つみプラファクトリー

ガンプラを中心に購入、製作した模型とフィギュアの紹介をしています。

スポンサーリンク

HGUC シルヴァ・バレト・サプレッサー 素組みレビュー

スポンサーリンク

f:id:Capybara-tf:20190623161826j:plain

HGUC-225 ARX-014S シルヴァ・バレト・サプレッサー 2,700円(税別) 2019年6月発売

機動戦士ガンダムNTに登場するMS。メガラニカに保管されていたシルヴァ・バレトを改修した機体。ビームマグナム使用により破損した右腕を交換するシステムが特徴。パイロットはバナージ・リンクス。

 

f:id:Capybara-tf:20190623162626j:plain

カラーリングはシルヴァ・バレトのホワイトからダークパープルに変更されています。

交換用の右腕4本が収容された大型のパックパックが特徴的です。 付属する交換用の右腕4本は、関節可動タイプ1本、関節固定タイプ3本になります。 

正面から一周

f:id:Capybara-tf:20190623163024j:plain

f:id:Capybara-tf:20190623163042j:plain

大型のパックパックを背負っていることもあり若干不安定ですがスタンドなしで自立します。

 合わせ目箇所

f:id:Capybara-tf:20190818203547j:plain

f:id:Capybara-tf:20190818203558j:plain合わせ目は前腕の前後、太ももの側面、胴体上部から側面に発生します。

付属品 

f:id:Capybara-tf:20190623163334j:plain

紫のラインと脚部のホワイトは付属シールによる塗り分けになります。

f:id:Capybara-tf:20190623163501j:plain

付属品はビームマグナム、左右平手首。

余剰パーツ

一部ランナーはHGUCドーベンウルフ、HGUCシルバ・バレト、HGUCユニコーンガンダム流用の為余剰パーツが多く出ます。未使用パーツは以下の画像。

f:id:Capybara-tf:20190623163940j:plain

f:id:Capybara-tf:20190623164050j:plain

ドーベンウルフのランナーにビームサーベルの柄の部分だけ付いてくるので、他のキット等からサーベル流用すればビームサーベルを持たせることが可能です。

またシルヴァ・バレトのジェガンタイプのビームライフルはパーツが全て揃っており組み立てることが可能です。 

可動範囲

f:id:Capybara-tf:20190623164338j:plain

 肘は90度曲ります。腰は360度回転可能ですが前後のスイング機構はありません。

f:id:Capybara-tf:20190623164457j:plain

首も上下左右問題なく動きます。

f:id:Capybara-tf:20190623164559j:plain

膝は90度曲り立膝ポーズ取らせることが可能です。腕は水平にまで上がりますが、脚は横には殆ど上がりません。 

右腕換装システム

f:id:Capybara-tf:20190623165143j:plain

この機体の特徴である右腕の換装システム。バックパックに4本の腕が収納されています。

f:id:Capybara-tf:20190623165312j:plain

右腕を外した後、アームを右側に稼働しバックパックに収納されている右腕に接続し取り出します。

f:id:Capybara-tf:20190623165705j:plain

 アームを回転させ前にもっていきます。

f:id:Capybara-tf:20190623181725j:plain

接続させ、アームを元の位置に戻して完了。 

大きさ比較

f:id:Capybara-tf:20190623181906j:plain

RGガンダムと比較すると、シルヴァ・バレト・サプレッサーは設定頭高23mあるのでかなり大きいです。大人と子供位の差があります。

ポージング 

f:id:Capybara-tf:20190623182246j:plain

f:id:Capybara-tf:20190623182304j:plain

まとめ 

気になった点は個体差があるかもしれませんが、交換ギミックのある右腕が若干外れやすいです。腕だけで6本作らないければならない点は少し面倒ですが、他に気になった点はなく良く出来ています。元々好きなデザインのMSという事もありますが、完成した時の感想は只々カッコイイの一言です。完成度高くお勧めのキットです。

最後までご覧頂きありがとうございました。

以上シルヴァ・バレト・サプレッサー素組みレビューでした。

スポンサーリンク