つみプラファクトリー

ガンプラを中心に購入、製作した模型の紹介をしています。

スポンサーリンク

HG ガンダムルブリス 素組みレビュー

スポンサーリンク

HG ガンダムルブリス 1,760円(税込) 2022年8月発売

機動戦士ガンダム 水星の魔女 PROLOGUE に登場するMS。地球で設立されたオックス・アース・コーポレーションが開発した試作MS。本気の特徴として身体機能拡張技術「GUNDAM」をMS用に発展させた「GUNDフォーマット」を採用している。

 

キットはポリキャップレス仕様。額部のセンサーや胸上部のシェルユニットにはクリアーパーツが使用されています。

正面から一周

ツインアイ、頭部センサー、胸の丸モールド、レシーバーガンセンサー部は付属シールでの塗分けになります。

肩上部や太もものグリーン、膝側面のピンク、コンポガンビットシールドのグレー、バーニア内の赤は塗装が必要です。

付属品

塗装済みシェルユニット(発光バージョン)、レシーバーガン、コンポガンビットシールド、ビームブレイド刃、ビームサーベル刃x2。

ホイルシール1枚。

クリアーパーツ製のシェルユニット裏側に貼るシールは7番が模様のないシルバー、6番が発光状態の模様が印刷されたものになっています。

可動範囲

腕は上腕のロール軸で回転し、肘は90度以上曲がります。横へは水平以上にまで上がります。

肩関節は黄丸部分でのボールジョイント接続。前方に引き出すだけでなく、少しですが回転させたり上下に動かすこともできます。

両肩側面のアーマーは上下に動きます。

頭部は上下に動きます。

左右へは真横にまで向けることができます。

腰は360度回転します。

少しですが前後にも動きます。

太ももは90度以上上がり、膝は180度曲がります。

足首は上下に動きます。

足の前部は左右に動きます。

かかと部分は360度回転します。

脚は太もも上部で内外側に向けることができます。横へは約45度広がります。

バックパックは赤丸の接続部でそれぞれ回転させることができます。

ビームサーベルは取り外すことが可能です。

コンポガンビットシールドは分離しビットステイヴになります。

レシーバーガン(左)は刃を取り付けることでビームガンブレイド(中)ビットステイヴを接続することでガンビットライフル(右)になります。

ビットステイヴとガンビットライフルはバックパックの取り付けることで、機動性を向上させたビットオンフォームの形態になります。

胸上部のシェルユニットは取り替えることで未発光状態と発光状態を再現できます。

合わせ目箇所

太ももの側面に合わせ目があります。

大きさ比較

RGガンダムとほぼ同じ大きさ。標準的な1/144スケールキットとなっています。

ポージング

まとめ

色分けのため各パーツ結構細かく分類されているのですが、サクサク組み立てることができます。合わせ目は殆どの箇所がモールド処理され目立たなくなっています。

少し色の足らないところがありますが、素組みでも十分な出来です。

可動範囲は広く良く動くのですが、膝関節が30MMシリーズの様な構成になっている為劣化して緩くならないかが少し心配です。

最新キットということもありますが、組み立てやすさと完成度の高さは流石バンダイといった感じです。水星の魔女は登場するMSのデザインが好きなので、本編の放送やキットの発売も楽しみです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

以上HGガンダムルブリス素組みレビューでした。

スポンサーリンク