つみプラファクトリー

ガンプラを中心に購入、製作した模型の紹介をしています。

スポンサーリンク

MODEROID AV-98イングラム 素組みレビュー

スポンサーリンク

f:id:Capybara-tf:20210128185739j:plain

グッドスマイルカンパニー MODEROID AV-98 イングラム 3,800円(税込) 2021年1月発売

グッドスマイルカンパニーから発売されているプラモシリーズMODEROID。パトレイバーシリーズの第1弾として主役機AV-98イングラムが発売されました。一部パーツ接着推奨となっているスナップフィットキットとなっています。

 

f:id:Capybara-tf:20210128190157j:plain

f:id:Capybara-tf:20210128190210j:plain

一部パーツの交換で1号機、2号機が再現できる選択式キット。劇場版、TV版、REBOOT版それぞれのデカールが付属し、好きなバージョンを選んで組み立てることができます。キットの成形色は白ではなくライトグレーとなっています。

正面から一周

f:id:Capybara-tf:20210128190916j:plain

f:id:Capybara-tf:20210128190929j:plain

頭部カメラのクリアーグリーンと両肩パトライトのクリアーレッド、胸部の旭日章は塗装済みのパーツとなっています。

パトライト横の黒とオレンジ、胸部・腰のウインカー、ナンバープレート、警視庁文字、左肩機体番号は付属シールでの再現になります。

頭部アンテナの先端、シールドサイドの黒、腰回りの黒ライン、股間部のウインチは塗装が必要です。

付属品

f:id:Capybara-tf:20210128222808j:plain

ライアットガン、予備アンテナ、スタンスティック、リボルバーカノン、伸縮アーム、ふくらはぎ上部パーツ、交換用手首x6、2号機用両肩アーマー、2号機頭部。

f:id:Capybara-tf:20210128223037j:plain

塗装されていないパトライトと頭部カメラのクリアーパーツが付属します。

f:id:Capybara-tf:20210128223020j:plain

水転写式デカール1枚。

f:id:Capybara-tf:20210128223154j:plain

組立て説明書。

可動範囲

f:id:Capybara-tf:20210128223246j:plain

腕は上腕のロール軸で回転し、肘は90度曲がります。横へは水平にまで上がります。

肩関節は前方に大きく引き出すことができます。

f:id:Capybara-tf:20210128223349j:plain

頭部は上下に動きます。

f:id:Capybara-tf:20210128223412j:plain

左右へは真横にまで向けることができます。

f:id:Capybara-tf:20210128223432j:plain

腰は360度回転します。

f:id:Capybara-tf:20210128223453j:plain

腰は前後に大きく動きます。

f:id:Capybara-tf:20210128223529j:plain

腰は左右へ傾けることもできます。

f:id:Capybara-tf:20210128223556j:plain

太ももは90度以上上がります。

f:id:Capybara-tf:20210128223635j:plain

膝は通常パーツだと約90度曲がりますが、可動用の小型パーツに交換すると90度以上曲がるようになります。

f:id:Capybara-tf:20210128223649j:plain

左側が可動用の小型脚部パーツ、右側が通常の脚部パーツのなります。

f:id:Capybara-tf:20210128223912j:plain

足首は上下に動きます。

f:id:Capybara-tf:20210128223942j:plain

足首は左右にも動きます。

f:id:Capybara-tf:20210128224017j:plain

脚は太もも上部のロール軸で外内側に向けることができます。横へは右写真位にまで広がります。

f:id:Capybara-tf:20210128224103j:plain

右足側面のリボルバーカノンの収納部は開閉し取り出すことが可能です。アームの伸縮は差し替えで再現できます。

f:id:Capybara-tf:20210128224229j:plain

ライアットガンのストックは可動します。

イングラム2号機

f:id:Capybara-tf:20210128224351j:plain

f:id:Capybara-tf:20210128224409j:plain

f:id:Capybara-tf:20210128224428j:plain

f:id:Capybara-tf:20210128224448j:plain

1号機との違いは頭部と両肩アーマーになります。

頭部アンテナの先端、両頬のダクトは塗装が必要です。また、TV版を再現するには額の部分を黒で塗装する必要があります。

合わせ目箇所

f:id:Capybara-tf:20210128224950j:plain

1号機の両肩アーマーの一部、2号機の頭部の一部に合わせ目があります。

f:id:Capybara-tf:20210128225037j:plain

ライアットガンに合わせ目があります。

大きさ比較

f:id:Capybara-tf:20210128225120j:plain

MODEROIDイングラムは1/60スケール。RGガンダムと同じ大きさです。

f:id:Capybara-tf:20210128225222j:plain

ROBOT魂イングラム1号機と並べて。ROBOT魂版とほぼ同じ大きさです。この大きさならROBOT魂のサターンやブロッケンといった他レイバーと並べることもできそうです。

ポージング

f:id:Capybara-tf:20210128225523j:plain

f:id:Capybara-tf:20210128225539j:plain

f:id:Capybara-tf:20210128225610j:plain

f:id:Capybara-tf:20210128225634j:plain

f:id:Capybara-tf:20210128225650j:plain

f:id:Capybara-tf:20210128225709j:plain

f:id:Capybara-tf:20210128225722j:plain

まとめ

MODEROIDシリーズは今回初めて組み立てました。個人的に、少し組み立てに注意したほうがいい箇所がいくつかあります。ポリパーツ無しの構成となっており、可動部の組立て時にきつい箇所があります。肩アーマーのジョイント、腰可動部、右脚の膝はパーツが細く力任せに押し込むと破損の可能性がありそうなので慎重に組み立てた方がいいかと思います。

パーツ数はそれほど多くありませんが色分け、可動範囲ともに良くできいます。合わせ目箇所も殆どありません。シールド側面の黒は目立つので塗装したほうがいいかと思いますが、それ外の箇所は素組みでも十分かと思います。後、個人的には水転写式デカールが付属するのは嬉しいです。

気になった点は成形色の色でしょうか。外装の白はライトグレーで再現されています。警察用レイバーということでパトカーと同じで白と黒のカラーという印象があるので以外でした。単体だと余り違和感はないのですが、他機体と並べるとグレー寄りの成形色が少し気になります。

トータルで見ると良くできています。これからの展開にも期待したいです。

1/60スケールと手ごろな大きさで集めやすく、パトレイバー好きな方にはお勧めです。

最後までご覧頂きありがとうございました。

以上MODEROID AV-98イングラム素組みレビューでした。

スポンサーリンク