つみプラファクトリー

ガンプラを中心に購入、製作した模型とフィギュアの紹介をしています。

スポンサーリンク

HGUC 量産型ゲルググ/ゲルググキャノン 素組みレビュー

スポンサーリンク

f:id:Capybara-tf:20191017182950j:plain

HGUC-076 MS-14Aゲルググ/MS-14Cゲルググキャノン 1,600円 2007年3月発売

機動戦士ガンダムに登場するMS。ジオン公国において初めてビーム兵器を標準装備したMSで、1年戦争時に量産されたMSの中では屈指の完成度を持つ機体。ガンダムを凌ぐ性能を持つと言われながらもパイロットの養成、生産、配備が間に合わず大きな戦果を挙げる事は出来なかった。

キットはゲルググとゲルググキャノンどちらか選んで組み立てることが出来る選択式になっています。

量産型ゲルググ

f:id:Capybara-tf:20191017183837j:plain

成型色は量産機カラーのグレーとグリーンで構成されています。

量産型ゲルググ 正面から一周

f:id:Capybara-tf:20191017184137j:plain

f:id:Capybara-tf:20191017184210j:plain

モノアイは付属シールでの塗り分け。それ以外の箇所は成型色で色分が再現されており塗装が必要な箇所はバーニア内とシールド裏位になります。

ゲルググキャノン

f:id:Capybara-tf:20191017185001j:plain

量産型ゲルググから頭部、前腕パーツ、バックパックの交換でゲルググキャノンになります。

ゲルググキャノン 正面から一周

f:id:Capybara-tf:20191017185118j:plain

f:id:Capybara-tf:20191017185135j:plain

モノアイ、頭部センサーは付属シールでの塗り分けになります。色分けは成型色で再現されています。量産型カラーなのでキマイラ隊等バリエーション再現するには塗装が必要です。

付属品

f:id:Capybara-tf:20191017184422j:plain

ゲルググキャノン用のパーツ一式、手首x2、ビームライフル、ビームナギナタ、シールド、各指揮官用頭部。

可動範囲

f:id:Capybara-tf:20191017184549j:plain

肘は90度曲り、横へは水平近くにまで上がります。

f:id:Capybara-tf:20191017184622j:plain

腰は360度回転可能です。

f:id:Capybara-tf:20191017184701j:plain

首は大きくは動きませんが上下に可動します。

f:id:Capybara-tf:20191017184740j:plain

横へは窮屈ですが真横まで回転可能です。

f:id:Capybara-tf:20191017184813j:plain

膝は90度以上曲がります。横へは右写真位にまで広がります。

f:id:Capybara-tf:20191017185636j:plain

f:id:Capybara-tf:20191017185656j:plain

頭部は差し替えで指揮官機が再現できます。

合わせ目箇所

f:id:Capybara-tf:20191017184908j:plain

肩アーマー、肩アーマー内上腕に合わせ目が出ます。

f:id:Capybara-tf:20191017185823j:plain

前腕の側面に合わせ目があります。

f:id:Capybara-tf:20191017185853j:plain

太もも・ひざの側面、ふくらはぎの合わせ目が出ます。

f:id:Capybara-tf:20191017185946j:plain

キャノンの中央に合わせ目が出ます。

大きさ比較

f:id:Capybara-tf:20191017190051j:plain

ゲルググの設定全高は19.2m。RGガンダムより一回り大きいです。

f:id:Capybara-tf:20191017190209j:plain

ゲルググキャノンの設定全高は19.3m。キャノンがある分ゲルググよりさらに大きく見えます。

ポージング

f:id:Capybara-tf:20191017190321j:plain

f:id:Capybara-tf:20191017190333j:plain

f:id:Capybara-tf:20191017190346j:plain

f:id:Capybara-tf:20191017190359j:plain

f:id:Capybara-tf:20191017190418j:plain

f:id:Capybara-tf:20191017190431j:plain

まとめ

今回組み立てたキットは初期に発売されたABS素材が使用された物になるのですが、経年劣化の影響もありパーツが固くなり腰上部の関節がもげてしまいました。

f:id:Capybara-tf:20191017202450j:plain

その為、真鍮線で補強し接続しています。

現在再販されているものは素材がABSからKPSに変更されています。購入される場合は上箱側面の製品素材の欄にABSが無いのを確認してKPS版を選ばれるのが良いかと思います。

キット自体の出来は可動範囲が余り広くない点を除けば良いと思います。プロポーションも良く色分けも良好です。シャア専用ゲルググの定価から100円違いでキャノン用パーツ一式が付属するので、どうしてもシャア専用が欲しいと言う人以外はこちらを購入されることをお勧めします。

最後までご覧頂きありがとうございました。

以上HGUCゲルググ/ゲルググキャノン素組みレビューでした。

スポンサーリンク