つみプラファクトリー

ガンプラを中心に購入、製作した模型とフィギュアの紹介をしています。

スポンサーリンク

HGUC ジム寒冷地仕様 素組みレビュー

スポンサーリンク

f:id:Capybara-tf:20190904181455j:plainHGUC-038 RGM-79Dジム寒冷地仕様 800円(税別) 2003年7月発売

機動戦士ガンダム0080ポケットの中の戦争に登場するMS。寒冷地用として氷結対策、防寒処理が施されたジム。また荒天の続く寒冷地での生存性を確保する為通信性能が強化されています。主に拠点防衛用として北極基地などの寒冷地に配備。

 

f:id:Capybara-tf:20190904182228j:plain頭部カメラはクリアパーツ使用。ブルパップマシンガンのストックが干渉し持たせづらいので一旦切り離しMGジム寒冷地仕様の様に上下逆にして接着した方が良いかと思います。後頭部のアンテナは外れやすいので接着推奨です。

正面から一周

f:id:Capybara-tf:20190904182952j:plain

f:id:Capybara-tf:20190904183004j:plainほほのダクト、肩アーマー・股下・ふくらはぎのスラスタ―、股間Vマークは付属シールでの塗り分けです。頭部バルカン、バーニアには塗装が必要です。

付属品

f:id:Capybara-tf:20190904183536j:plain

ブルパップマシンガン、シールド、手首一体型ビームサーベル、平手。右手首は武器の持ち手のみで握り手は付属しません。

可動範囲

f:id:Capybara-tf:20190904183803j:plain肘は90度曲り、横へは水平にまで上がります。

f:id:Capybara-tf:20190904183853j:plain

首は上下には余り動きません。横へは襟に干渉しますが90度回転可能です。

f:id:Capybara-tf:20190904184015j:plain腰は約45度回転します。赤丸の箇所が干渉してこれ以上は回りません。前後への可動は無しです。

f:id:Capybara-tf:20190904184223j:plain膝は90度曲り、横へは写真位まで開きます。

合わせ目箇所

f:id:Capybara-tf:20190904184318j:plain脚は前後縦に合わせ目が出ます。

f:id:Capybara-tf:20190904184429j:plain前腕の前後縦に合わせ目があります。

f:id:Capybara-tf:20190904184502j:plain頭部側面と胴体上面に合わせ目があります。

大きさ比較

f:id:Capybara-tf:20190904184557j:plainジム寒冷地仕様の設定全高は18m。RGガンダムとほぼ同じ大きさです。

ポージング

f:id:Capybara-tf:20190904184743j:plain

f:id:Capybara-tf:20190904184753j:plain

f:id:Capybara-tf:20190904184803j:plain

まとめ

マイナス点はマシンガンのグリップの形状と右手は武器の持ち手しかない点です。グリップの三角部分を切り離し上下逆に接着すれば解消します。難しい工作ではないので手を加える事をお勧めします。後、頭部のアンテナは外れやすく無くしやすいので接着してしまった方が良いと思います。それ以外の点は特に不満な点はなく、プロポーションも良くていい出来だと思います。合わせ目も後ハメ加工することなく消せるパーツ構成になっています。800円と低価格で合わせ目消しの練習用としても良いです。お勧めのキットの一つです。

最後までご覧頂きありがとうございました。

以上HGUCジム寒冷地仕様素組みレビューでした。

スポンサーリンク