つみプラファクトリー

ガンプラを中心に購入、製作した模型とフィギュアの紹介をしています。

スポンサーリンク

ROBOT魂 Ka signature ネロ(月面降下仕様)マーキングプラスVer. レビュー

スポンサーリンク

プレミアム バンダイ

f:id:Capybara-tf:20190702222951j:plain

プレミアムバンダイ限定 ROBOT魂 Ka signature MSA-007ネロ(月面降下仕様)マーキングプラスVer. 

10,000円(税別) 2019年4月発売

ガンダム・センチネルに登場するGM系の量産型MS。ランディング・ディバイスを装備した月面降下仕様になります。

f:id:Capybara-tf:20190702224737j:plain

本体・付属品がブリスター1つに収められています。右側は取扱説明書。 

f:id:Capybara-tf:20190702225018j:plain
2015年に発売されたネロのリニューアル版になります。旧版との違いは水転写式デカールだった全身のマーキングが最初から印刷されている点と、バックパックに大型プロペラントタンクが追加されている点になります。 

正面から一周

f:id:Capybara-tf:20190702225227j:plain

f:id:Capybara-tf:20190702225242j:plain

背中に大型のタンク背負っていますが倒れることなく自立します。

 付属品

f:id:Capybara-tf:20190702225630j:plain

付属品はビームライフル、ビームサーベルx2、交換用手首x8、交換用アンテナ、マーキング無し交換用肩アーマー。

 

上半身アップ

f:id:Capybara-tf:20190702225422j:plain

頭部カメラはメタリックグリーンで塗装されています。

f:id:Capybara-tf:20190702225552j:plain

下半身アップ

f:id:Capybara-tf:20190702225823j:plain

f:id:Capybara-tf:20190702225842j:plain

各所にあるマーキング、全身に施された塗装共にきれいです。

f:id:Capybara-tf:20190702231411j:plain

膝裏にはビームサーベル収納ラックがあります。 

可動範囲

f:id:Capybara-tf:20190702230030j:plain

肩は本体側にも可動箇所がある為、かなり上にまで上げることが出来ます。

f:id:Capybara-tf:20190702230159j:plain

肩アーマーは上下に稼働。肩アーマーを動かさなくても腕は水平に上がります。

f:id:Capybara-tf:20190702230329j:plain

肘は2重関節で肩アーマーに付くまで曲がります。上腕に回転軸があり回転可能です。

f:id:Capybara-tf:20190702230459j:plain

腰の回転は画像の通り。

f:id:Capybara-tf:20190702230546j:plain

腰は前後にも稼働します。

f:id:Capybara-tf:20190702230639j:plain

f:id:Capybara-tf:20190702230655j:plain

首は上下左右動きますが頭部アンテナがある為上には動かすときは破損に注意です。

f:id:Capybara-tf:20190702230842j:plain

脚はほぼ真横にまで開きます。

f:id:Capybara-tf:20190702230924j:plain

太腿にロール軸があり回転可能です。

f:id:Capybara-tf:20190702231011j:plain

膝は足にプロペラントタンク装備状態では干渉して90度が限界です。プロペラントタンクを外した状態だと太腿に付くまで曲がります。後ろにはリアアーマーに干渉する為余り動きません。

f:id:Capybara-tf:20190702231235j:plain

つま先は上下に動きます。

f:id:Capybara-tf:20190702231305j:plain

足首は左右に動きます。

 

ポージング

f:id:Capybara-tf:20190702231506j:plain

f:id:Capybara-tf:20190702231537j:plain

f:id:Capybara-tf:20190702231555j:plain

旧版と比べると値段が大きく上がってますが、全身に施された塗装、マーキング共にきれいでカッコイイです。可動範囲も大きく様々なポーズを取らせることが出来る点もポイント高いです(関節の保持力も問題なしです)。
Ka signetureではセンチネルMSはEx-sはじめ殆ど立体化されているので、ゼクアインやゼクツヴァイと言ったマークⅤ以外のニューディサイズのMSも欲しくなります。だいぶ前に試作が展示されていたこともあるので発売を期待したいですね。

プレミアム バンダイ

最後までご覧頂きありがとうございました。

以上Ka signatureネロ(月面降下仕様)レビューでした。

スポンサーリンク