つみプラファクトリー

ガンプラを中心に購入、製作した模型とフィギュアの紹介をしています。

スポンサーリンク

HGUC シャア専用ゲルググ 素組みレビュー

スポンサーリンク

f:id:Capybara-tf:20190629182353j:plain

HGUC-070 MS-14Sシャア専用ゲルググ 1,500円(税別) 2006年10月発売

機動戦士ガンダムに登場するMS。ザクⅡに次ぐ新たな標準機として開発され先行量産された内の1機。ジオンのMSとして初めてビーム兵器を搭載した機体で、機体性能RX-78-2ガンダムを上回るともいわれています。

パイロットはシャア・アズナブル。

 

f:id:Capybara-tf:20190629182513j:plain

全体的に丸みを帯びたフォルム。 成型色はシャアのパーソナルカラーである赤とピンク。 

正面から一周

f:id:Capybara-tf:20190629182723j:plain

f:id:Capybara-tf:20190629182741j:plain

モノアイは付属のシールを使用。本体の塗り分けは成型色で再現されており、追加で塗装が必要な箇所はありません。塗装が必要な箇所はシールドの裏のみです。

付属品

f:id:Capybara-tf:20190629183916j:plain

付属品はビームライフル、ビームナギナタ、シールド、平手左手首です。

f:id:Capybara-tf:20190629185644j:plain

ビームナギナタは背中、シールド裏に取り付けが可能。

f:id:Capybara-tf:20190629185741j:plain

シールドは背中だけでなく前腕にも取り付けることが可能です。

 

可動範囲、合わせ目箇所

f:id:Capybara-tf:20190629183152j:plain

膝は90度曲ります。見た目とは裏腹に太腿はスカートアーマーが稼働するため思ったよりも稼働します。

f:id:Capybara-tf:20190629183425j:plain

肘は90度曲ります。横には水平近くまで上がりますが肩アーマーが干渉しこれが限界です。腰は360度回転します。

f:id:Capybara-tf:20190818204013j:plain股関節にはスイング機構があり左右に回転します。リアスカート、ふくらはぎ、足裏にはバーニアが再現されています。

また、肩アーマー、胴体の上部から側面、前腕の内側に合わせ目が出ます。

f:id:Capybara-tf:20190818204023j:plain太腿側面、膝裏にも合わせ目があります。

大きさ比較

f:id:Capybara-tf:20190629184630j:plain

同じ1年戦闘時のMSですがRGガンダムと比較すると一回り大きくなっています。

 

f:id:Capybara-tf:20190629184910j:plain

まとめ

古いキットという事もあり最新のHG比べると造りは古いですが、色分けはほぼ完璧に再現されており、フォルムもゲルググの特徴を捉えていて良く再現されています。

気になった点はビームナギナタの保持が緩く持たせづらいところでしょうか。

最後までご覧頂きありがとうございました。

以上HGUCシャア専用ゲルググ素組みレビューでした。

スポンサーリンク