つみプラファクトリー

ガンプラを中心に購入、製作した模型の紹介をしています。

スポンサーリンク

HG 霊子戦闘機・無限(クラリス機) 素組みレビュー

スポンサーリンク

f:id:Capybara-tf:20210202184922j:plain

HG 霊子戦闘機・無限(クラリス機) 4,500円(税別) 2021年1月発売

新サクラ大戦に登場する機体。スノーブレイク家に伝わる本を使った魔術「重魔導」の継承者であるクラリスの力を再現できるように調整されている。背面の可動懸架装置には2つの魔導書を格納できる。

 

f:id:Capybara-tf:20210202185141j:plain

f:id:Capybara-tf:20210202185158j:plain

クラリス機の兵装は2冊の魔導書「罪」と「罰」。機体カラーはグリーン。

HG無限神山機のバリエーションキット。カメラアイはジュエルシールで再現されていますが写真では貼り付けておりません。外装のグリーンはメタリックグリーンの成形色で再現されています。

正面から一周

f:id:Capybara-tf:20210202185906j:plain

f:id:Capybara-tf:20210202185924j:plain

付属シールでの塗分けは

  • ゴールド 胴体後部エンジン部周り・チンガード・前腕・手の甲・脚側面・魔導書懸架装置側面
  • グレー 前腕・肘アーマー・膝アーマー・フロントアーマーのグレー
  • グリーン 両肩アーマー・前頭部・機体後部エンジン部中央
  • 両魔導書の塗り分け
  • クラリスフィギュアの瞳

閉じた状態の魔導書のページ部分、クラリスフィギュアやコクピット内の塗り分けは塗装が必要となっています。

付属品

f:id:Capybara-tf:20210202191523j:plain

開いた状態と閉じた状態の魔導書、スタンド用パーツ。

写真の魔導書は付属シールを貼っていない状態です。

f:id:Capybara-tf:20210202191724j:plain

ホイルシール1枚。

f:id:Capybara-tf:20210202191820j:plain

水転写式デカール、ジュエルシール各1枚。

f:id:Capybara-tf:20210202191850j:plain

説明書の一部が魔導書に取り付けるページになっています。切り出して取り付けます。

f:id:Capybara-tf:20210202192024j:plain

一部パーツが余ります。

可動範囲

f:id:Capybara-tf:20210202192110j:plain

コクピットハッチは開閉し、内部にはクラリスが再現されています。

f:id:Capybara-tf:20210202192232j:plain

魔導書の可動懸架装置は赤丸箇所で動き前方に持ってくることができます。

f:id:Capybara-tf:20210202192422j:plain

魔導書は赤丸、赤四角箇所を接続することで持たせることができます。

 

無限本体の可動は神山機と同じため、今回は省略させてもらいます。

詳しくはこちらをご覧ください。 

www.tsumipla-factory.com

 

合わせ目箇所

f:id:Capybara-tf:20210202192712j:plain

前腕の前後に縦に合わせ目があります。

f:id:Capybara-tf:20210202192758j:plain

太もも側面、脚内側に合わせ目が出ます。

f:id:Capybara-tf:20210202192839j:plain

両肩アーマー側面、胴体後下部に合わせ目があります。

大きさ比較

f:id:Capybara-tf:20210202192948j:plain

RGガンダムと並べて。大きさはRGガンダムと変わりませんが、横前後にボリュームがあります。

f:id:Capybara-tf:20210202193055j:plain

f:id:Capybara-tf:20210202193113j:plain

無限神山機と並べて。魔導書の可動懸架装置と機体後部が変更されています。

f:id:Capybara-tf:20210202193335j:plain

クラリス機は機体後部に突き出しているパイプの形状が変わり、その横にあったアームがありません。

ポージング

f:id:Capybara-tf:20210202193528j:plain

f:id:Capybara-tf:20210202193543j:plain

f:id:Capybara-tf:20210202193557j:plain

f:id:Capybara-tf:20210202193613j:plain

f:id:Capybara-tf:20210202193630j:plain

まとめ

無限本体はこれまでに発売されている神山機やさくら機と同じ構成で、クラリス機用の追加パーツが付属する形になっています。外装のグリーンはメタリック成形色で再現されているのですが、個人的にはこれまで発売された無限4機比べても1番綺麗な色だと思います。

肘、膝関節が引き出し式になっているため見た目より良く動きますし、 兵装の魔導書の紙は説明書の一部を切り出すことで再現されています。シールによる塗分け箇所が多いですが、完成度は高く良くできています。カッコいいです。

サクラ大戦好きな方、クラリス好きな方にはお勧めです。

無限は残すところ1機となりました。今後の展開がどうなるか分かりませんが、他の機体のキット化にも期待したいところです。

最後までご覧頂きありがとうございました。

以上HG霊子戦闘機・無限(クラリス機)素組みレビューでした。

スポンサーリンク