つみプラファクトリー

ガンプラを中心に購入、製作した模型とフィギュアの紹介をしています。

スポンサーリンク

METAL BUILD ガンダムアストレア+プロトGNハイメガランチャー レビュー前編

スポンサーリンク

プレミアム バンダイ

f:id:Capybara-tf:20190625190502j:plain

プレミアムバンダイ限定 METAL BUILD ガンダムアストレア+プロトGNハイメガランチャー 22,000円(税別)

2019年6月発売

機動戦士ガンダムOOPに登場するMSでソレスタルビーイングが開発したGNドライブ搭載型MS。ガンダムエクシアのプロトタイプで第2世代ガンダム(エクシアは第3世代)。機体名のアストレアはタロットカードの「正義の女神」が由来。

主なパイロットはルイード・レゾナンス。

  

f:id:Capybara-tf:20190625191507j:plain

各武装・スタンドはブリスターに、本体は発砲スチロールの容器に収められています。

f:id:Capybara-tf:20190625191659j:plain

残りは取扱説明書とアンケート用紙。 

正面から一周

f:id:Capybara-tf:20190625191748j:plain

f:id:Capybara-tf:20190625191828j:plain

一見するとガンダムエクシアと間違えてしまいます。 

各細部画像

f:id:Capybara-tf:20190625191948j:plain

胸のGNドライブ部はクリアーパーツで中にGNY 001の文字が見えます。頭部は額部分にクリアーパーツが使用されており、マスク部の塗り分けも良く問題なしです。

f:id:Capybara-tf:20190625192540j:plain

肩から前腕。

f:id:Capybara-tf:20190625192643j:plain

太腿にはエクシア同様GNケーブルがあります。

f:id:Capybara-tf:20190625193136j:plain

膝から下前後。

f:id:Capybara-tf:20190625193220j:plain

腰回り。

f:id:Capybara-tf:20190625193251j:plain

 股下にはスタンド接続穴があります。 

可動範囲

f:id:Capybara-tf:20190625205348j:plain

肘は90度以上、肩は胴体部にも可動箇所があり水平以上に上がります。

f:id:Capybara-tf:20190625205720j:plain

股関節ほぼ水平に、膝の可動は90度以上まがります。太腿はもっと上に上がりそうですが、関節が固くこれ以上動かすのはやめておきました。

f:id:Capybara-tf:20190625210011j:plain

つま先にも可動ポイントあり。足首は外側にだけでなく内側にも同じ位動きます。

f:id:Capybara-tf:20190625210217j:plain

腰は前には動きますが後ろには殆ど動きません。

f:id:Capybara-tf:20190625210328j:plain

横への可動画像の通りです。

f:id:Capybara-tf:20190625210516j:plain

首とフロントアーマーには引き出し機構があります。

f:id:Capybara-tf:20190625210621j:plain

GNドライブは展開状態にすることが出来ます。

各関節にダイキャストパーツが使用されており、可動範囲が広いだけでなく保持力も強くポーズが上手く決まります。

 

METAL BUILD アストレアTYPE-Fとの比較(本体のみ)

(注)アストレアTYPE-Fのリアアーマーは取り付けておりません

f:id:Capybara-tf:20190625210720j:plain

f:id:Capybara-tf:20190625210901j:plain

f:id:Capybara-tf:20190625211035j:plain

f:id:Capybara-tf:20190625211054j:plain

TYPE-Fとの違いはカラーリングと細部の一部マーキング、そして頭部バイザーの有無です。カラーリングが違うだけで印象がガラッと変わります。

 

すみませんが、レビュー前編は本体のみになります。

プロトGNハイメガランチャー含む各武装の紹介はレビュー後編で行っていきます。

 

www.tsumipla-factory.com

 

プレミアム バンダイ

最後までご覧頂きありがとうございました。

以上METARL BUILDガンダムアストレアレビュー前編でした。

スポンサーリンク