つみプラファクトリー

ガンプラを中心に購入、製作した模型とフィギュアの紹介をしています。

スポンサーリンク

30MM アルト(陸戦仕様)[ブラウン] 素組みレビュー

スポンサーリンク

f:id:Capybara-tf:20200224164706j:plain

30 MINUTES MISSIONS 1/144 eEXM-17アルト(陸戦仕様)[ブラウン] 1,800円(税別) 2020年2月発売

30MMノーマルアルトに新規パーツが追加されたバリエーションキットとして発売されました。

 

f:id:Capybara-tf:20200224165035j:plain

f:id:Capybara-tf:20200224165047j:plain

バックパックに取り付けられている局地用ユニットが特徴的です。

正面から一周

f:id:Capybara-tf:20200224190441j:plain

f:id:Capybara-tf:20200224190454j:plain

ノーマルアルトとの違いは頭部、前腕アーマー、サイドアーマー、膝下、バックパックになります。ノーマルと比べ、下半身を中心にボリュームアップしています。

付属品

f:id:Capybara-tf:20200224202513j:plain

バズーカ、接続用パーツx2、ロイロイ。

f:id:Capybara-tf:20200224202750j:plain

マーキングシール。

f:id:Capybara-tf:20200224202808j:plain

ノーマルアルト用パーツ。

可動範囲

f:id:Capybara-tf:20200224190718j:plain

腕は上腕のロール軸で回転し、肘は90度曲ります。横へは水平以上にまで上がります。また、肩関節は少しですが前方に引き出すことが出来ます。

f:id:Capybara-tf:20200224190834j:plain

頭部は上下に大きく可動。

f:id:Capybara-tf:20200224190911j:plain

左右へは真横にまで向ける事が出来ます。

f:id:Capybara-tf:20200224190951j:plain

腰は360度回転可能です。

f:id:Capybara-tf:20200224191014j:plain

また、腰は左右にも動きます。

f:id:Capybara-tf:20200224191036j:plain

腰は前に屈ませることは出来ますが、後ろへは殆ど動きません。

f:id:Capybara-tf:20200224191122j:plain

太ももは90度近くにまで上がります。膝は180度近くにまで曲がります。

f:id:Capybara-tf:20200224191202j:plain

脚は太もも上部で内外側に向ける事が出来ます。横へは水平にまで広がります。

f:id:Capybara-tf:20200224191245j:plain

股関節の軸は前後に可動します。

f:id:Capybara-tf:20200224191313j:plain

足首は上下に可動。

f:id:Capybara-tf:20200224191331j:plain

また、足首は左右に大きく動きます。

f:id:Capybara-tf:20200224191406j:plain

バックパックの局地用移動ユニットは接続部で前後に可動します。

パーツの組み換え

f:id:Capybara-tf:20200224202959j:plain

f:id:Capybara-tf:20200224203112j:plain

前腕アーマーの接続パーツを取り外した局地移動ユニットに接続。

f:id:Capybara-tf:20200224203241j:plain

足裏に取り付ける事が出来ます。

f:id:Capybara-tf:20200224203401j:plain

かかと部分のジョイントに接続パーツを取り付け。

f:id:Capybara-tf:20200224203509j:plain

脚の後ろ側にユニットを取り付け。折りたたむ事も出来ます。

f:id:Capybara-tf:20200224203631j:plain

膝下のパーツを取り外します。

f:id:Capybara-tf:20200224203659j:plain

ユニットを膝下に取り付ければ、タンク形態になります。

f:id:Capybara-tf:20200224203758j:plain

バックパックを組み替えて上半身を取り付け。ザクタンクの様な形にも出来ます。

合わせ目箇所

f:id:Capybara-tf:20200224204009j:plain

前腕の一部に合わせ目があります。

f:id:Capybara-tf:20200224204037j:plain

頭部、胴体上面に合わせ目があります。

大きさ比較

f:id:Capybara-tf:20200224204130j:plain

アルト陸戦仕様は1/144スケール。RGガンダムとほぼ同じ大きさです。

f:id:Capybara-tf:20200224204215j:plain

ノーマルアルトと比べると各部ボリュームが増しているのが分かります。

ポージング

f:id:Capybara-tf:20200224204341j:plain

f:id:Capybara-tf:20200224204357j:plain

f:id:Capybara-tf:20200224204407j:plain

f:id:Capybara-tf:20200224204427j:plain

f:id:Capybara-tf:20200224204441j:plain

まとめ

他の30MMキット同様に可動範囲が広く、組み立てやすいです。組み替える事で色々な形にすることができ、複数揃えればさらに組み換えの幅が広がります。

余ったパーツは他の30MMキットに使用する事も出来るので、複数揃えても無駄にならないのが30MMシリーズの良い所ですね。

アルト、ポルタノヴァ以外の機体の発売も発表されているので今後の展開が楽しみです。

最後までご覧頂きありがとうございました。

以上30MMアルト(陸戦仕様)[ブラウン]素組みレビューでした。

スポンサーリンク