つみプラファクトリー

ガンプラを中心に購入、製作した模型の紹介をしています。

スポンサーリンク

MG ゼータプラス(テスト機カラータイプ) 素組みレビュー

スポンサーリンク

f:id:Capybara-tf:20200405163355j:plain

MG MSZ-006A1ゼータプラス(テスト機カラータイプ) 3,000円(税別) 2001年10月発売

ガンダムセンチネルに登場するMS。Zガンダムを大気圏内長距離飛行用として再設計したMS。エゥーゴの支援組織であるカラバの主導でアナハイム・エレクトロニクスの工場で開発され運用された。パイロットはアムロ・レイ。

 

f:id:Capybara-tf:20200405163658j:plain

f:id:Capybara-tf:20200405163712j:plain

機体はゼータプラスA1型。成型色はテスト機カラーのオレンジと白で構成されています。WR形態への変形機構がありますが、関節のロック機構がありMS形態でもしっかりとしています。膝裏のケーブルはメッシュパイプが使用されています。

正面から一周

f:id:Capybara-tf:20200405164321j:plain

f:id:Capybara-tf:20200405164334j:plain

ツインアイ、頭部センサー、シールド側面グリーン、背面ウイング下部オレンジは付属シールでの塗り分けになります。成型色と付属シールで色分は再現されており、塗装が必要な箇所はありません。

付属品

f:id:Capybara-tf:20200405164804j:plain

ランディングギアx4、ビームライフル、シールド、1/100スケールフィギュア、非可動タイプのアンテナ、ビームサーベル刃x2。

f:id:Capybara-tf:20200405165010j:plain

マーキングシール、ドライデカール、ホイルシール各1枚。

可動範囲

f:id:Capybara-tf:20200405165104j:plain

腕は上腕のロール軸で回転し、肘は180度曲ります。横へは水平にまで上がります。

f:id:Capybara-tf:20200405165153j:plain

頭部は下側へは余り動きませんが、上側へは大きく動きます。

f:id:Capybara-tf:20200405165237j:plain

横へは襟部分が干渉する為余り動きません。

f:id:Capybara-tf:20200405165323j:plain

コクピットハッチは開閉可能です。

腰はWR形態への変形機構がある為動きません。

f:id:Capybara-tf:20200405165412j:plain

太ももは90度上がり、膝は180度曲ります。

f:id:Capybara-tf:20200405193908j:plain

足首は上側には殆ど動きません。

f:id:Capybara-tf:20200405194009j:plain

左右へは良く動きます。

f:id:Capybara-tf:20200405194041j:plain

股関節はボールジョイント接続。内外側へは余り動きません。横へは右写真位にまで広がります。

f:id:Capybara-tf:20200405194744j:plain

股関節にはロック機構があるので、自然に広がってくることはありません。

f:id:Capybara-tf:20200405194211j:plain

腰部ビームキャノンは横、前に可動します。

f:id:Capybara-tf:20200405194648j:plain

ビームキャノンに収納されているビームサーベルは取り外し可能です。

f:id:Capybara-tf:20200405194917j:plain

背面のウイング、スタビライザーは上下に可動します。

f:id:Capybara-tf:20200405195108j:plain

ウイングは接続部で可動。

f:id:Capybara-tf:20200405195214j:plain

ウイング接続部にあるラックにはビームライフルを取り付ける事が出来ます。

ウェイブライダー形態への変形

f:id:Capybara-tf:20200405195438j:plain

頭部アンテナの折りたたみ、両肩を下げコクピットブロックを引き上げます(中)。

頭部を引き下げ、胸パーツ全体を引き上げ、腰パーツを折りたたみます(右)。

f:id:Capybara-tf:20200405195655j:plain

股関節のロックを外し(左)、脚を展開し固定します(中)。両腕を折りたたみます(右)。

f:id:Capybara-tf:20200405195859j:plain

シールドを取り付け、ウイングを前方に持ってきます(左)。

脚を折りたたみ、ビームキャノンを前方に向け、ビームライフルを取り付けて完成(右)。

f:id:Capybara-tf:20200405200214j:plain

ランディングギアは青四角の箇所は差し替え、青丸の箇所はそのまま差し込むことで取り付けます。

ウェイブライダー形態

f:id:Capybara-tf:20200405200353j:plain

f:id:Capybara-tf:20200405200436j:plain

f:id:Capybara-tf:20200405200507j:plain

f:id:Capybara-tf:20200405200521j:plain

f:id:Capybara-tf:20200405200538j:plain

WR形態でも各部ロックされていてしっかりしています。ぐらついたりする事もありません。

合わせ目箇所

f:id:Capybara-tf:20200405200619j:plain

頭部、ウイング裏側に合わせ目があります。

f:id:Capybara-tf:20200405200650j:plain

ビームキャノン裏側とビームライフルに合わせ目があります。

大きさ比較

f:id:Capybara-tf:20200405200728j:plain

ゼータプラスの設定全高は22.11m。MGシャア専用ザクVer.2.0より頭一つ大きいです。

ポージング

f:id:Capybara-tf:20200405200747j:plain

f:id:Capybara-tf:20200405200758j:plain

f:id:Capybara-tf:20200405200811j:plain

f:id:Capybara-tf:20200405200827j:plain

f:id:Capybara-tf:20200405200842j:plain

まとめ

MS形態、WR形態高レベルで両立されています。プロポーション良く、どちらの形態でもカッコイイです。 合わせ目も少なく、色分けもほぼ完璧で素組みでも十分な出来になっています。

唯一欠点を上げるとすれば股関節の可動範囲になります。股関節はボールジョイントのみの接続のため可動範囲が狭くポーズが凄く付け辛いです。現在の技術ならロール軸の追加等有ると思うのですが、2001年発売と言う事もあり残念ですが仕方がないかなと思います。ですが、それ以外の箇所は良く出来ています。

最後までご覧頂きありがとうございました。

以上MGゼータプラス(テスト機カラータイプ)素組みレビューでした。

スポンサーリンク