つみプラファクトリー

ガンプラを中心に購入、製作した模型とフィギュアの紹介をしています。

スポンサーリンク

HG 霊子戦闘機・無限(望月あざみ機) 素組みレビュー

スポンサーリンク

f:id:Capybara-tf:20200718194651j:plain

HG1/24 霊子戦闘機・無限(望月あざみ機) 4,200円(税別) 2020年7月発売

新サクラ大戦に登場する機体。機体色は藤黄色。望月流忍術を有効に再現できるように調整されており、肩の装甲は多重装甲から一枚へ変更され軽量化が図られている。

 

f:id:Capybara-tf:20200718195521j:plain

f:id:Capybara-tf:20200718195553j:plain

無限(神山誠十郎機)のバリエーションキット。左腕にはあざみ機専用武器のシールドクロウが装備されています。

成型色のイエローはレモンイエローの様な明るめの黄色になっています。カメラアイはジュエルシールで再現されています(写真では取り付けていません)。

正面から一周

f:id:Capybara-tf:20200718195843j:plain

f:id:Capybara-tf:20200718195856j:plain

シールドクロウが単色成形のため、神山機よりシールでの色分け箇所が多くなっています。

エンジン部・両肩アーマー・前腕・手の甲・脚側面・足側面・かかと・シールドクロウのゴールドライン、エンジン部・胴体上部・頭部側面のイエロー、肘・膝・シールドクローの丸モールドのグレー、シールドクロウのグリーン、刀の鍔は付属シールでの塗り分けになります。

額の傷マークは水転写式デカールでの再現になります。

あざみフィギュア、小太刀、右腕のクナイ、シールドクロウの爪は塗装が必要です。

付属品

f:id:Capybara-tf:20200718201502j:plain

シールドクロウ、小太刀。

f:id:Capybara-tf:20200718201533j:plain

水転写式デカール、ジュエルシール、ホイルシール各1枚。

f:id:Capybara-tf:20200718201606j:plain

一部パーツが余ります。

可動範囲

f:id:Capybara-tf:20200718201648j:plain

コクピットハッチは開閉可能です。

内部のあざみフィギュアは塗装が必要です。目は水転写式デカールが付属します。

f:id:Capybara-tf:20200718214937j:plain

右腕のクナイは接続部で360度回転します。

f:id:Capybara-tf:20200718222159j:plain

シールドクロウの爪3本はそれぞれ可動します。

3本爪の両サイドのグレーのパーツは少し外れやすい気がします。気になる方は接着した方が良いかと思います。

 

本体の可動箇所は神山機と同じため省略させてもらいます。詳しくはこちらをご覧ください。

www.tsumipla-factory.com

 

合わせ目箇所

f:id:Capybara-tf:20200718222558j:plain

前腕の前後縦に合わせ目があります。

f:id:Capybara-tf:20200718222626j:plain

脚側面内側とかかとに合わせ目があります。

f:id:Capybara-tf:20200718222703j:plain

肩アーマー、胴体下部に合わせ目があります。

f:id:Capybara-tf:20200718222730j:plain

太もも側面、小太刀の鞘の一部に合わせ目があります。

神山機との違い

f:id:Capybara-tf:20200718222833j:plain

あざみ機は一枚装甲の肩アーマーに変更されています。

f:id:Capybara-tf:20200718222935j:plain

f:id:Capybara-tf:20200718222948j:plain

専用兵装を装備するため、前腕の形状が違います。

f:id:Capybara-tf:20200718223110j:plain

頭部額の形状が違います。

f:id:Capybara-tf:20200718223242j:plain

頭部マスクの形状が違います。

大きさ比較

f:id:Capybara-tf:20200718223423j:plain

全高はRGガンダムとほぼ同じですが、横前後にボリュームがあり大きく感じます。

f:id:Capybara-tf:20200718223519j:plain

f:id:Capybara-tf:20200718223532j:plain

本体の大きさは神山機と変わりませんが、大型のシールドクロウを装備しており、大きく感じます。

ポージング

f:id:Capybara-tf:20200718223826j:plain

f:id:Capybara-tf:20200718223840j:plain

f:id:Capybara-tf:20200718223853j:plain

f:id:Capybara-tf:20200718223907j:plain

まとめ

無限本体は、一部パーツに形状が違う以外は先に発売された神山機、さくら機と同じです。余り動きななそうな形状ですが、肘・膝関節が引き出し式になっているので、思ったより良く動きます。大型のシールドクロウを装備していますが、関節の保持力も十分で、下がってきたりする事もありません。神山機、さくら機同様に良く出来た良いキットです。

気になった点を挙げるとすれば、専用装備のシールドクロウの色分けが殆どされていない点、成型色のイエローがイメージよりかなり明るい感じのイエローだった点でしょうか。シールドクロウはほぼ単色成形と言ってもいい色分なので、本体並みに色分け頑張って欲しかったです。

アナスタシア機に続き、初穂機、クラリス機の発売にも期待したいです。

最後までご覧頂きありがとうございました。

以上HG霊子戦闘機・無限(望月あざみ機)素組みレビューでした。

スポンサーリンク