つみプラファクトリー

ガンプラを中心に購入、製作した模型とフィギュアの紹介をしています。

スポンサーリンク

HG ブレイズザクファントム(レイ・ザ・バレル専用機) 素組みレビュー

スポンサーリンク

f:id:Capybara-tf:20190730184154j:plain

HG GUNDAM SEED-28 ZGMF-1001/Mブレイズザクファントム(レイ・ザ・バレル専用機) 1,500円(税別) 2005年6月発売

機動戦士ガンダムSEED DESTINYに登場するMS。ザクファントムはザクウォーリアの上位機種に当たる機体で、主に隊長クラスのパイロットが搭乗し指揮官機として使用されています。また「ウィザードシステム」と呼ばれる武器換装システムが採用されておりキットではブレイズウィザードが装備されたレイ・ザ・バレル機が再現されています。

 

f:id:Capybara-tf:20190730185230j:plain

ザクウォーリアと違いザクファントムは両肩に装備されたシールドが特徴です。

正面から一周

f:id:Capybara-tf:20190730185437j:plain

f:id:Capybara-tf:20190730185452j:plain

 ブレイズウィザードの白いラインとモノアイは付属シール貼り付けになります。スラスター内等細かい所は塗装が必要ですが、大まかな塗り分けは成型色でほぼ再現されています。

付属品

f:id:Capybara-tf:20190730205311j:plain

付属品はビーム突撃銃、平手左手首、ビームトマホーク。

f:id:Capybara-tf:20190730205432j:plain

両シールド裏には計4つのビームマガジンが付いています。

可動範囲

f:id:Capybara-tf:20190730205552j:plain

腕は水平にまで上がり、肘は90度曲ります。シールドは2重関節になっていて可動を妨げない様に良く動きます。

f:id:Capybara-tf:20190730205851j:plain

腰の可動はほんのわずか回転する程度です。前後には動きません。

f:id:Capybara-tf:20190730210006j:plain

頭部は横に回転は出来ますが上下には殆ど動きません。

f:id:Capybara-tf:20190730210105j:plain

膝は90度曲らず、横へも余り動きません。

f:id:Capybara-tf:20190730210231j:plain

ブレイズウィザードは上下に動き、ミサイルポッド、スラスターカバーの展開が可能です。

合わせ目箇所

f:id:Capybara-tf:20190905232526j:plain
脚はすねに前後に合わせ目が出ます。太腿はモールドなので処理する必要はありません。

f:id:Capybara-tf:20190905232600j:plain
前腕に前後にも合わせ目が出ます。

f:id:Capybara-tf:20190905232627j:plain
胴体の上面から側面に掛けて、肩アーマー、上腕の側面に合わせ目あります。

f:id:Capybara-tf:20190905232653j:plainブレイズウィザードにも合わせ目があります。

大きさ比較

f:id:Capybara-tf:20190730225108j:plain

ブレイズザクファントムの設定全高は20m。RGガンダムと大きさはほぼ同じです。

ポージング

f:id:Capybara-tf:20190730225248j:plain

f:id:Capybara-tf:20190730225306j:plain

まとめ

合わせ目は他のキットによくみられる箇所に出るだけですし、色分けも良く出来ているのですが、腰から下の可動範囲の狭さが気になりました。スタンド使ったり、立たせているだけなら気にならないのですが、バリエーションの展開も見込めるキットだけにもう少し頑張ってほしかったです。設定画を良く再現しているだけに非常に惜しい出来のキットだと感じました。

最後までご覧頂きありがとうございました。

以上HGブレイズザクファントム(レイ・ザ・バレル専用機)素組みレビューでした。

スポンサーリンク