つみプラファクトリー

ガンプラを中心に購入、製作した模型とフィギュアの紹介をしています。

スポンサーリンク

1/100 ガンダムアストレイゴールドフレームアマツ レビュー

スポンサーリンク

f:id:Capybara-tf:20191116202446j:plain

1/100 SEED DESTINY-13 MBF-P01-Re2ガンダムアストレイゴールドフレームアマツ 3,800円(税別) 2006年7月発売

機動戦士ガンダム SEED DESTINY ASTRAYに登場するMS。ヘリオポリスで開発されていたMSアストレイの内の1機。失われた右腕にはブリッツガンダムの右腕が移植され、背部にはマガノイクタチが装備されています。パイロットはロンド・ギナ・サハク。

 

f:id:Capybara-tf:20191116204303j:plain

f:id:Capybara-tf:20191116204314j:plain

成型色はゴールドは金メッキ処理されており、黒はグロス処理されています。ブリッツガンダムの右腕と背部のマガノイクタチが特徴的です。各部の赤は付属シールを貼り付けています。

正面から一周

f:id:Capybara-tf:20191116204552j:plain

f:id:Capybara-tf:20191116204604j:plain

金メッキとグロス処理されている為素組みでも全身キラキラしています。

色分は成型色と付属シールで再現されており、塗装が必要な箇所は特にありません。

付属品

f:id:Capybara-tf:20191116205203j:plain

ホイルシール1枚、平手、リード線x2。

f:id:Capybara-tf:20191116205311j:plain

ガンダムアストレイゴールドフレーム用の一部パーツが余ります。

可動範囲

f:id:Capybara-tf:20191116205426j:plain

腕は水平にまで上がりますが、右腕は装備されたトリケロス改の重さで下がってしまいます。

f:id:Capybara-tf:20191116205552j:plain

肘は両腕共に90度以上曲がります。

f:id:Capybara-tf:20191116205627j:plain

f:id:Capybara-tf:20191116205640j:plain

頭部は余り動きなさそうなデザインをしてますが、上下左右に良く動きます。

f:id:Capybara-tf:20191116205728j:plain

腰は約90度回転します。前後にも可動しますが背部のマガノイクタチの重さで前に屈ませることは難しいです。

f:id:Capybara-tf:20191116205856j:plain

膝は180度近くにまで曲がります。

f:id:Capybara-tf:20191116205925j:plain

脚は太もも上部で外側に向ける事が出来ます。横へは余り広がりません。

f:id:Capybara-tf:20191116210003j:plain

トリケロス改のランサーダートは取り外し可能です。

f:id:Capybara-tf:20191116210059j:plain

左腕のツムハノタチは伸縮します。

f:id:Capybara-tf:20191116210157j:plain

マガノイクタチは展開可能です。

f:id:Capybara-tf:20191116210224j:plain

マガノシラホコは付属のリード線で射出状態にすることが出来ます(左写真)。マガノイクタチ前方に向ける事が出来ます(右写真)。

合わせ目箇所

f:id:Capybara-tf:20191116210434j:plain

上腕から前腕に掛けて合わせ目が出ます。

f:id:Capybara-tf:20191116210511j:plain

前腕側面、トリケロス改、右肩アーマーに合わせ目が出ます。

f:id:Capybara-tf:20191116210554j:plain

つま先、踵に合わせ目があります。

f:id:Capybara-tf:20191116210637j:plain

太ももの裏側に合わせ目があります。

f:id:Capybara-tf:20191116210701j:plain

マガノイクタチはモナカ割りのため側面に合わせ目が出ます。

大きさ比較

f:id:Capybara-tf:20191116222505j:plain

ガンダムアストレイゴールドフレームアマツの設定全高は17.99m。背負い物がある分MGシャア専用ザクVer2.0より大きく見えます。

ポージング

f:id:Capybara-tf:20191116222711j:plain

f:id:Capybara-tf:20191116222729j:plain

f:id:Capybara-tf:20191116222741j:plain

まとめ

殆ど塗装の必要がなく、所々にある合わせ目も成型色の影響で殆ど分かりません。成型色はメッキとグロス処理されており素組みでも十分な出来ばえになります。保持力が若干緩い箇所ありますが可動範囲も広く悪くありません。レッド・ブルーフレームと違いアマツはMGされていないのでプロポーションやディティール気にしない方は1/100でも十分な出来になっていると思います。

最後までご覧頂きありがとうございました。

以上1/100ガンダムアストレイゴールドフレームアマツレビューでした。

スポンサーリンク