つみプラファクトリー

ガンプラを中心に購入、製作した模型の紹介をしています。

スポンサーリンク

HG 霊子戦闘機・無限(アナスタシア・パルマ機) 素組みレビュー

スポンサーリンク

f:id:Capybara-tf:20201118190103j:plain

HG 霊子戦闘機・無限(アナスタシア・パルマ機) 4,500円(税別) 2020年11月発売

新サクラ大戦に登場する機体。アナスタシア機は射撃能力が最大限発揮できるように調整がされている。精密射撃時の前面投射面積の拡大による被弾を軽減するため、腰正面の装甲が大型化されている。

 

f:id:Capybara-tf:20201118193114j:plain

f:id:Capybara-tf:20201118190448j:plain

アナスタシア機のカラーはブルー。兵装は番傘型ライフルとハンドガン。

無限神山機のバリエーションキット。カメラアイはジュエルシールでの再現になりますが、写真では取り付けていません。外装のブルーはメタリックブルーの成形色で再現されています。

正面から一周

f:id:Capybara-tf:20201118191135j:plain

f:id:Capybara-tf:20201118191156j:plain

付属シールでの塗分けは

  • ゴールドライン 胴体後部のエンジン部、頭部マスク、前腕、手の甲、脚側面、足側面、かかと、番傘型ライフルグリップ部
  • ブルー 額両側面、胴体後部のエンジン部、両肩アーマー
  • グレー フロントアーマー、肘・膝アーマー丸モールド、ハンドガン・ホルスター側面
  • シルバー 番傘型ライフル先端・中央

となります。

塗装が必要な個所は、カメラアイ基部パーツのゴールド、番傘型ライフルのグレー、コクピット内部、アナスタシアフィギュアとなっています。

付属品

f:id:Capybara-tf:20201118192754j:plain

番傘型ライフル、ハンドガンx2、ホルスターx2、スタンドパーツ。

f:id:Capybara-tf:20201118192829j:plain

ホイルシール、水転写式デカール、ジュエルシール各1枚。

f:id:Capybara-tf:20201118192933j:plain

上記パーツが余ります。

可動範囲

f:id:Capybara-tf:20201118224756j:plain

コクピットハッチは開閉し、内部にはアナスタシアが再現されています。

f:id:Capybara-tf:20201118224927j:plain

ハンドガンはホルスターかた取り出すことができます。

 

無限本体の可動範囲は神山機と変わらないため省略させてもらいます。詳しくはこちらをご覧ください。 

www.tsumipla-factory.com

 

無限神山機との違い

f:id:Capybara-tf:20201118225305j:plain

アナスタシア機にはアンテナがありません。

f:id:Capybara-tf:20201118225404j:plain

フロントアーマーが大型化されています。

f:id:Capybara-tf:20201118225442j:plain

太もも側面のアーマーにハンドガン取り付け用の穴が追加されています。

f:id:Capybara-tf:20201118225922j:plain

f:id:Capybara-tf:20201118225936j:plain

本体に大きな違いはありませんが、兵装とカラーが変わっただけで印象がガラッと変わります。

合わせ目箇所

f:id:Capybara-tf:20201118225541j:plain

前腕の前後に合わせ目があります。

f:id:Capybara-tf:20201118225612j:plain

両肩アーマーの側面、背面下部に合わせ目があります。

f:id:Capybara-tf:20201118225703j:plain

太ももの側面、脚内側に合わせ目が出ます。

f:id:Capybara-tf:20201118225736j:plain

番傘型ライフル、ハンドガンに合わせ目が出ます。

大きさ比較

f:id:Capybara-tf:20201118225817j:plain

無限は1/24スケール。高さはRGガンダムと変わりませんが、前後横にボリュームがあります。

ポージング

f:id:Capybara-tf:20201118230444j:plain

f:id:Capybara-tf:20201118230508j:plain

f:id:Capybara-tf:20201118230521j:plain

f:id:Capybara-tf:20201118230542j:plain

f:id:Capybara-tf:20201118230601j:plain

f:id:Capybara-tf:20201118230620j:plain

まとめ

無限本体は、先発売されている無限神山機やさくら機と同じになっています。肘や膝に引き出し式関節が採用されていることもあり思いったよりも良く動きます。少し肩関節が外れやすい気がしますが、各関節の保持力もよくシッカリとしています。

他の無限同様に特に不満な点もなく完成度の高いキットになっていますが、番傘型ライフルの傘の開いたものが付属していればもっと良かったのにと思いました。

残りのクラリス機、初穂機に続き桜武の発売も決まり楽しみです。できれば他国の華撃団の霊子戦闘機のキット化にも期待したいです。

最後までご覧頂きありがとうございました。

以上HG霊子戦闘機・無限(アナスタシア・パルマ機)素組みレビューでした。

スポンサーリンク