1月発売

機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORYに登場するMS。アースノイドで構成されたルナツー工廠内で独自に開発が行われたティターンズ専用の機体でジム・カスタムの改修機。コロニー内での戦闘に則したセンサーの強化、対人制圧用の脚部センサーの設置などが行われている。

 

f:id:Capybara-tf:20191218183602j:plain

f:id:Capybara-tf:20191218183614j:plain

HGUCヘイズルのランナーを流用したバリエーションキットとして発売されました。

素組みではなく一部パーツの塗装、スミ入れ、デカールの貼り付けを行っています。

正面から一周

f:id:Capybara-tf:20191218183842j:plain

f:id:Capybara-tf:20191218183857j:plain

頭部・脚下部のセンサー、首横・股間V字のイエローは付属シールでの塗り分けになります。成型色で色分けはほぼ再現されており、塗装が必要な箇所は頭部バルカン、バーニア・スラスター内の赤、胸部センサー位になります。

付属品

f:id:Capybara-tf:20191218184412j:plain

ジムライフル、シールド、ビームサーベル持ち手、ライフル持ち手(左手)、ビームサーベル刃x2。

f:id:Capybara-tf:20191218184156j:plain

ホイルシール、マーキングシール各1枚。

f:id:Capybara-tf:20191218184654j:plain

ヘイズル用のパーツが余ります。

可動範囲

f:id:Capybara-tf:20191218184729j:plain

肘は約180度曲り、横へは水平にまで上がります。

f:id:Capybara-tf:20191218184809j:plain

f:id:Capybara-tf:20191218184822j:plain

頭部は上下左右に可動します。

f:id:Capybara-tf:20191218184845j:plain

腰は360度回転します。前後左右には動きません。

f:id:Capybara-tf:20191218184922j:plain

膝は90度曲ります。

f:id:Capybara-tf:20191218185004j:plain

股関節はボールジョイント接続。内外へは左写真位にまで動きます。横へは右写真位にまで広がります。

f:id:Capybara-tf:20191218185107j:plain

足首、アンクルアーマーは上下に可動します。

f:id:Capybara-tf:20191218185139j:plain

足首は左右にも動きます。

合わせ目箇所

f:id:Capybara-tf:20191218185231j:plain

前腕の前後縦に合わせ目が出ます。

f:id:Capybara-tf:20191218185258j:plain

太ももの前後縦に合わせ目があります。

f:id:Capybara-tf:20191218185321j:plain

脚の裏側、アンクルアーマーの端に合わせ目が出ます。

f:id:Capybara-tf:20191218185409j:plain

頭部の中央、肩側面に合わせ目があります。

f:id:Capybara-tf:20191218185443j:plain

胴体上面、肩アーマー中央に合わせ目が出ます。

大きさ比較

f:id:Capybara-tf:20191218185524j:plain

ジム・クゥエルの設定全高は18.1m。RGガンダムとほぼ同じ大きさです。

ポージング

f:id:Capybara-tf:20191218185629j:plain

f:id:Capybara-tf:20191218185643j:plain

f:id:Capybara-tf:20191218185659j:plain

f:id:Capybara-tf:20191218185711j:plain

f:id:Capybara-tf:20191218185723j:plain

まとめ

可動範囲、色分けは良く出来ています。合わせ目は多々出ますが他のHGUCシリーズでもよく見られる箇所になり標準的なHGシリーズの出来になっています。握り手は付属しませんが、平手と左手のライフルの持ち手が付属する点はポイント高いです(左手の持ち手はかなり珍しいと思います)。

気になったのはHGUCヘイズル流用の為、下半身が大きく感じる所になります。脚が太く上半身と比べるとアンバランスに見えます。この点は人により好き嫌いが分かれるかと思います。

最後までご覧頂きありがとうございました。

以上HGUCジム・クゥエルレビューでした。

スポンサーリンク