つみプラファクトリー

ガンプラを中心に購入、製作した模型とフィギュアの紹介をしています。

スポンサーリンク

MG メガバズーカランチャー 素組みレビュー

スポンサーリンク

f:id:Capybara-tf:20200724152016j:plain

プレミアムバンダイ限定 MG FHA-03M1メガバズーカランチャー 2,800円(税別) 2015年7月発売

機動戦士Zガンダムに登場する試作兵器。高威力を備えているが、莫大なエネルギーを消費するため連射は出来ない。本体にスラスターが内蔵されている為、フライトシステムとして使用することも可能。

 

f:id:Capybara-tf:20200724152604j:plain

f:id:Capybara-tf:20200724152617j:plain

展示用のスタンドが付属。スタンドは一般販売されているアクションベース1に展示用専用のパーツが付属する形になります。

本体下部のセンサー部はジュエルシールが使用されています(写真では貼り付けておりません)。

正面から一周

f:id:Capybara-tf:20200724154457j:plain

f:id:Capybara-tf:20200724154519j:plain

本体側面の赤丸モールド、グリップ部バーニア内のグレー、本体後部の丸モールドのグリーンは付属シールでの塗り分けになります。

グリップ、両肩のホールディング部分の赤は塗装が必要です。

付属品

f:id:Capybara-tf:20200724155235j:plain

展示用スタンド。

f:id:Capybara-tf:20200724155305j:plain

スタンド用パーツ。パイプ用パーツの一部が余ります。

f:id:Capybara-tf:20200724155416j:plain

ホイルシール、ジュエルシール各1枚。

f:id:Capybara-tf:20200724155720j:plain

水転写式デカール1枚。メガバズーカランチャー用だけでなく、MG百式Ver.2.0用のデカールも収録されています。

f:id:Capybara-tf:20200724155940j:plain

表裏表紙がカラーの取扱説明書。

可動範囲

f:id:Capybara-tf:20200724160802j:plain

砲身は2箇所で伸縮します。

f:id:Capybara-tf:20200724160936j:plain

本体下部のセンサーは上下に動きます。

f:id:Capybara-tf:20200724161007j:plain

胴体とのホールディング部は前後に可動します。

f:id:Capybara-tf:20200724161119j:plain

グリップは可動し収納する事が出来ます。

f:id:Capybara-tf:20200724161309j:plain

グリップ部は接続部で360度回転し、内側に折りたたむ事が出来ます。

f:id:Capybara-tf:20200724161446j:plain

ステップは上下に動き、伸縮します。

f:id:Capybara-tf:20200724161602j:plain

本体のパイプは右写真のパーツをつなぎ合わせる形で出来ています。各パーツがボールジョイント接続になっているのでフレキシブルに可動します。

収納形態

f:id:Capybara-tf:20200724161925j:plain

f:id:Capybara-tf:20200724161938j:plain

f:id:Capybara-tf:20200724162012j:plain

f:id:Capybara-tf:20200724162029j:plain

各部可動させることで、収納形態にすることが出来ます。

各部ロック機構があるので収納形態でもしっかりとしています。

大きさ比較

f:id:Capybara-tf:20200724162445j:plain

f:id:Capybara-tf:20200724162430j:plain

MGシャア専用ザクⅡVer.2.0より頭一つ大きい位の長さです。1/100スケールと言う事で結構大きいです。

ポージング

f:id:Capybara-tf:20200724162948j:plain

f:id:Capybara-tf:20200724163002j:plain

f:id:Capybara-tf:20200724163101j:plain

MG百式Ver.2.0が手元にないため旧MG百式を使用しています。MG百式Ver.2.0だけでなく、旧MG百式に使用することもできます。スタンドを2つ使用すれば高速移動時も再現できます。

まとめ

本体のつくりは結構シンプルで完成まで1時間かかりません。ですが、合わせ目が出ないパーツ構成、差し替えなしで収納形態から射撃形態への変形、各部のディティールとMGシリーズと言えるだけのできになっています。

残念なのはグリップ部等一部パーツの塗装が必要な点です。別パーツ化されている為塗装自体は難しくないのですが、できれば色分けされて欲しかったです。

1/100スケールではサポート系メカのキットは数が少ないので、このようなキットが発売されるのはうれしいですね。

icon icon

最後までご覧頂きありがとうございました。

以上MGメガバズーカランチャー素組みレビューでした。

スポンサーリンク