つみプラファクトリー

ガンプラを中心に購入、製作した模型の紹介をしています。

スポンサーリンク

SDX ファイナルフォーミュラー レビュー

f:id:Capybara-tf:20200313153524j:plain

プレミアムバンダイ限定 SDX ファイナルフォーミュラー 12,000円(税別) 2015年4月発売

SDコマンド戦記Ⅱに登場するキャラクター。キャプテンフォーミュラー91の光の心とフューラーコマンダーの闇の心が一つに重なり誕生した最強戦士。

パッケージ内

パッケージ内にはブリスターが3段重ねで収納されています。

f:id:Capybara-tf:20200313155902j:plain

1段目。エフェクトパーツと本体。

f:id:Capybara-tf:20200313155935j:plain

2段目と3段目。1・左右翼、2・尾、3・シャイニング・ソード、4・ダークネス・ソード、5・交換用手首x4、6・エフェクトパーツ支柱、7・交換用瞳パーツ。

f:id:Capybara-tf:20200313160033j:plain

取扱説明書1枚。

全体画像

f:id:Capybara-tf:20200312170450j:plain

f:id:Capybara-tf:20200312170622j:plain

f:id:Capybara-tf:20200312170523j:plain

f:id:Capybara-tf:20200312170559j:plain

f:id:Capybara-tf:20200312164227j:plain

f:id:Capybara-tf:20200312163219j:plain

全身フルメッキ、一部はクリアーパーツで構成されています。左右非対称のデザインが特徴的です。

メッキ欠け等もなく非常に綺麗です。全身メッキと言う事もあり豪華な仕上がりになっています。

可動範囲

f:id:Capybara-tf:20200312163925j:plain

腕は両腕共に水平にまで上がります。

f:id:Capybara-tf:20200312164132j:plain

また、両腕共に上腕のロール軸で回転し、肘は90度以上曲がります。

f:id:Capybara-tf:20200312164425j:plain

頭部は約45度左右に回ります。

f:id:Capybara-tf:20200312164522j:plain

腰は約45度回転します。前後左右への動きは有りません。

f:id:Capybara-tf:20200312164743j:plain

フロント・サイド・リアアーマーは上下に可動します。

f:id:Capybara-tf:20200312164824j:plain

脚は写真位にまで前後に可動します。

f:id:Capybara-tf:20200312164927j:plain

脚は内外側へはほぼ真横にまで向ける事が出来ます(左写真)。横へは右写真位にまで広がります。

f:id:Capybara-tf:20200312165025j:plain

背部の翼は、左右共に赤丸の部分で回転し、赤四角の部分で前後に動きます。

f:id:Capybara-tf:20200312165244j:plain

f:id:Capybara-tf:20200312165320j:plain

翼の先端は左右共に開閉し、内部にはシャイニング・ソード、ダークネス・ソードが収納されています。

f:id:Capybara-tf:20200312165446j:plain

尾の一番上側の背びれ部分は可動します。

f:id:Capybara-tf:20200312165544j:plain

尾は左右に可動します。

f:id:Capybara-tf:20200312165634j:plain

また、上下にも可動します。

f:id:Capybara-tf:20200312165709j:plain

胸部装甲は展開します。

f:id:Capybara-tf:20200312170122j:plain

支柱パーツを取り替える事でエフェクトパーツを取り付ける事が可能です。

f:id:Capybara-tf:20200312171211j:plain

エフェクトパーツは赤丸3ヶ所でそれぞれボールジョイント接続されています。

各部UP写真

f:id:Capybara-tf:20200313153652j:plain

f:id:Capybara-tf:20200313153731j:plain

f:id:Capybara-tf:20200312170658j:plain

f:id:Capybara-tf:20200312170712j:plain

f:id:Capybara-tf:20200312170721j:plain

f:id:Capybara-tf:20200312170753j:plain

f:id:Capybara-tf:20200312170805j:plain

f:id:Capybara-tf:20200312170845j:plain

f:id:Capybara-tf:20200312170909j:plain

f:id:Capybara-tf:20200312170900j:plain

f:id:Capybara-tf:20200312171038j:plain

f:id:Capybara-tf:20200312171056j:plain

各部に施されているディティールも細かく、塗り分けも良く綺麗です。

ポージング

f:id:Capybara-tf:20200313154019j:plain

f:id:Capybara-tf:20200313154138j:plain

f:id:Capybara-tf:20200313154458j:plain

f:id:Capybara-tf:20200313154845j:plain

f:id:Capybara-tf:20200313154947j:plain

まとめ

12,000円と高額ですが、全身メッキとクリアーパーツで構成されていて、それに見合った豪華さになっています。背面の翼と尾が大きくボリューム満点です。SD体型でありながら良く動きますし、ディティール、プロポーション共に良くカッコ良いです。

特に不満な点もなく非常に良い出来なのですが、敢えて挙げるならプレミアムバンダイ限定で今は手に入りにくい点、フルメッキの為メッキ欠け等取扱いに注意が必要な点くらいでしょうか。

プレミアム バンダイ

最後までご覧頂きありがとうございました。

以上SDXファイナルフォーミュラーレビューでした。

METAL BUILD クロスボーンガンダムX-2 レビュー

パッケージ

f:id:Capybara-tf:20191126182326j:plain

f:id:Capybara-tf:20191126182342j:plain

プレミアムバンダイ限定 METAL BUILD XM-X2クロスボーンガンダムX-2 24,000円(税別)

2019年11月発売

機動戦士クロスボーンガンダムに登場するMS。パイロットはザビーネ・シャル。

一般販売されたクロスボーンガンダムX-1のバリエーションになります。X-1から頭部の造形とカラーリングが変更されており、追加装備としてショットランサー、バスターランチャーが付属します。

箱の中には発泡スチロール製箱1つ、ブリスター4枚が納められています。

f:id:Capybara-tf:20191126183920j:plain

発泡スチロールの箱には本体、ブランドマーカーx2、スタンド用パーツが収納されています。

f:id:Capybara-tf:20191126183905j:plain

1チェーンx2、2ビームザンバー刃x2、3ビームシールドx2、4ヒートダガーx2、5ビームサーベル刃x2、6ビームサーベル柄x2、7ブランドマーカー刃x2、8交換用手首x9、9ビームザンバー、10非変形頭部、11弾頭、12バスターガン、13コアファイター。

f:id:Capybara-tf:20191126184355j:plain

左側ABCマント、右側専用スタンド。

f:id:Capybara-tf:20191126184434j:plain

上側にショットランサー、下側にバスターランチャー。

全体画像

f:id:Capybara-tf:20191126184608j:plain

f:id:Capybara-tf:20191126184622j:plain

f:id:Capybara-tf:20191126184640j:plain

f:id:Capybara-tf:20191126184653j:plain

胴体の胸や腰回りはつや消しで塗装されており、それ以外の箇所は光沢、メタリック塗装が施されています。本体のカラーは黒ではなくダークパープルで塗装されており各部のゴールドとマッチしておりカッコイイです。

各部UP写真

f:id:Capybara-tf:20191126185807j:plain

左写真非フェイスオープン、右写真フェイスオープン。

f:id:Capybara-tf:20191126185910j:plain

f:id:Capybara-tf:20191126185941j:plain

f:id:Capybara-tf:20191126185957j:plain

f:id:Capybara-tf:20191126190009j:plain

f:id:Capybara-tf:20191126190028j:plain

f:id:Capybara-tf:20191126190040j:plain

f:id:Capybara-tf:20191126190053j:plain

f:id:Capybara-tf:20191126190121j:plain

f:id:Capybara-tf:20191126190142j:plain

f:id:Capybara-tf:20191126190206j:plain

f:id:Capybara-tf:20191126190219j:plain

f:id:Capybara-tf:20191126190234j:plain

各部塗装、マーキング共にムラ、はみ出し等なく非常に綺麗に仕上がっています。

可動範囲

可動範囲はMETAL BUILDクロスボーンガンダムX-1と変わりませんので省略させてもらいます。詳しくはこちらをご覧ください。
www.tsumipla-factory.com

コアファイター、ショットランサー、バスターランチャー

f:id:Capybara-tf:20191126190616j:plain

f:id:Capybara-tf:20191126190629j:plain

コアファイターはX-1の物とカラーリング以外の変更点はありません。本体と同じくダークパープルとゴールドで塗装されています。

f:id:Capybara-tf:20191126190758j:plain

f:id:Capybara-tf:20191126190810j:plain

f:id:Capybara-tf:20191126190826j:plain

ショットランサーは伸縮し、先端は取り外すことが出来ます。付属のスタンドパーツ使えばショットランサーの射出状態を再現できます。

f:id:Capybara-tf:20191126191006j:plain

f:id:Capybara-tf:20191126191020j:plain

f:id:Capybara-tf:20191126191033j:plain

バスターランチャーは赤い矢印の方向に各部が可動します。

f:id:Capybara-tf:20191126191129j:plain

また、折りたたむことも出来ます。ロック機構があるので折りたたんだ状態から勝手に広がる事はありません。

ポージング

f:id:Capybara-tf:20191126191350j:plain

f:id:Capybara-tf:20191126191402j:plain

f:id:Capybara-tf:20191126191415j:plain

f:id:Capybara-tf:20191126191429j:plain

f:id:Capybara-tf:20191126191516j:plain

f:id:Capybara-tf:20191126191440j:plain

f:id:Capybara-tf:20191126191452j:plain

まとめ

X-1同様にABCマントの可動が難点ですが、それ以外の箇所は不満な点はなく良く出来ています。若干関節が固すぎて動かしずらい所がありますが、各武器を持たせる際に下がって来ることなくしっかりと保持してくれます。カラーリングも黒系統の色と各部のゴールドが良く合っていてカッコ良く仕上がっています。X-1、X-2と来たのでX-3やX-0の発売にも期待したいです。

プレミアム バンダイ

最後までご覧頂きありがとうございました。

以上METAL BUILDクロスボーンガンダムX-2レビューでした。

METAL ROBOT魂 Hi-νガンダム専用ハイパーメガバズーカランチャー レビュー

パッケージ

f:id:Capybara-tf:20191123183257j:plain

f:id:Capybara-tf:20191123183311j:plain

プレミアムバンダイ限定 METAL ROBOT魂 Hi-νガンダム専用ハイパーメガバズーカランチャー 7,000円(税別) 2019年11月発売

METAL ROBOT魂Hi-νガンダム用ハイパーメガバズーカランチャーとフィンファンネルエフェクトパーツがセットになった商品です。箱の中にはブリスター1枚が納められています。

f:id:Capybara-tf:20191123184026j:plain

1ハイパーメガバズーカランチャー、2エネルギーケーブル、3スタンド、4スタンド用パーツ、5フィンファンネルエフェクトパーツ、6フィンファンネル接続パーツ。スタンドの下側にフィンファンネル接続用の支柱が収納されています。

f:id:Capybara-tf:20191123184310j:plain

取扱説明書。

ハイパーメガバズーカランチャー

f:id:Capybara-tf:20191123184340j:plain

f:id:Capybara-tf:20191123184352j:plain

ハイパーメガバズーカランチャーは単独でスタンドに展示する事が出来ます。一部パーツにはダイキャスト素材が使用されており各マーキングは印刷済みです。また、全パーツ塗装が施されています。

f:id:Capybara-tf:20191123184637j:plain

エネルギーケーブルは本体とスタンドに接続できます。

f:id:Capybara-tf:20191123184726j:plain

f:id:Capybara-tf:20191123184803j:plain

赤丸の箇所で可動し、カートリッジは取り外し可能です。

f:id:Capybara-tf:20191123185204j:plain

ハイパーメガバズーカランチャーの全長は約31㎝。Hi-νガンダムと比べると大きさが際立ちます。

以下各部UP画像幾つか。

f:id:Capybara-tf:20191123184950j:plain

f:id:Capybara-tf:20191123185001j:plain

f:id:Capybara-tf:20191123185012j:plain

f:id:Capybara-tf:20191123185024j:plain

フィンファンネルエフェクトパーツ

f:id:Capybara-tf:20191123185323j:plain

エフェクトパーツは赤丸の2ヶ所で固定する形で取り付けます。

f:id:Capybara-tf:20191123185425j:plain

接続パーツはバックパック下部に取り付け。ボールジョイント接続になっており赤丸の箇所で可動します。

f:id:Capybara-tf:20191123185558j:plain

フィンファンネル側もボールジョイント接続になっており赤丸の箇所で可動します。

ポージング

f:id:Capybara-tf:20191123195144j:plain

f:id:Capybara-tf:20191123195225j:plain

プロペラントタンクを支えにすれば自立可能です。

f:id:Capybara-tf:20191123195332j:plain

f:id:Capybara-tf:20191123195347j:plain

関節シッカリしているので下がって来ることもなくハイパーメガバズーカランチャーを持たせることが出来ます。

f:id:Capybara-tf:20191123195518j:plain

f:id:Capybara-tf:20191123195535j:plain

ハイパーメガバズーカランチャーはスタンドのサブアームで支える事も出来ます。

f:id:Capybara-tf:20191123195700j:plain

f:id:Capybara-tf:20191123195715j:plain

f:id:Capybara-tf:20191123195733j:plain

f:id:Capybara-tf:20191123195750j:plain

f:id:Capybara-tf:20191123195806j:plain

f:id:Capybara-tf:20191123195823j:plain

f:id:Capybara-tf:20191123195839j:plain

まとめ

全長約31cmあるためかなりのボリュームになっています。Hi-νガンダムの関節にはダイキャストが使用されている為持たせても下がって来ることもないです(長期間展示する際には念のためサブスタンド使用した方が良いかと思います)。初めは購入するか悩んだのですがフィンファネルのエフェクトパーツと合わせると非常にカッコ良く買って良かったです。

METAL ROBOT魂Hi-νガンダムのレビューはこちらになります。
www.tsumipla-factory.com

プレミアム バンダイ最後までご覧頂きありがとうございました。

以上METAL ROBOT魂Hi-νガンダム専用ハイパーメガバズーカランチャーレビューでした。

METAL BUILD ガンダムF91 レビュー

パッケージ

f:id:Capybara-tf:20191110144923j:plain

METAL BUILD ガンダムF91 19,000円(税別) 2017年3月発売

機動戦士ガンダムF91に登場するMS。地球連邦軍のMS小型化要請に伴いサナリィが開発したMS。パイロットはシーブック・アノー。

箱の中には発泡スチロール製の収納箱1つ、ブリスター2つが納まっています。

f:id:Capybara-tf:20191110184503j:plain

発泡スチロール製の箱には本体、ビーム発生器x2、頭部アンテナx2、バックパック、スタンドパーツが収納されています。

f:id:Capybara-tf:20191110184609j:plain

ブリスターは2段重ねで収納されています。

1ビームサーベル刃x2、2ビームランチャー、3ビームライフル、4ヴェスバーx2、5ビームシールド、6交換用手首x8、7非変形頭部、8ビームサーベル柄x2、9スタンド。

f:id:Capybara-tf:20191110184854j:plain

残りは取扱説明書。

全体画像

f:id:Capybara-tf:20191110185126j:plain

f:id:Capybara-tf:20191110185138j:plain

f:id:Capybara-tf:20191110185156j:plain

f:id:Capybara-tf:20191110185209j:plain

胸部ダクトにはエッチングパーツが使用されており、全パーツ光沢仕上げになっています。塗装、マークング共に問題なく綺麗に仕上がっています。

各部UP写真

f:id:Capybara-tf:20191110185450j:plain

f:id:Capybara-tf:20191110185502j:plain

f:id:Capybara-tf:20191110185519j:plain

f:id:Capybara-tf:20191110185536j:plain

f:id:Capybara-tf:20191110185653j:plain

f:id:Capybara-tf:20191110185713j:plain

f:id:Capybara-tf:20191110185726j:plain

f:id:Capybara-tf:20191110185746j:plain

f:id:Capybara-tf:20191110185759j:plain

f:id:Capybara-tf:20191110185815j:plain

f:id:Capybara-tf:20191110185828j:plain

可動範囲

f:id:Capybara-tf:20191110185851j:plain

肘は180度近くにまで曲がり、横へは水平にまで上がります(左写真)。また、肩アーマー全面は前方に可動し、前腕に可動部があり回転します(右写真)。

f:id:Capybara-tf:20191110190017j:plain

頭部は上下に可動。

f:id:Capybara-tf:20191110190042j:plain

左右へは襟部分が干渉しますが写真位にまで回転します。

f:id:Capybara-tf:20191110190208j:plain

頭頂部の赤丸部分がスイッチになっておりフェイスオープン状態にすることが出来ます。

f:id:Capybara-tf:20191110190327j:plain

腰は90度回転します。

f:id:Capybara-tf:20191110190401j:plain

また、腰は前後にも可動します。

f:id:Capybara-tf:20191110190432j:plain

膝は180度曲り、膝の可動と連動して膝アーマー・ふくらはぎのフィンユニットが可動します。フロント・サイドアーマーだけでなくリアアーマーも上下に可動します。

f:id:Capybara-tf:20191110190618j:plain

つま先・足首・アンクルアーマーは上下に可動します。

f:id:Capybara-tf:20191110190653j:plain

脚は太もも上部で外側に向ける事が出来き、横へは水平近くにまで広がります。

f:id:Capybara-tf:20191110190746j:plain

f:id:Capybara-tf:20191110190804j:plain

左サイドアーマーは引き出すことができ回転します。また、ビームサーベルを収納可能です。

f:id:Capybara-tf:20191110190955j:plain

右サイドアーマーにはビーム発生器を収納可能。ふくらはぎのフィンユニットは上下に可動します。

f:id:Capybara-tf:20191110191150j:plain

肩部放熱フィンは肩上部のパーツをスライドさせ、フィンを引き出すことで展開できます。

f:id:Capybara-tf:20191110191327j:plain

リアアーマーのウエポンラックは展開しビームランチャー、ビームライフルを取り付ける事が出来ます。

f:id:Capybara-tf:20191110191448j:plain

ヴェスバーは砲身が伸縮します。

f:id:Capybara-tf:20191110191611j:plain

左腕のビーム発生器は差し替えでビームシールドを取り付ける事が出来ます。

ポージング

f:id:Capybara-tf:20191110200616j:plain

f:id:Capybara-tf:20191110200628j:plain

f:id:Capybara-tf:20191110200642j:plain

f:id:Capybara-tf:20191110200655j:plain

f:id:Capybara-tf:20191110200714j:plain

f:id:Capybara-tf:20191110200737j:plain

f:id:Capybara-tf:20191110200754j:plain

まとめ

METAL BUILD F91は初めて一部外装パーツでポリカーボネートが使用されておりどうなるのか心配だったのですが、全パーツ光沢処理が施され綺麗でいらぬ心配でした。胸部にはエッチングパーツが使用されており精密感が凄く内部が良く再現されています。各関節の保持力も問題なく、可動箇所も多く、各部にギミックが仕込まれており非常に良く出来ています。各部に施されたMETAL BUILD用のアレンジも似合っていてカッコ良いです。METAL BUILDシリーズでは初めての宇宙世紀MSという事もありこれを機に他の宇宙世紀MSの発売にも期待したいです。

最後までご覧頂きありがとうございました。

以上METAL BUILDガンダムF91レビューでした。

METAL BUILD クロスボーン・ガンダムX1 レビュー

パッケージ

f:id:Capybara-tf:20191104153812j:plain

METAL BUILD XM-X1クロスボーン・ガンダムX1 22,000円(税別) 2019年1月発売

機動戦士クロスボーン・ガンダムに登場するMS。X1はサナリィが開発したMSで形式番号はF97であるが開発元を偽装するためXM-X1とされている。パイロットはキンケドゥ・ナウ(シーブック・アノー)

箱の中には発泡スチロール製箱1つ、ブリスター3枚が納まっています。

f:id:Capybara-tf:20191104155310j:plain

発泡スチロール製の箱には本体、ブランド・マーカーx2、ジョイントパーツが収納されています。

f:id:Capybara-tf:20191104155432j:plain

1段目のブリスター。1チェーンx2、2ビームザンバー刃x2、3ビームシールドx2、4交換用手首x9、5ビームザンバー、6非変形頭部、7ビリー、8弾頭、9バスターガン、10コア・ファイター、11ヒートダガー刃x2、12ビームサーベル刃x2、13ビームサーベル柄x2、14ブランド・マーカーエフェクトx2。

f:id:Capybara-tf:20191104160120j:plain

2段目のブリスター。ABCマント、ABSマント用各パーツ。

f:id:Capybara-tf:20191104160221j:plain

3段目のブリスター。専用スタンド。

f:id:Capybara-tf:20191104160251j:plain

残りは取扱説明書1枚。

全体画像

f:id:Capybara-tf:20191104160444j:plain

f:id:Capybara-tf:20191104160516j:plain

f:id:Capybara-tf:20191104160538j:plain

各部イエロー部分はゴールドで塗装されています。各所にメタリック塗装が施されており、ダイキャスト素材が使用されている為、重厚感があります。

各部UP写真

f:id:Capybara-tf:20191104161121j:plain

f:id:Capybara-tf:20191104161135j:plain

f:id:Capybara-tf:20191104161146j:plain

f:id:Capybara-tf:20191104161200j:plain

f:id:Capybara-tf:20191104161225j:plain

f:id:Capybara-tf:20191104161251j:plain

f:id:Capybara-tf:20191104161313j:plain

f:id:Capybara-tf:20191104161329j:plain

f:id:Capybara-tf:20191104161349j:plain

塗装のムラやはみ出し等もなく綺麗です。流石METAL BUILDシリーズという出来です。

可動範囲

f:id:Capybara-tf:20191104161539j:plain

肘は180度近く曲り、横へは水平以上にまで上がります。また、上腕だけでなく前腕にも可動域があり回転させることが出来ます。

f:id:Capybara-tf:20191104174308j:plain

肩アーマー前部は前に可動します。

f:id:Capybara-tf:20191104174350j:plain

肩関節は引き出して前後に可動(左写真)。肩アーマーは上に引き上げる事が出来ます(右写真)。

f:id:Capybara-tf:20191104174518j:plain

f:id:Capybara-tf:20191104174536j:plain

頭部は上下左右に可動します。

f:id:Capybara-tf:20191104174642j:plain

腰は右写真位にまで回転します。

f:id:Capybara-tf:20191104174741j:plain

また腰は前後にも可動します。

f:id:Capybara-tf:20191104174808j:plain

膝は約180度曲ります。横へは右写真位にまで広がります。サイドアーマーに干渉するため水平にまでは広がりません。

f:id:Capybara-tf:20191104174920j:plain

足、つま先、アンクルアーマーは上下に可動します。

f:id:Capybara-tf:20191104175047j:plain

ヒートダガーは足の裏に取り付ける事が出来ます。

f:id:Capybara-tf:20191104175150j:plain

ふくらはぎにあるヒートダガーの柄は取り外し手に持たせることが出来ます。

f:id:Capybara-tf:20191104175253j:plain

フロントアーマーは取り外してチェーンを取り付ければシザー・アンカーになります。

f:id:Capybara-tf:20191104175502j:plain

ブランド・マーカーは展開可能です。

f:id:Capybara-tf:20191104175538j:plain

頭部は真ん中の写真の赤丸部分を引き上げる事でフェイスオープン状態にすることが出来ます。

f:id:Capybara-tf:20191104175656j:plain

背面の各スラスタ―は左写真の赤丸部分で可動します。

f:id:Capybara-tf:20191104175822j:plain

サイドアーマーは丸部分を回転させることで武器取り付け用の穴が出てきます。

f:id:Capybara-tf:20191104175943j:plain

ビームザンバーとバスターガンは合体しザンバスターになります。

f:id:Capybara-tf:20191104180124j:plain

鳥型偵察兵器メカビリーが付属します。ビリーは羽、足、尾が可動します。ジョイントパーツ使用で肩に乗せることも出来ます。

f:id:Capybara-tf:20191104180407j:plain

フェイスオープンしない非変形の頭部が付属します。非変形頭部には右目にバイザーが装着された角になっており取り外し変形頭部に取り付ける事も出来ます。

コア・ファイター

f:id:Capybara-tf:20191104180733j:plain

専用パーツ使用でコア・ファイター状態で展示する事もできます。

f:id:Capybara-tf:20191104180840j:plain

折りたたまれた各スラスターは赤丸部分を噛み合わせて固定します。

f:id:Capybara-tf:20191104181117j:plain

f:id:Capybara-tf:20191104181256j:plain

機首を折りたたみ本体とドッキング。

f:id:Capybara-tf:20191104181335j:plain

取り付け完了です。

ABCマント

f:id:Capybara-tf:20191104181513j:plain

ABCマントの取り付けには胸パーツを取り外し両肩にジョイントパーツを取り付け背部スラスターを折りたたみ下に向けます(真ん中写真)。上からマントを被せ両肩に接続パーツを被せて取り付け完了です(右写真)。

f:id:Capybara-tf:20191104201347j:plain

f:id:Capybara-tf:20191104181710j:plain

ABCマントは赤丸部分がボールジョイントで接続されており可動します。ボールジョイントが外れやすく稼働させる際には手で押さえながら動かす必要があります。結構良く外れるので動かす際苦労します。

ポージング

f:id:Capybara-tf:20191104191308j:plain

f:id:Capybara-tf:20191104191323j:plain

f:id:Capybara-tf:20191104191341j:plain

f:id:Capybara-tf:20191104191355j:plain

まとめ

塗装、各マーキング共に綺麗で問題なしです。各関節もシッカリと保持できる強度になっていて可動範囲も広くこちらも問題の無い出来になっています。METAL BUILDシリーズという事もあり完成度は高いです。

難点はABCマントになります。ABCマントの布にマウントパーツを取り付けて行くのですがパーツが小さく全て取り付けるのに苦労しました(取り付けだけで約20分ほど係りました)。また、個体差かもしれませんが、前部の可動マウントパーツは少し動かしただけで外れるので結構ストレスが溜まりました。正直布を被せるだけでも良かったのではと思いました。

本体のデザインは結構アレンジが施されていますが上手くまとまっていて非常にカッコ良いです。X2の発売は決定していますが、改・X0・X3等のバリエーションの発売にも期待したいです。

最後までご覧頂きありがとうございました。

以上METAL BUILDクロスボーン・ガンダムX1レビューでした。

METAL ROBOT魂 Hi-νガンダム~ベルトーチカ・チルドレン~ レビュー

パッケージ

f:id:Capybara-tf:20191028174348j:plain

f:id:Capybara-tf:20191028174819j:plain

プレミアム バンダイ

プレミアムバンダイ限定 METAL ROBOT魂 Hi-νガンダム 11,000円(税別) 2019年10月発売

機動戦士ガンダム逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレンに登場するMS。

一般販売版のHi-νガンダムから頭部、胸部、肩、前腕、フロントアーマーが新たに作り直されています。

パッケージの中には3つのブリスターが納められています。

f:id:Capybara-tf:20191028175741j:plain

1バックパック、2プロペラタンク、3交換用手首x8、4シールド、5ビームライフル、6ニューハイパーバズーカ、7交換用スラビライザー、8ビームサーベル柄x2、9ビームサーベル刃 長x2・短x2

f:id:Capybara-tf:20191028180154j:plain

スタンド、フィンファンネルが納まったブリスター2つが1段目の裏側に納まっています。

f:id:Capybara-tf:20191028180401j:plain

残りは取扱説明書。

全体像

f:id:Capybara-tf:20191028180331j:plain

f:id:Capybara-tf:20191028180344j:plain

バックパックのフィンファンネル、プロペラタンク等が重たく後ろに倒れてしまいます。プロペラタンクを支えにすれば自立させることは可能です。

正面から一周

f:id:Capybara-tf:20191028183250j:plain

f:id:Capybara-tf:20191028183304j:plain

各パーツは塗装が施されており、マーキングは印刷されています。フレームにダイキャスト素材が使用されており手に持つとズッシリとしています。

各部UP写真

f:id:Capybara-tf:20191028183643j:plain

f:id:Capybara-tf:20191028183658j:plain

f:id:Capybara-tf:20191028183711j:plain

f:id:Capybara-tf:20191028183725j:plain

f:id:Capybara-tf:20191028183743j:plain

f:id:Capybara-tf:20191028183755j:plain

f:id:Capybara-tf:20191028183811j:plain

個体差かも知れませんが脚の塗装の一部に若干はみ出した箇所がありました。それ以外は綺麗に塗装が施されており問題ありません。

可動範囲

f:id:Capybara-tf:20191028184150j:plain

肘は90度曲り、横へは水平近くにまで上がります。肩関節は引き出すことが出来ます。

f:id:Capybara-tf:20191028184245j:plain

頭部は上下に大きく可動します。

f:id:Capybara-tf:20191028184314j:plain

横へは襟部分に干渉します。真横に向けることも出来ますが擦れる事による塗装剥げに注意が必要です。

f:id:Capybara-tf:20191028184528j:plain

腰は約45度回転します。

f:id:Capybara-tf:20191028184553j:plain

また、腰は前後にも可動します。

f:id:Capybara-tf:20191028184628j:plain

膝は二重関節になっており180度近くにまで曲がります。横へは水平にまで広がります。フロント・サイド・リアアーマーは上下に可動します。

f:id:Capybara-tf:20191028184755j:plain

ファンネルコンテナは可動箇所が3ヶ所あり上下左右の可動します。

f:id:Capybara-tf:20191028184934j:plain

プロペラタンクはボールジョイントによる接続で上下左右に可動します。

f:id:Capybara-tf:20191028185024j:plain

フィンファンネルは接続部で左右に可動します。

f:id:Capybara-tf:20191028185108j:plain

また、フィンファンネルは取り外しが可能です。

f:id:Capybara-tf:20191028185135j:plain

ファンネルコンテナのビームサーベルラックは開閉しビームサーベルの収納が可能です。

f:id:Capybara-tf:20191028185237j:plain

バックパックのスタビライザーは2種類付属し好きな方を選択して取り付ける事が出来ます。

f:id:Capybara-tf:20191028185828j:plain

ビームサーベルは両刃にする事も出来ます。

大きさ比較

f:id:Capybara-tf:20191028185425j:plain

Hi-νガンダムの設定全高は20m。RGガンダムと比べると2回り程大きいです。

ポージング

f:id:Capybara-tf:20191028185641j:plain

f:id:Capybara-tf:20191028185653j:plain

f:id:Capybara-tf:20191028185704j:plain

f:id:Capybara-tf:20191028185718j:plain

f:id:Capybara-tf:20191028185741j:plain

f:id:Capybara-tf:20191028185756j:plain

f:id:Capybara-tf:20191028185808j:plain

まとめ

フレームにダイキャスト素材が使用されている為、重量感があり各関節もしっかりとしています。ポーズ付ける際にも下がってくるという事もありません。塗装は少し気になる箇所がありましたが許容できる範囲ですし、各部にメタリック塗装も施されており満足できる内容になっています。プロポーションも良く新規造形箇所の出来も非常によくて(特に頭部)カッコ良く仕上がっております。Hi-νガンダム完成品としては決定版と言ってもいいかと思います。

METAL ROBOT魂Hi-νガンダム専用ハイパーメガバズーカランチャーのレビューはこちらになります。
www.tsumipla-factory.com

最後までご覧頂きありがとうございました。

以上METAL ROBOT魂Hi-νガンダムレビューでした。

ROBOT魂 ナイチンゲール(重塗装仕様) レビュー

パッケージ

f:id:Capybara-tf:20191024185037j:plain

f:id:Capybara-tf:20191024185052j:plain

プレミアム バンダイ

プレミアムバンダイ限定 ROBOT魂 MSN-04Ⅱナイチンゲール(重塗装仕様) 22,000円(税別) 2019年2月発売

機動戦士ガンダム逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレンに登場するMS。シャア・アズナブルの搭乗を前提にネオ・ジオン軍が開発したニュータイプ専用MS。ナイチンゲールとは死を告げる鳥の伝承があるサヨナキドリと呼ばれる鳥の名。

f:id:Capybara-tf:20191024190725j:plain

RGガンダムと比べて。大型MSという事もありかなり大きい箱に納まっています。

f:id:Capybara-tf:20191024190908j:plain

ブリスターは3段重ねで納められています。一番上には本体とプロペラタンクx3。

本体は分割されることなく丸ごと納まっています。

f:id:Capybara-tf:20191024191032j:plain

2段目。1ビームサーベルx4、2ビームアックス刃、3シールド、4ビームアックス刃x2、5ビームライフル、6スタンドパーツ、7ビームアックス柄x2、8交換用手首x7。

f:id:Capybara-tf:20191024191306j:plain

3段目。展示用スタンド、ファンネルx10。

全体像

f:id:Capybara-tf:20191024191423j:plain

f:id:Capybara-tf:20191024191438j:plain

前後に長く平べったいフォルムが良く再現されています。

本来腹部メガ粒子砲のハッチはしまっているのが正しいのですが、閉め忘れていて開いた状態になっています。これ以降の写真も誤って開いた状態のままになってしまっていますがご了承お願いしますm(__)m。

正面から一周

f:id:Capybara-tf:20191024202712j:plain

f:id:Capybara-tf:20191024202736j:plain

f:id:Capybara-tf:20191024202920j:plain

f:id:Capybara-tf:20191024202935j:plain

通常のROBOT魂と違い各パーツに塗装が施されています。また足首や股関節等負荷の係る場所にはダイキャストパーツが用いられています。

各部UP写真

f:id:Capybara-tf:20191024203733j:plain

f:id:Capybara-tf:20191024203811j:plain

f:id:Capybara-tf:20191024203829j:plain

f:id:Capybara-tf:20191024203854j:plain

f:id:Capybara-tf:20191024203910j:plain

f:id:Capybara-tf:20191024203933j:plain

f:id:Capybara-tf:20191024203959j:plain

f:id:Capybara-tf:20191024204016j:plain

f:id:Capybara-tf:20191024204032j:plain

f:id:Capybara-tf:20191024204047j:plain

可動範囲

f:id:Capybara-tf:20191024204109j:plain

肘は90度以上曲がり、横へは水平にまで上がります。

f:id:Capybara-tf:20191024204220j:plain

腰は約45度回転可能です。前後にも若干ですが可動します。

f:id:Capybara-tf:20191024204321j:plain

頭部を取り外すことでモノアイを稼働させることが出来ます。

頭部は上下には殆ど動きませんが、左右への回転可能です。

f:id:Capybara-tf:20191024204451j:plain

サイドアーマーは上下に可動します。

f:id:Capybara-tf:20191024204521j:plain

フロントアーマーは上下に可動。

f:id:Capybara-tf:20191024204545j:plain

また左写真の様に縦に向ける事が出来ます。

f:id:Capybara-tf:20191024204703j:plain

縦に向けた状態からアーマー裏の隠し腕をスライドして引き出すことで隠し腕を展開できます。

f:id:Capybara-tf:20191024204813j:plain

脚は太もも部の関節で外側に向ける事が出来ます。

f:id:Capybara-tf:20191024204848j:plain

すねアーマー、つま先・両サイドの爪は可動します。

f:id:Capybara-tf:20191024204946j:plain

膝は90度曲りますが裾部分がリアアーマースカートに当たる為大きく動かす時は擦れ等注意が必要です。

f:id:Capybara-tf:20191024205134j:plain

ファンネルコンテナ、プロペラタンク、バーニアは上下左右に可動します。

高速移動モード

f:id:Capybara-tf:20191024205408j:plain

プロペラタンクを中央に寄せファンネルコンテナを後ろ向きに。

f:id:Capybara-tf:20191024205457j:plain

ファンネルコンテナを折りたたみます。つま先・両サイドの爪を曲げ脚を後方に向ければ完成です。

f:id:Capybara-tf:20191024205646j:plain

f:id:Capybara-tf:20191024205703j:plain

大きさ比較

f:id:Capybara-tf:20191024205800j:plain

ナイチンゲールの設定全高は22.5m。横幅、前後のボリュームがある為かなり大きいです。

ポージング

f:id:Capybara-tf:20191024210244j:plain

f:id:Capybara-tf:20191024210302j:plain

f:id:Capybara-tf:20191024210313j:plain

f:id:Capybara-tf:20191024210330j:plain

まとめ

RE/100シリーズのナイチンゲールの様な腰高な体型ではなく設定画に近い全高の低い形になっておりカッコイイです。デザイン状余り動きなさそうに見えますが、可動箇所が多く良く動きます。反面、各部のパーツが擦れる事により色移りする可能性が高いので注意が必要です(自分はリアアーマー内のプロペラタンクに赤いラインが出来てしまいました)。後、個体差かもしれませんが肩関節が緩くビームライフルを持たせると下がって来てしまう点が気になりました。

値段は高いですが、圧倒的なボリュームと存在感でそれだけの価値はあるかと思います。

最後までご覧頂きありがとうございました。

以上ROBOT魂ナイチンゲール(重塗装仕様)レビューでした。

NXEDGE STYLE ゴーストガンダム レビュー

パッケージ

f:id:Capybara-tf:20190929182610j:plain

プレミアムバンダイ限定 NXEDGE STYLE XM-XXゴーストガンダム 4,000円(税別) 2018年5月発売

機動戦士クロスボーンガンダムゴーストに登場するMS。宇宙海賊クロスボーン・バンガードの試作型MS。サウザント・カスタムの1機であるファントムの改修機。

f:id:Capybara-tf:20190929183421j:plainブリスターには本体、バックパック、交換用手首x2、ツインアイ、フェイスオープンパーツ、クジャク、ファントムライトエフェクトパーツが納められています。ブリスターの裏側に袋に入った形でスタンド、フレイムソード、ファントムライトエフェクトパーツが入っています。

f:id:Capybara-tf:20190929183832j:plain

残りは取扱説明書1枚。

全体写真

f:id:Capybara-tf:20190929183921j:plain

f:id:Capybara-tf:20190929184001j:plain

f:id:Capybara-tf:20190929184014j:plain全身のシルバーはメタリック塗装で再現されています。

細部写真

f:id:Capybara-tf:20190929184328j:plain左右非対称のカメラアイが特徴的です。

f:id:Capybara-tf:20190929184410j:plain

f:id:Capybara-tf:20190929184429j:plain個体差化もしれませんが赤の塗装は一部むらやはみ出しがみられます。シルバーの塗装は綺麗です。

可動範囲

f:id:Capybara-tf:20190929184712j:plain肘は90度以上曲がり、横へは水平にまで上がります。また、肩関節は前方に引き出すことが出来ます。

f:id:Capybara-tf:20190929200818j:plain

f:id:Capybara-tf:20190929201011j:plain首は上下左右良く動きます。

f:id:Capybara-tf:20190929201042j:plain腰は360度回転可能です。前後には動きません。

f:id:Capybara-tf:20190929201116j:plain膝は90度以上曲がり、横へは写真位にまで開きます。

f:id:Capybara-tf:20190929201319j:plainバックパックのバインダーは上下左右に稼働しますがボールジョイント接続の為大きく動かすと外れやすいです。

f:id:Capybara-tf:20190929201637j:plainカメラアイは通常のツインアイに交換が可能です。

ファントムライト

f:id:Capybara-tf:20190929201859j:plain

f:id:Capybara-tf:20190929202401j:plain

f:id:Capybara-tf:20190929202416j:plainエフェクトパーツ付けた状態だと自立は難しいためスタンド展示状態になっています。

ポージング

f:id:Capybara-tf:20190929202557j:plain

f:id:Capybara-tf:20190929202611j:plain

f:id:Capybara-tf:20190929202627j:plain

f:id:Capybara-tf:20190929202645j:plain

f:id:Capybara-tf:20190929202659j:plain

f:id:Capybara-tf:20190929202713j:plain

まとめ

元となったファントムガンダム同様に小さいながら可動範囲が大きく色々なポーズをとらせることが出来ます。若干赤の塗装がイマイチな所がありますが、シルバーの塗装は綺麗でクリアーのエフェクトパーツとも合いカッコイイです。ファントムガンダム同様に各関節の緩さは気になるのでパーマネントマットバーニッシュ等を使って補強した方が良いかと思います。唯一と言っていいゴーストガンダムの立体物ですし、トータルで見ると満足度は高く購入して良かったと思える出来です。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

以上NXEDGE STYLEゴーストガンダムレビューでした。

ROBOT魂 Ka signature ディジェ レビュー

プレミアム バンダイ

パッケージ

f:id:Capybara-tf:20190909200615j:plainプレミアムバンダイ限定 ROBOT魂 Ka signature ディジェ 11,000円 2017年2月発売

機動戦士Zガンダムに登場するMS。エゥーゴが残していったリック・ディアスをベースにカラバが地上用MSとして再設計したMS。主なパイロットはアムロ・レイ。

f:id:Capybara-tf:20190909201200j:plain全てのパーツがブリスター1枚に収められています。

f:id:Capybara-tf:20190909201238j:plain残りは取扱説明書が1枚。

全体画像

f:id:Capybara-tf:20190909201329j:plainフル装備状態。ハイパー・メガ・ランチャーが大きいですが傾くことなくしっかり自立します。

f:id:Capybara-tf:20190909201557j:plain

f:id:Capybara-tf:20190909201620j:plain各パーツは塗装されており、各マーキングはプリント印刷済みとなっています。

付属品

f:id:Capybara-tf:20190909202257j:plain1 ハイパー・メガ・ランチャー、2 クレイ・バズーカx2、3 ビームライフルx2、4 ビームライフルパックx2、5 ビームナギナタ刃x2、6 ビームナギナタ柄x2、7 予備ブレードアンテナ、8 交換用手首x8、9 接続パーツx2

各部アップ画像

f:id:Capybara-tf:20190909202631j:plain

f:id:Capybara-tf:20190909202645j:plain

f:id:Capybara-tf:20190909202707j:plain

f:id:Capybara-tf:20190909202719j:plain

f:id:Capybara-tf:20190909202733j:plain

f:id:Capybara-tf:20190909202750j:plain

f:id:Capybara-tf:20190909202805j:plainモノアイはクリアパーツが使用されています。塗装、マーキング共に問題なくきれいです。

可動範囲

f:id:Capybara-tf:20190909202947j:plain左腕は水平にまで上がりますが、右腕は肩アーマー干渉し写真位までになります。両肘ともに90度曲ります。

f:id:Capybara-tf:20190909203115j:plain肩関節は前方への引き出しが可能です。

f:id:Capybara-tf:20190909203150j:plain右肩アーマーは上下に可動します。

f:id:Capybara-tf:20190909203226j:plain首は上下には殆ど可動しません。左右には襟部分に若干干渉しますが真横まで回転可能です。

f:id:Capybara-tf:20190909203337j:plain腹部の赤パーツは上下に可動します。

f:id:Capybara-tf:20190909203416j:plain赤パーツを上げる事で腰を動かすことが出来ますが、可動範囲は小さいです。

f:id:Capybara-tf:20190909203550j:plain各フロントアーマー、サイドアーマーは上下に可動します。リアアーマーは可動しません。

f:id:Capybara-tf:20190909203640j:plain膝は90度以上曲がります。ケーブルは可動を妨げない様に軟質パーツが使用されています。

f:id:Capybara-tf:20190909203802j:plain横へは水平にまで広がります。太腿には回転軸があり外に向ける事が出来ます。

f:id:Capybara-tf:20190909203914j:plainつま先は上下に可動します。

f:id:Capybara-tf:20190909203944j:plainバックパックの接続部と放熱フィンの接続部でそれぞれ上下に可動します。

f:id:Capybara-tf:20190909204056j:plain放熱フィンは若干ですが左右に可動します。

f:id:Capybara-tf:20190909204218j:plain

f:id:Capybara-tf:20190909204234j:plain

f:id:Capybara-tf:20190909204247j:plain左肩、バックパックのウェポンラックにはそれぞれハイパー・メガ・ランチャー、クレイ・バズーカ、ビームライフルを取り付ける事が出来ます。また、腰裏にはビームナギナタを装着できます。

ポージング

f:id:Capybara-tf:20190909204528j:plain

f:id:Capybara-tf:20190909204552j:plain

f:id:Capybara-tf:20190909204605j:plain

f:id:Capybara-tf:20190909204615j:plain

まとめ

Ka signatureシリーズという事もあり文句の無い出来です。追加装備のハイパー・メガ・ランチャーも装備させてみると似合っていてカッコイイです。付属武器も豊富でズ全て装備させるとかなりのボリュームになります。ディジェってこんなにカッコよかったのかと思えるほどいい出来で、完成品の決定版といっても良いかと思います。

プレミアム バンダイ最後までご覧頂きありがとうございました。

以上ROBOT魂Ka signatureディジェレビューでした。

SDX 神聖騎士ウイング レビュー

プレミアム バンダイ

パッケージ

f:id:Capybara-tf:20190901165610j:plainプレミアムバンダイ限定 SDX神聖騎士ウイング 11,000円 2017年5月発売

新SDガンダム外伝鎧闘神戦記に登場するキャラクター。ヒイロが最終決戦時にスペリオルドラゴンから三種の神器を託され身にまとった姿。

f:id:Capybara-tf:20190901175922j:plainブリスターが2段重ねで収納されています。

f:id:Capybara-tf:20190901175957j:plain残りは取扱説明書1枚。

全体画像

f:id:Capybara-tf:20190901175424j:plain本体は濃いブルーはグロス処理、左肩・マントはつや消し、残りはメタリック塗装、パール塗装での仕上げになっています。

f:id:Capybara-tf:20190901175658j:plain

f:id:Capybara-tf:20190901175718j:plain左側はマントを羽織っている左右非対称の姿なっています。

付属品

f:id:Capybara-tf:20190901180035j:plain

神聖力の盾、バーサルソード、神聖炎の剣、炎の剣エフェクトパーツ、ヒイロ頭部、交換用瞳パーツx3、交換用手首x4、神聖力の盾持ち手パーツx4。

各部アップ画像

f:id:Capybara-tf:20190901180641j:plain頭部の赤パーツはクリアーパーツが使用されています。

f:id:Capybara-tf:20190901180659j:plain胸クリスタルの中にはエンブレムが印刷されています。

f:id:Capybara-tf:20190901180717j:plain

f:id:Capybara-tf:20190901180734j:plain後頭部の緑のパーツもクリアパーツが使用されています。また、左肩裏にはマントにしわが再現されています。

f:id:Capybara-tf:20190901180749j:plain

可動範囲

f:id:Capybara-tf:20190901181118j:plain横へは水平にまで上がり、肘は90度曲ります。

f:id:Capybara-tf:20190901181207j:plain

f:id:Capybara-tf:20190901181224j:plain首は引き出すことによって上下左右に良く動きます。

f:id:Capybara-tf:20190901181304j:plain腰は約45度回転します。

f:id:Capybara-tf:20190901181335j:plain脚は写真の様に前後に稼働します(左側写真)。横へは写真位まで広がり、フロント・サイドアーマーは上下に可動します(右側写真)。

f:id:Capybara-tf:20190901181516j:plainマントは背面と左肩の黒丸二か所に接続。上下に可動します。

f:id:Capybara-tf:20190901181640j:plainウイングは背面の赤丸二か所に接続(左側写真)。接続部以外に赤丸の箇所に関節があり、中央の写真箇所で上下に、右側の写真箇所で前後に稼働します。

f:id:Capybara-tf:20190901181947j:plain瞳パーツの交換は兜、頬あて、マスクの順に外して行います。

f:id:Capybara-tf:20190901182054j:plain神聖力の盾は分割しバーサルソード、神聖炎の剣を取り付ける事が出来ます。

ポージング

f:id:Capybara-tf:20190901192735j:plain

f:id:Capybara-tf:20190901192755j:plain

f:id:Capybara-tf:20190901192812j:plain

f:id:Capybara-tf:20190901192827j:plain

f:id:Capybara-tf:20190901192841j:plain

f:id:Capybara-tf:20190901192856j:plain

まとめ

塗り分け、造形共に文句のない出来でカッコイイです。付属する武装は多くのないですが、力の盾分割し剣を鳥るける事が出来るのでバリエーションが多く不満は感じませんでした。変身前のヒイロの頭部が付いてくるのもうれしいです。SDXではウイング、ゴッドと商品化されたのでエックスの発売も期待したいです。

プレミアム バンダイ最後までご覧頂きありがとうございました。

以上SDX神聖騎士ウイングレビューでした。

SDX スペリオルドラゴンダーク レビュー

プレミアム バンダイ

パッケージ

f:id:Capybara-tf:20190825165940j:plainプレミアムバンダイ限定 SDXスペリオルドラゴンダーク 13,000円(税別) 2019年8月発売

新SDガンダム外伝黄金神話の登場するキャラクター。スペリオルドラゴンが死を遂げ、黄金魂を失ったことで暗黒神となって復活した姿。今回が初の立体化になります。

f:id:Capybara-tf:20190825170741j:plainブリスターは2段重ねで収納されています。

f:id:Capybara-tf:20190825170920j:plain取扱説明書1枚。裏側にはスペシャルコミックが掲載されています。

全体画像

f:id:Capybara-tf:20190825181338j:plain

f:id:Capybara-tf:20190825181401j:plain

f:id:Capybara-tf:20190825181422j:plain頭部や胸等一部パーツはメッキ処理されています。それ以外のパーツはメタリック塗装、パール塗装が施されています。

付属品

f:id:Capybara-tf:20190825182604j:plain
1 太陽騎士ゴッドガンダムに対応した激突エフェクト、2 ダークネススライサー、3 ドレッドフレイム、4 ダークネスヴァイブレーション、5 交換用瞳パーツx2、交換用手首x6。

各部アップ画像

f:id:Capybara-tf:20190825181720j:plain

f:id:Capybara-tf:20190825181742j:plain

f:id:Capybara-tf:20190825181759j:plain

f:id:Capybara-tf:20190825181819j:plain

f:id:Capybara-tf:20190825181838j:plain塗り分け、塗装状態共に問題なく綺麗です。肩アーマー等こすれる箇所は塗装剥げに注意が必要です。

可動範囲

f:id:Capybara-tf:20190825182901j:plain

f:id:Capybara-tf:20190825182916j:plain首は上方に引き出す事によって上下左右に大きく稼働します。

f:id:Capybara-tf:20190825183044j:plain腕は横へは余り上がりません。肩関節は前方へ引き出すことが出来ます。パーツケージや見本写真を見ると肘も稼動するはずなのですが、癒着してしまっているのか固くて動きませんでした。無理に動かそうとするとパーツが折れてしまいそうだったので動かさずそのままにしています。(追記)アドバイス頂き試したところ何とか肘関節動かせました。かなり固いので動かす際には肘上にある回転軸を折らない様に注意が必要です。

f:id:Capybara-tf:20190825183422j:plain肩アーマーの口状のパーツは開閉します。

f:id:Capybara-tf:20190825183535j:plain腰はほんの僅かですか回転します。

f:id:Capybara-tf:20190825183614j:plain

脚は大きくは動きませんが前後左右に稼働します。

f:id:Capybara-tf:20190825184026j:plain背面の翼とシッポには赤丸の部分に関節があり上下左右に稼働します。

f:id:Capybara-tf:20190825184248j:plainまたシッポに納まっているダークネススライサーは取り外し可能です。

f:id:Capybara-tf:20190825184355j:plain瞳パーツの交換は両サイドのパーツを取り外し(左写真)、マスクパーツを取り外して(右写真)交換します。

ポージング

f:id:Capybara-tf:20190825184632j:plain

f:id:Capybara-tf:20190825184647j:plain

f:id:Capybara-tf:20190825184705j:plain

f:id:Capybara-tf:20190825184719j:plain

f:id:Capybara-tf:20190825184739j:plain

f:id:Capybara-tf:20190825184915j:plain最後は初代スペリオルドラゴンと並んで一枚。

まとめ

初めて立体化されたスペリオルドラゴンダークですがラスボス特有の禍禍しい感じが良く再現されていてカッコイイです。塗装、造形共にいつも通りのSDXの出来で文句なしですが、個体差だと思いますが肘が動かなかった点だけは残念です(追記・肘はかなり固いですが曲げる事出来ました)。SDXではスペリオルドラゴンダーク以外ではサタンガンダム、ネオブラックドラゴン、アルガスシャドウ位しか敵役キャラは立体化されていなかったので並べて飾る事を考えるとうれしいですね。他の敵役キャラの立体化も期待したいですね。

プレミアム バンダイ最後までご覧頂きありがとうございました。

以上SDXスペリオルドラゴンダークレビューでした。

ROBOT魂 Ka signature ガンダムMk-5 マーキングプラスver. レビュー

プレミアム バンダイ

f:id:Capybara-tf:20190810210440j:plainプレミアムバンダイ限定 ROBOT魂 Ka signature ガンダムMk-5 10,000円(税別) 2017年7月発売

ガンダムセンチネルに登場するMS。オーガスタ研究所で開発され、ドーベンウルフの元となった機体。パイロットはブレイブ・コッド。

f:id:Capybara-tf:20190812165101j:plain

f:id:Capybara-tf:20190812165132j:plainブリスターは1つ。ビームサーベル刃、有線式インコムはビニール袋に入ってブリスター裏に収納されています。それ以外は取扱説明書1枚。

f:id:Capybara-tf:20190812165437j:plain2013年発売版との違いは一部パーツの新規造形、可動機構の改良、全塗装、マーキングロゴのプリント印刷になります。

正面から一周

f:id:Capybara-tf:20190812195536j:plain

f:id:Capybara-tf:20190812195552j:plain塗装、プリント印刷されたマーキング共に問題なくきれいです。

付属品

f:id:Capybara-tf:20190812200105j:plainビームライフル、シールド、各手首x6、ビームサーベル刃x2、インコム。

各部アップ

f:id:Capybara-tf:20190812200344j:plain

f:id:Capybara-tf:20190812200515j:plain

f:id:Capybara-tf:20190812200534j:plain

f:id:Capybara-tf:20190812200557j:plain

f:id:Capybara-tf:20190812200616j:plain

f:id:Capybara-tf:20190812200636j:plain

f:id:Capybara-tf:20190812200657j:plain細部にはメタリック塗装が施されていて良いアクセントになっています。塗装、マーキング、造形いずれも良好でカッコイイです。

可動範囲

f:id:Capybara-tf:20190812201158j:plain肘は90度以上まがります。

f:id:Capybara-tf:20190812202614j:plain肩関節は引き出すことが出来ます。

f:id:Capybara-tf:20190812201441j:plain首は可動範囲大きく上下左右良く動きます。

f:id:Capybara-tf:20190812201528j:plain

腰は写真位にまで回転します。

f:id:Capybara-tf:20190812201710j:plain膝はスラスター干渉しますが90度曲ります。足はつま先、踵共に可動します。

f:id:Capybara-tf:20190812201848j:plainフロントアーマーは前方に引き出すことが出来ます。

f:id:Capybara-tf:20190812201946j:plainふくらはぎのスラスタ―は上下左右に可動。

f:id:Capybara-tf:20190812202058j:plainバックパックのテール部は上下に可動。

f:id:Capybara-tf:20190812202204j:plain肩のミサイルポッドは開閉可能です。

f:id:Capybara-tf:20190812202242j:plainバックパックのビームサーベルはビームカノンとして脇の下から前方に出すことが出来ます。

f:id:Capybara-tf:20190812202410j:plainビームサーベルは前後に可動します。

f:id:Capybara-tf:20190812202510j:plainインコムは差し替えで射出状態を再現可能です。

f:id:Capybara-tf:20190812202657j:plainシールドはバックパックに取り付け出来ます。

大きさ比較

f:id:Capybara-tf:20190812202908j:plainRGガンダムより2回り以上大きいです。

ポージング

f:id:Capybara-tf:20190812203516j:plain

f:id:Capybara-tf:20190812203546j:plain

f:id:Capybara-tf:20190812203602j:plain

f:id:Capybara-tf:20190812203627j:plain

まとめ

文句を付ける所が無く、ガンダムMk-5完成品の決定版と言ってもいい出来だと思います。素直にカッコイイの一言です。プレミアムバンダイ限定品の為、今だと中古品を探すしかありませんが、Mk-Ⅴの立体物は数少ないですしお勧めのフィギュアの一つになります。隣に並べる事の出来るゼク・アインやゼク・ツヴァイの発売も期待したいです。

プレミアム バンダイ最後までご覧頂きありがとうございました。

以上Ka signatureガンダムMk-5マーキングプラスVer.レビューでした。

NXEDGE STYLE ファントムガンダム レビュー

パッケージ

f:id:Capybara-tf:20190728200306j:plain

NEXDGE STYLE EMS-TC02ファントムガンダム 3,500円(税別) 2017年11月発売

ガンダムAで連載されていた機動戦士クロスボーンガンダムゴーストに登場するMSです。全身から炎が吹き出てるように見えるファントムライトが印象的です。

f:id:Capybara-tf:20190728202935j:plain

中身はブリスターが一つ。ブリスターに収まらないパーツと付属スタンドはブリスターの裏側に袋で収納されています(写真のスタンドは一部組み立ててます)。

f:id:Capybara-tf:20190728203144j:plain

残りは取扱説明書となります。

正面から一周

f:id:Capybara-tf:20190728203317j:plain

f:id:Capybara-tf:20190728203346j:plain

f:id:Capybara-tf:20190728203403j:plain

使用されている材質はABSとPVCとなります。個体差だと思いますが左肩に接着材の後の様な汚れがありました。それ以外は塗り分けの問題なく綺麗です。

可動範囲

f:id:Capybara-tf:20190729184756j:plain

腕は水平にまで上がり、肘は90度曲ります。腰は360度回転可能です。

f:id:Capybara-tf:20190729184857j:plain

首は上下左右写真の様に良く動きます。

f:id:Capybara-tf:20190729184949j:plain

膝は90度曲り立膝ポーズとらせることも可能です。フロントアーマーは軟質素材で可動を邪魔しない様になっています。

f:id:Capybara-tf:20190729185120j:plain

脚は横には水平近くにまで開きます。

f:id:Capybara-tf:20190729185220j:plain

バインダー(赤いパーツを付け忘れています。すみません)は上下左右に動きます。

ファントムライト

f:id:Capybara-tf:20190729185508j:plain

頭部は二段階強制放熱時のフェイスオープンが差し替えで再現できます。

f:id:Capybara-tf:20190729185709j:plain

頭部以外に胸、肩、膝、バインダにエフェクトパーツ差し替えで取り付け完成です。

f:id:Capybara-tf:20190729185830j:plain

f:id:Capybara-tf:20190729185849j:plain

炎をまとったかに見える姿がカッコイイです。

ポージング

f:id:Capybara-tf:20190729190147j:plain

f:id:Capybara-tf:20190729190202j:plain

f:id:Capybara-tf:20190729190221j:plain

まとめ

SD体型のフィギュアですが可動範囲が広く良く動きます。クリアパーツで再現されたファントムライトも綺麗で色々なポーズも良く決まります。

気になったのは、2017年11月発売でそこまで時間がたっているとは思わないのですが、購入当初に比べ関節がかなり緩くなっていました。特にバックパックの接続部や足回りが酷くスタンドなしで自立させるのが難しい場面もありました。現在新品での購入は難しいため中古品を探すことになると思います。購入考えてる人はこの点は注意した方が良いかもしれません。

ですがトータルで見ると満足度は高いです。数少ないファントムガンダムの立体物ですし、好きな方は買って損は無いと思います。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

以上NXEDGE STYLEファントムガンダムレビューでした。

SDX 太陽騎士ゴッドガンダム レビュー

プレミアム バンダイ

パッケージ

f:id:Capybara-tf:20190711170515j:plain

プレミアムバンダイ限定 SDX 太陽騎士ゴッドガンダム 11,000円(税別) 2017年10月発売

新SDガンダム外伝黄金神話に登場するキャラクター。新生シャッフル騎士団の5人がゴッドユナイトで融合した姿。

f:id:Capybara-tf:20190711200413j:plain

中には二段重ねでブリスターが納められています。上段(左側)には、本体と交換用手首x8、交換用瞳パーツx2、光輪エフェクト、光球エフェクト。下段(右側)には、ヒートラジエイター(ウイング)、エフェクトウイング、光輪エフェクト接続パーツx2、ゴッドソード。

f:id:Capybara-tf:20190711201023j:plain

残りは取扱説明書。取扱説明書の裏側にはスペシャルコミックが描かれています。

正面から一周

f:id:Capybara-tf:20190825181123j:plain

f:id:Capybara-tf:20190825181148j:plainメッキパーツはありませんが、各部メタリック塗装、パール塗装が施されています。

各部アップ

f:id:Capybara-tf:20190711201538j:plain

上半身アップ。

f:id:Capybara-tf:20190711201712j:plain

下半身アップ。

塗り分け、塗装面ともに問題なく綺麗です。

可動範囲

f:id:Capybara-tf:20190711201343j:plain

肩アーマー若干干渉しますが、横へはほぼ水平にまで上がります(左)。肩関節は前方に引き出すことが可能です(中)。肘は90度曲ります(左)。

f:id:Capybara-tf:20190711202133j:plain

首は引き出すことで左写真のように上に上げることが出来ます。横へは真横にまで曲がります。

f:id:Capybara-tf:20190711202420j:plain

腰の回転はサイドアーマーに干渉するのでここまで(左)。フロントアーマーは上下に可動します(右)。

f:id:Capybara-tf:20190711202553j:plain

脚の前後左右は上記写真の通りです。短い脚ですが思ったより動きます。

f:id:Capybara-tf:20190711202740j:plain

腰のマントは上下に可動。マントにはスタンド接続用の穴もあります。

f:id:Capybara-tf:20190711202844j:plain

ゴッドプライヤーは展開可能(左)。ウイングは可動し閉じた状態にすることも出来ます(右)。

f:id:Capybara-tf:20190711203039j:plain

フィンガーカバーは稼動し開閉することが出来ます。

瞳パーツ交換

f:id:Capybara-tf:20190711203144j:plain
瞳パーツの交換はまずは兜を外し、次に両ほほのパーツを取り外します。

f:id:Capybara-tf:20190711203341j:plain

最後にマスクパーツを外して交換です。交換するには若干手間がかかります。

光輪エフェクト取り付け

f:id:Capybara-tf:20190711203508j:plain

光輪エフェクト取り付けはウイングパーツの中央部を外しエフェクトウイングに取り付け。尖ったパーツは取り外します。

f:id:Capybara-tf:20190711203657j:plain

先程のパーツに光輪エフェクトパーツを取り付け、本体に取り付ければ完成です。

ゴッドソード出現状態

f:id:Capybara-tf:20190711203856j:plain

続いてゴッドソード出現状態。光輪エフェクトの先端パーツを取り替えます(左)。エフェクトウイングの前に通常のウイングパーツを取り付けます(右)。

f:id:Capybara-tf:20190711204137j:plain

光輪エフェクトの上部にゴッドソード取り付け、本体に取り付ければ完成です。

f:id:Capybara-tf:20190711204314j:plain

f:id:Capybara-tf:20190711204341j:plain

ゴッドソードの柄の部分は上下に稼働します。出現状態、手に持つ状態を再現できます。

ポージング

f:id:Capybara-tf:20190711204443j:plain

f:id:Capybara-tf:20190711204513j:plain

f:id:Capybara-tf:20190711204535j:plain

f:id:Capybara-tf:20190711204555j:plain

f:id:Capybara-tf:20190711204612j:plain

SD体型で一見すると余り動きなさそうですが、二重関節や引き出し機構が備わっていて良く動きます。元々武器を持たず素手で戦うキャラなので付属武器は少ないですが、ゴッドフィンガー用の手首やエフェクトパーツが付属し色々なポーズをとらせることができカッコイイです。ダイキャストパーツが使われている為重量感も有り満足な出来です。

プレミアム バンダイ

最後までご覧頂きありがとうございました。
以上SDX太陽騎士ゴッドガンダムレビューでした。

ROBOT魂 Ka signature ネロ(月面降下仕様)マーキングプラスVer. レビュー

プレミアム バンダイ

f:id:Capybara-tf:20190702222951j:plain

プレミアムバンダイ限定 ROBOT魂 Ka signature MSA-007ネロ(月面降下仕様)マーキングプラスVer. 

10,000円(税別) 2019年4月発売

ガンダム・センチネルに登場するGM系の量産型MS。ランディング・ディバイスを装備した月面降下仕様になります。

f:id:Capybara-tf:20190702224737j:plain

本体・付属品がブリスター1つに収められています。右側は取扱説明書。 

f:id:Capybara-tf:20190702225018j:plain
2015年に発売されたネロのリニューアル版になります。旧版との違いは水転写式デカールだった全身のマーキングが最初から印刷されている点と、バックパックに大型プロペラントタンクが追加されている点になります。 

正面から一周

f:id:Capybara-tf:20190702225227j:plain

f:id:Capybara-tf:20190702225242j:plain

背中に大型のタンク背負っていますが倒れることなく自立します。

 付属品

f:id:Capybara-tf:20190702225630j:plain

付属品はビームライフル、ビームサーベルx2、交換用手首x8、交換用アンテナ、マーキング無し交換用肩アーマー。

 

上半身アップ

f:id:Capybara-tf:20190702225422j:plain

頭部カメラはメタリックグリーンで塗装されています。

f:id:Capybara-tf:20190702225552j:plain

下半身アップ

f:id:Capybara-tf:20190702225823j:plain

f:id:Capybara-tf:20190702225842j:plain

各所にあるマーキング、全身に施された塗装共にきれいです。

f:id:Capybara-tf:20190702231411j:plain

膝裏にはビームサーベル収納ラックがあります。 

可動範囲

f:id:Capybara-tf:20190702230030j:plain

肩は本体側にも可動箇所がある為、かなり上にまで上げることが出来ます。

f:id:Capybara-tf:20190702230159j:plain

肩アーマーは上下に稼働。肩アーマーを動かさなくても腕は水平に上がります。

f:id:Capybara-tf:20190702230329j:plain

肘は2重関節で肩アーマーに付くまで曲がります。上腕に回転軸があり回転可能です。

f:id:Capybara-tf:20190702230459j:plain

腰の回転は画像の通り。

f:id:Capybara-tf:20190702230546j:plain

腰は前後にも稼働します。

f:id:Capybara-tf:20190702230639j:plain

f:id:Capybara-tf:20190702230655j:plain

首は上下左右動きますが頭部アンテナがある為上には動かすときは破損に注意です。

f:id:Capybara-tf:20190702230842j:plain

脚はほぼ真横にまで開きます。

f:id:Capybara-tf:20190702230924j:plain

太腿にロール軸があり回転可能です。

f:id:Capybara-tf:20190702231011j:plain

膝は足にプロペラントタンク装備状態では干渉して90度が限界です。プロペラントタンクを外した状態だと太腿に付くまで曲がります。後ろにはリアアーマーに干渉する為余り動きません。

f:id:Capybara-tf:20190702231235j:plain

つま先は上下に動きます。

f:id:Capybara-tf:20190702231305j:plain

足首は左右に動きます。

 

ポージング

f:id:Capybara-tf:20190702231506j:plain

f:id:Capybara-tf:20190702231537j:plain

f:id:Capybara-tf:20190702231555j:plain

旧版と比べると値段が大きく上がってますが、全身に施された塗装、マーキング共にきれいでカッコイイです。可動範囲も大きく様々なポーズを取らせることが出来る点もポイント高いです(関節の保持力も問題なしです)。
Ka signetureではセンチネルMSはEx-sはじめ殆ど立体化されているので、ゼクアインやゼクツヴァイと言ったマークⅤ以外のニューディサイズのMSも欲しくなります。だいぶ前に試作が展示されていたこともあるので発売を期待したいですね。

プレミアム バンダイ

最後までご覧頂きありがとうございました。

以上Ka signatureネロ(月面降下仕様)レビューでした。

スポンサーリンク