つみプラファクトリー

ガンプラを中心に購入、製作した模型とフィギュアの紹介をしています。

スポンサーリンク

HG 水中型ガンダム 素組みレビュー

スポンサーリンク

f:id:Capybara-tf:20191108013645j:plain

プレミアムバンダイ限定 HG GUNDAM THE ORIGIN RAG-79-G1水中型ガンダム 2,000円 2016年10月発売

機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSDのMS。RAG-79アクア・ジムを再設計し、エースパイロット用にチューンナップした機体。局地型ガンダムのデータも盛り込み頭部をガンダムタイプに似せている為通称がガンダムになりました。

 

f:id:Capybara-tf:20191108015048j:plain

青、オレンジ、白とカラフルなカラーリングです。HG局地型ガンダムからの流用はほんの僅かで殆どが新規造形パーツになっています。

正面から一周

f:id:Capybara-tf:20191108015559j:plain

f:id:Capybara-tf:20191108015613j:plain

とさか・両頬・両膝のオレンジ、バックパックのホワイト・下部フィン状パーツのブルー・オレンジ、足の甲側面・ハープーンガンのブルーは付属シールでの塗り分けになります。各部スラスターやモールドのグレーやオレンジは塗装が必要になります。

f:id:Capybara-tf:20191108181010j:plain

頭部カメラカバーはクリーパーツが使用されており、内部にはツインアイが再現されています。

付属品

f:id:Capybara-tf:20191108132441j:plain

偏光ビームライフル、ビームピック刃x2、リード線。

f:id:Capybara-tf:20191108132502j:plain

偏光ビームライフルはカバーを取り外すことが出来ます。ビームライフル本体はグレー一色なので塗装が必要です。

f:id:Capybara-tf:20191108132513j:plain

ホイルシール、マーキングシール各1枚。

f:id:Capybara-tf:20191108132526j:plain

カラーの取扱説明書が付属します。

可動範囲

f:id:Capybara-tf:20191108180738j:plain

肘は180度近くにまで曲がり、横へは水平にまで上がります。 

f:id:Capybara-tf:20191108180809j:plain

f:id:Capybara-tf:20191108180821j:plain

頭部は上下に可動しますが、左右へはパイプパーツが干渉して余り動きません。

f:id:Capybara-tf:20191108180926j:plain

腰は約45度回転します。

f:id:Capybara-tf:20191108181125j:plain

膝は約180度曲ります。

f:id:Capybara-tf:20191108181300j:plain

脚は太もも上部で外側に向ける事が出来ます。横へは右写真位にまで広がります。

f:id:Capybara-tf:20191108181340j:plain

ハンドアンカーは取り外し可能。

f:id:Capybara-tf:20191108181415j:plain

ハープーンガンは取り外し手に持たせることが出来ます。

f:id:Capybara-tf:20191108181454j:plain

右サイドアーマーのビームピックは取り外すことが出来ます。

合わせ目箇所

f:id:Capybara-tf:20191108181548j:plain

頭部側面、肩アーマー中央、胴体上面に合わせ目があります。

f:id:Capybara-tf:20191108181637j:plain

バックパック裏側、ハープーンガン中央、ハンドアンカーの一部に合わせ目があります。

大きさ比較

f:id:Capybara-tf:20191108181753j:plain

水中型ガンダムの設定全高は18.3m。RGガンダムより若干ですが大きいです。

ポージング

f:id:Capybara-tf:20191108181937j:plain

f:id:Capybara-tf:20191108181950j:plain

f:id:Capybara-tf:20191108182004j:plain

f:id:Capybara-tf:20191108182018j:plain

まとめ

複雑なカラーリングなので全ての色分けを再現するのは流石に無理がありますが、細かくパーツ分けされており大まかな色分けは成型色再現されています。HGシリーズでこれだけ再現されていれば十分だと思います。可動範囲、プロポーション共に良く完成度の高いキットになっています。気になった点は特にないのですが、強いてあげれば個体差かもしれませんがパーツの噛み合わせが固く調整が必要なパーツがいくつかあった点になります。

icon icon

最後までご覧頂きありがとうございました。

以上HG水中型ガンダム素組みレビューでした。

スポンサーリンク