つみプラファクトリー

ガンプラを中心に購入、製作した模型とフィギュアの紹介をしています。

スポンサーリンク

MG イングラム1号機 レビュー

スポンサーリンク

f:id:Capybara-tf:20200310164618j:plain

MG イングラム1号機 3,000円(税別) 2001年7月発売

機動警察パトレイバーに登場するレイバー。篠原重工のAV計画により開発された試作機。動力に新開発されたSCBと呼ばれる常温超電導バッテリー、駆動系にSCLMと言う超伝導リニアモーターが組み込まれており、従来のレイバーとは比較にならない性能を獲得している。パイロットは泉野明。

 

f:id:Capybara-tf:20200310155340j:plain

f:id:Capybara-tf:20200310155357j:plain

キットは1/35スケール。各関節のカバーは軟質素材が使用されています。

写真は素組みではなく頭部カメラ・センサーをクリアーグリーン・ブルーで、両肩サブカメラ・腰のライトをクリーアーオレンジ、外装白はタミヤカラースプレーピュアホワイト、外装黒はタミヤカラースプレーセミグロスブラック、シールド・アンテナ先端のグレーはガンダムマーカーグレーで塗装しています。

正面から一周

f:id:Capybara-tf:20200310155427j:plain

f:id:Capybara-tf:20200310155450j:plain

頭部アンテナの先端、両肩サブカメラ、胴体下部・腰コーナリングランプは付属シールでの塗り分けになります。

頭部カメラ・センサーは透明のクリアーパーツなので塗装が必要です。また、シールドの丸モールド周り・スタンスティックは白一色の為塗装が必要です。

付属品

f:id:Capybara-tf:20200310155703j:plain

1/35スケール泉野明・篠原遊馬フギュア、交換用手首x4、フェイスガード、スタンスティック、リボルバーカノン、ウォーニングライトx2。

f:id:Capybara-tf:20200310155824j:plain

マーキングシール、ホイルシール、ドライデカール各1枚。

可動範囲

f:id:Capybara-tf:20200310160047j:plain

腕は肘上部で回転し90度曲ります。横へは水平近くにまで上がります。

肘は1か所ではなく赤丸の2ヶ所で回転します(右写真)。

f:id:Capybara-tf:20200310160412j:plain

頭部は上下に可動します。

f:id:Capybara-tf:20200310160458j:plain

横へは真横まで向ける事が出来ますが、ゴム製のカバーの弾力に負け段々と戻ってきます(上側に向けた時も同様です)。

f:id:Capybara-tf:20200310160202j:plain

腰は360度回転可能ですが、大きく回すと腰のゴム製カバーがはみ出してきます。

f:id:Capybara-tf:20200310160303j:plain

腰は左右にも動きます。

f:id:Capybara-tf:20200310160334j:plain

また、腰は前後にも動きます。腰回りの可動範囲は大きいです。

f:id:Capybara-tf:20200310160659j:plain

太ももは約45度上がり、膝は90度以上曲がります。

f:id:Capybara-tf:20200310160746j:plain

足首は上下に可動します。

f:id:Capybara-tf:20200310161026j:plain

また、少しですが左右にも動きます。

f:id:Capybara-tf:20200310161223j:plain

股関節はボールジョイント接続。内外側には左写真位にまで向ける事が出来ます。横へは右写真位にまで広がります。

f:id:Capybara-tf:20200310161623j:plain

胴体上部のウォーニングライトは差し替えで展開状態にすることが出来ます。

f:id:Capybara-tf:20200310161343j:plain

f:id:Capybara-tf:20200310161448j:plain

コクピットハッチは展開する事が出来ます。コクピット内部も再現されています(写真ではパイロットは乗せていません)。

f:id:Capybara-tf:20200310161948j:plain

背面のパーツは取り外し可能で内部メカが再現されています。

f:id:Capybara-tf:20200310162038j:plain

右脚側面にはリボルバーカノンの収納が再現されています。カバーを開くと連動してリボルバーカノンが迫り出してきます。

f:id:Capybara-tf:20200310162340j:plain

右腕はリボルバーカノン取り出し時の伸縮機能が搭載されています。写真ではマスキングが甘く白くなっていますが、成型色はグレーで塗装の必要はありません。

f:id:Capybara-tf:20200310164330j:plain

マスク部分を差し替えることでフェイスガード展開時を再現できます。

合わせ目箇所

f:id:Capybara-tf:20200310161308j:plain

両肩アーマー、頭部アンテナに合わせ目があります。

大きさ比較

f:id:Capybara-tf:20200310155537j:plain

イングラム1号機は1/35スケール。MGシャア専用ザクVer2.0.より一回り大きいです。

ポージング

f:id:Capybara-tf:20200310162536j:plain

f:id:Capybara-tf:20200310163020j:plain

f:id:Capybara-tf:20200310163151j:plain

f:id:Capybara-tf:20200310163231j:plain

f:id:Capybara-tf:20200310164309j:plain

まとめ

合わせ目箇所は殆どなく、コクピットハッチの開閉やリボルバーカノンの収納等ギミックも多く良く出来ているのですが、気になる点もあります。

まず、使用されているクリアーパーツは、両肩パトライトのカバー以外全て無色透明の物なので塗装必須となっています。特に頭部はそのままだと見栄えが悪いです。

次に、可動範囲は広いのですが、一部関節はゴム製カバーの弾力に負け曲げても段々と戻ってきてしまいます(これは、経年劣化で少し硬くなっている影響もあるかと思います)。

トータルとしての出来は良く出来ていて悪くはないのですが、一部塗装が必須のキットなっています。塗装自体は難しくはないので、それさえクリアできればカッコ良いイングラムが出来上がります。

組み立ても難しい所も殆どなく(一部ビス止め箇所ありますが)パトレイバー好きな方にはお勧めです。

最後までご覧頂きありがとうございました。

以上MGイングラム1号機レビューでした。

スポンサーリンク