つみプラファクトリー

ガンプラを中心に購入、製作した模型とフィギュアの紹介をしています。

スポンサーリンク

HGUC ジム・コマンド 素組みレビュー

スポンサーリンク

f:id:Capybara-tf:20190628160432j:plain

 HGUC-046 RGM-79G ジム・コマンド 800円(税別) 2004年5月発売

機動戦士ガンダム0080ポケットの中の戦争に登場するMS。ジム・コマンドには宇宙使用も存在しますが、こちらはコロニー戦使用のキットになります。

 

f:id:Capybara-tf:20190628165646j:plain

ホワイトとブラウンで構成されたカラーが再現されています。

頭部カメラはクリアーパーツにて再現。 

正面から一周

f:id:Capybara-tf:20190628170115j:plain

f:id:Capybara-tf:20190628170130j:plain

低価格キットですが色分けは良好で殆ど成型色で再現されています。股関節部、ふくらはぎの赤い部分、バックパック上部のセンサーはシールで再現になります。各部ダクト、スラスターは塗装が必要です。

右手はライフルの持ち手のみで握り手は付属しません。その為、武器をもった状態になっています。

付属品

f:id:Capybara-tf:20190628201458j:plain

付属品はブルパップマシンガン、シールド、左・平手、手首と一体成型されたビームサール。

リアアーマーのビームサーベルは取り外し可能なため、他のキットからサーベルのクリアーパーツを持ってくれば、一体型とは別にクリアーパーツ仕様のビームサーベルを持たせることもできます。

f:id:Capybara-tf:20190628202747j:plain

シールドは前腕に接続パーツを取り付けて持たせるのでしっかりと保持することが出来ます。 

可動範囲

f:id:Capybara-tf:20190628170655j:plain

 肘、膝とも90度曲ります。腰、首の可動は写真の通り。顎パーツが襟の部分に若干干渉します。

f:id:Capybara-tf:20190628201233j:plain

横への可動は、腕は水平にまで上がりますが、脚はあまり開きません。 

合わせ目箇所

f:id:Capybara-tf:20190818203852j:plain脚はアンクルアーマ―、脛から太腿に掛けて縦に前後とも合わせ目が出ます。

f:id:Capybara-tf:20190818203901j:plain前腕の前後、胴体の上部から側面にも合わせ目があります。 

大きさ比較 

f:id:Capybara-tf:20190628202712j:plain

1年戦争時のMSという事もありRGガンダムとほぼ同じ大きさです。

 ポージング

f:id:Capybara-tf:20190628203105j:plain

f:id:Capybara-tf:20190628203138j:plain

まとめ 

800円と言う低価格キットでありながら出来はかなりいいです。腕、脚の目立つ箇所に合わせ目出ますが、合わせ目が消しやすいパーツ構成になっています。そのため、合わせ目消しの練習用としても良いかと思います。

不満な点は左手は平手が付属するにもかかわらず、右手はマシンガンの持ち手しかないところでしょうか。(低価格キットなので仕方がないのかもしれませんが)

最後までご覧頂きありがとうございました。

以上HGUCジム・コマンド素組みレビューでした。

スポンサーリンク